学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

沖縄旅行

沖縄滞在中に台風が直撃!飛行機の欠航で足止めした場合の対処法は?

更新日:

 沖縄は「台風銀座」と呼ばれるほど、台風上陸・通過率の高い場所です。

 

そのため、飛行機の欠航で足止めを食らった場合の対処法、滞在中の注意点をおさえておく必要があります。

 

いざという時に焦らないよう、事前に確認しておきたいところですよね。

 

そこで、今回は滞在中、フライト予定日に台風に遭遇した場合の対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

沖縄滞在中に台風が直撃!飛行機の欠航で足止めした場合の対処法は?

飛行機の画像

他の都道府県と比べ、沖縄旅行で特に注意したいのは「台風」です。

 

特に、沖縄旅行が盛りになる夏は、台風の被害を受けやすい季節ですよね。

 

これから沖縄旅行の予定がある方は、飛行機が欠航になった場合の対処法、そして滞在中に台風が直撃した場合の対処法についてあらかじめ把握しておく必要があります。

 

そこで、今回は、万が一の場合に備えて、ご一緒にこれらの点について確認してまいりましょう。

 

おすすめ:沖縄観光で台風や雨の日の過ごし方!楽しめるおすすめスポットは?

スポンサーリンク

<往路が欠航になった場合の対処法>

指差しする女性の画像

旅行日当日、台風や悪天候のために、飛行機が欠航してしまうこともあるかもしれません。

 

その時には、空港へ向かう前に航空会社に電話するのが一般的な方法です。

 

しかし、たいていの場合、問い合わせすると空港まで来るように案内されるはずです。

 

というのも、出発できるかどうかは直前にならないと分からないからです。

雲の画像

実際に、飛行機の進路が台風の進路と被らなければ、多少天候が悪くても出発することが多いのです。

 

飛行機の欠航が決まり、自分のフライトが「変更対象便」である場合には、便を変更することができます。

 

高い確率で欠航が予想される際には、運航前日あるいは前々日に「変更対象便」の対象となります。変更の際、基本的には費用はかかりません。

 

ただ、当初利用を予定していた航空会社から別の航空会社の便に変更する場合には、一度払い戻しを行ない、新しい便のチケットを買い直す必要が生じます。

飛行機の予約画像

たいていの場合、当初の航空券の方が、取り直しチケットよりも安いことが多いので、多少差額が生じ、その分お金が掛かってしまいます。

 

また、行き先を変更した時には、もちろん差額が生じます。

 

さらに、便の変更手続きに加え、旅行会社への連絡も忘れないようにしましょう。

 

旅行会社のツアーを申し込んでいる場合には、代理店に連絡を入れます。

 

台風で便が欠航になり、旅行会社がツアーを中止する場合、あるいはやむを得ず旅行が取りやめになってしまった場合には、当然ツアー代金の払い戻しが可能となります。

電卓とお金の画像

ただ、欠航が決まる前に自分の判断で旅行を中止する場合には、キャンセル料がかかってしまうので注意しましょう。

スポンサーリンク

<復路が欠航になった場合の対処法>

女子高生の合点画像

復路が欠航になった場合は、帰る時間・日にちが延びてしまいます。

 

帰りが延びてしまうと滞在日数も増えてしまいますし、帰ってすぐに大事な予定が入っている場合には困ってしまいますよね。

 

ここでは、復路における万が一の場合を想定し、事前に対処法について確認してみましょう。

・延泊について

トランクとベットの画像

復路が欠航になってしまった時には、宿泊を延長しなければなりません。

 

その際、「自己負担の必要があるかもしれない」と不安になるかもしれません。

 

しかし、旅行プランによっては「国内航空機欠航補償」と呼ばれる保険がついており、予定外の宿泊費を一定の範囲内で補ってもらうことができます。

 

旅行会社の補償デスクに電話連絡をとり、交渉する必要がありますが、なかなか補償の申し入れを聞き入れてくれないこともあります。

 

あきらめずに粘り強くこちらの意思を伝えるよう、交渉しましょう。

・欠航が決まる前にしておきたいこと

チェックの画像

欠航が決まった時点で、空港にて「空席待ち整理券」を受け取る必要があります。

 

この整理券には番号がついており、運航が再開され次第、この番号順に搭乗することができます。

 

したがって、できる限り早く帰りたいのであれば、いちはやく空港カウンターに到着する必要があります。

 

「空席待ち整理券」は、欠航が決まった時点で発行されるので、欠航になりそうだと判断したらすぐに空港へ向かうようにしましょう。

旅行の画像

ただ、結局欠航ではなく、予定通りのフライトで帰る可能性もあるので、無駄足を踏んでしまうリスクを承知の上で最善の判断を行ないましょう。

・予定よりも早く帰る

飛行機の画像

もしも、帰宅後に外せない大事な予定がある場合には、やむを得ず、旅行を早く切り上げる必要があるかもしれません。

 

ツアーでなく、個人旅行の場合には別の航空券を購入することで対処することができます。

 

ツアーで旅行を申し込んでいる場合には航空券の変更が不可能なことが大半ですが、台風が近づいていることがあらかじめ分かっている場合には変更できる可能性があります。

 

試しに旅行会社に変更できるか連絡を取ってみましょう。

スポンサーリンク

<JAL・ANA便が欠航になった場合>

空港のロビーの画像

搭乗予定の便が欠航になってしまった時には、焦ってしまい、どうすればよいのか戸惑いますよね。

 

そこで、主要な航空会社であるJALとANAを例に、欠航時に取るべき行動を確認してみましょう。

・ANAが欠航になった場合

飛行機の画像

搭乗券を購入する際には、ANAのメールサービス登録を完了しておきましょう。

 

このサービスから、欠航・遅延情報を得ることができます。

 

ANAの場合、台風で欠航となった時には、本来の出発予定日から10日以内の手続きが必要となります。

 

フライトが旅行会社のツアーに組み込まれている場合には、旅行会社に直接連絡を取り、支持を仰ぎましょう。

 

ANAの場合、払い戻し方法は単純で、ANA国内予約・案内センターへの問い合わせ、あるいは空港カウンターで済ませます。

インフォメーションの画像

ANAのフライト変更については条件があり、予約の出発予定日から30日以内であれば変更可能となります。

 

手続きは、ANAのサイト、空港カウンター、案内センター、ANA国内線予約のどれかの手段を通して行いましょう。

 

ただ、もともとフライトがツアーに組み込まれている場合には、直接旅行会社に連絡を入れ、変更手続きを行なってもらえるか確認します。

・JALが欠航になった場合

飛行機の画像

台風による欠航はいつ実行されるか分かりません。

 

したがって、航空会社からの緊急情報をすぐに入手することができるような環境を整えておく必要があります。

 

JALの場合は、メールサービス登録を行なっておくことで、欠航・遅延情報を即座に確認することができます。

 

これならば、自分から会社に問い合わせることなく、自動的に情報が届くので手間もかかりません。

 

JALの航空券の払い戻しは、購入の方法によって異なりますが、基本的には会社の窓口、あるいはJAL国内線案内電話を通して手続きを行ないます。

空港のロビーの画像

フライトがツアーに組み込まれている場合には、ツアー申込先の旅行会社に連絡を取り、手続きを進めましょう。

 

JALのフライトに変更する時には、JALホームページあるいはモバイルサイト上で手続きを行なえます。

 

ただ、国内線カウンターで航空券を入手した場合は、電話あるいはカウンターでの変更となる点に注意しましょう。

スポンサーリンク

<滞在中の対処法>

ホテルの部屋とベットの画像

沖縄滞在中に台風が直撃した場合、どのように対処すれば良いのでしょうか。

 

前もって予約しているアクティビティのキャンセルについても、考える必要がありますよね。

 

ここでは、滞在中に台風に襲われた場合の対処法について確認してみましょう。

・ホテル

エレベーターの画像

滞在中に台風が直撃した場合、沖縄全域の観光地やお店は閉鎖になることがほとんどです。

 

公共交通機関も臨時休業となり、外に出て移動することは困難です。

 

したがって、台風が過ぎ去るまではホテルで待機していなければなりません。

 

施設・地域にもよりますが、台風の影響で長時間停電する場合もあります。

 

こればかりは避けられませんが、部屋に缶詰め状態になってしまっても退屈しないよう、ホテル選びの際には、ジム・プールをはじめとした娯楽施設が備わったホテルを選んでおくと良いですよ。

 

おすすめ:沖縄旅行におすすめ!旅が楽しくなるホテルはどこ?

・事前予約していたアクティビティ

リゾート地の画像

旅程にアクティビティを入れている場合、料金はどうなるのでしょうか。

 

これについては、各アクティビティを斡旋している会社や施設によって対応が異なります。

 

当然のことではありますが、雨風が強く、欠航できないと判断し、自分からアクティビティをキャンセルした場合には、その分のキャンセル料金がかかります。

 

ただ、キャンセルを申し出た後に、結局アクティビティが決行されることもあるので、自分で判断する際には注意が必要ですね。

 

また、室内アクティビティの場合には、台風だからといって必ずしも中止になるわけではありません。

 

自分で見極めるのは難しいので、直前まで様子をうかがった上で判断を下しましょう。

 

アクティビティ申込時にはあらかじめ、台風が来る際にはどんな対応を取ってもらえるか確認しておけば、万が一の事態に遭遇した時も安心して行動できます。

スポンサーリンク

【まとめ】

出来る限り、旅行時にはお天気の良い日が続いて欲しいものですが、夏は台風上陸と旅行が被ってしまうことも珍しくありません。

 

フライトを変更する機会はめったにないので、経験したことが無いと戸惑うことも多いでしょう。

 

今回ご紹介したポイントをあらかじめ頭に入れておけば、いざ台風の影響を受けることがあっても、落ち着いて行動することができます。

 

最後に、今回の記事が役に立ったと思ったら、是非SNSでシェアしてみてくださいね。

 

また、記事のこんな点が意外だった、こんなことも書いて欲しいなど、ご感想があればお気軽にコメントください。

 

皆さんのご意見をもとに、より一層お役に立つ記事を作成してまいります。

 

関連記事:台風が7月の沖縄に来る確率は?過去データと対処法を紹介!

関連記事:8月の沖縄に台風が来る確率は?過去データと対処法も紹介!

関連記事:9月の沖縄に台風が来る確率は?過去データと楽しむコツを紹介!

スポンサーリンク

 

 

 

 

-沖縄旅行

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.