学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

京都旅行 北海道旅行 沖縄旅行

女子旅の楽しみ方!全員が満足し楽しめるコツは?

更新日:

女子旅にコツあり。

 

全ての物事は極め、攻略できますが、旅についても同じことが言えます。

 

旅も、彼との旅、男女混合のグループの旅、そして女子旅など、様々な形態が存在するもの。

 

旅行を目一杯味わうには、各々の旅に合うプランを組むことが大切です。

 

では、女子旅の場合はどのように楽しめば良いのでしょう。

 

早速記事で楽しみ方をご紹介しますね。

スポンサーリンク

女子旅の楽しみ方!全員が満足し楽しめるコツは?

京都の画像

女子旅は、彼との旅行や男友達も加わるグループ旅行では味わえない、解放的な雰囲気を体験できる旅。

 

あえて言うなら、女子の″人生のオアシス″のようなものかもしれません。

 

女子同士の旅行に出かけた後は、不思議と心がすっきりしますよね。

 

大切な友達と過ごせるだけで十分嬉しいですが、せっかくの旅は、後で思い返してみても笑顔がこぼれてしまうような、素敵な旅にしたいものです。

 

そこで、今回は女子旅を最大限に満喫するコツを伝授しますね。

スポンサーリンク

<「女子ならでは」のテーマを決めて旅行する>

女子旅のパンフレット画像

出典元:http://www.egt.co.jp/travel/japan/post-470.php

女性同士の旅行であれば、彼や男友達とは楽しめないような場所・体験を思い切り満喫するチャンスです。

 

女性と男性では、ある程度趣味も異なるので、互いに理解できないこともありますよね。

 

特に、女性にとって大きな関心事である恋愛や美容などのテーマについて、男性はなかなか興味を持てません。もちろん、その逆も然りです。

 

女性同士の旅行ならば、「恋愛」をテーマにして、占い処や縁結びの神社を巡ってみたり、「美容」をテーマにしてエステやスパ、温泉などに赴いてみたりすることで、女子旅ならではの魅力を引き出すことができます。

 

たとえば、占いをテーマにした旅であれば「京都で当たる霊感・霊視占い師がいるお店3選!口コミは?」、「沖縄の占いユタを紹介!悩みはありますか? 」、

 

恋愛にご利益のある神社を巡る旅であれば「京都で恋愛成就の祈願にぴったりの神社7選!」、「恋愛にご利益がある!?沖縄のパワースポット5選!」、

 

美容にご利益のある旅なら「沖縄旅行×美容!?女子旅でエステ・スパ・ヨガを楽しむ!」の記事でご紹介しているような場所を巡ってみると楽しい旅行になりますよね。

スポンサーリンク

<あえて夜の時間を楽しんでみる>

夜の街の画像

女性同士だと、早めに就寝して次の日の観光に備えることが多いかもしれません。

 

でも、意外にも女子同士の夜は気分も盛り上がりやすいものです。

 

大学生であれば、サークルの合宿などでオールする機会が多いかもしれません。

 

しかし、社会人にもなれば、仕事も抱えているため、夜通し仲間と遊ぶ機会など滅多にありません。

 

男性の場合ならば、まだそのような機会も多いかもしれませんが、女性はあまりそのような過ごし方はしないでしょう。

 

だからこそ、旅行のような特別なイベントくらいは、羽目を外して遊んでみることをおすすめします。

旅行先で男性と飲み会で遊ぶ女性の画像

というのも、思わず世界が広がることもあるからです。

 

夜の時間の楽しみ方は意外にも多いため、目的別に行先を選ぶのがコツです。

 

たとえば、ゆっくりとガールズトークをしたい、腹を割って話したいのであれば、落ち着いた雰囲気のバーで過ごしてみる。

おしゃれバーの画像

出典元:https://r.gnavi.co.jp/eki/0002855/bar/rs/

バーであればお酒も堪能できるので、お酒好きな女性同士であれば、印象深いひとときを過ごせます。

 

旅行先で、夜の自然に触れるのなら、星空観賞に出かけてみる。

 

夜景を一目見たいのであれば、夜景スポットに足を運んでみる。

綺麗な夜景画像

出典元:http://mysapu.com/date/hotel/night/

このように、夜の時間を有意義に過ごすことで、普段覗くことのできない世界にどっぷりと浸ることができるのです。

 

旅行の時くらいは、女の子だって夜遊びして″遊び人″になってみても良いのではないでしょうか。

 

人生を躍進させるきっかけは、案外このような時間に隠されているのです。

 

「女性の夜遊びはちょっと…」と思っている男性の目も気にせずに済むので、女子旅はチャンスですよ!

おすすめ記事:沖縄の夜を楽しもう!女性でも気軽に入れるおしゃれバーはどこ? 

おすすめ記事:京都の夜の観光はバーがおすすめ!楽しみ方も紹介します。

<思い切りおしゃれを楽しんで旅行してみる>

森ガールの画像

出典元:https://www.rakuten.ne.jp/gold/favorite-one/

旅行の内容そのものとは関係ありませんが、女子旅で体験してみたいことの1つは、″男性の目を気にせずに楽しむおしゃれ″です。

 

彼や他の男性が同席する場では、つい遠慮してしまったり、相手の目を気にして思い切ったメイクやファッションができなかったり、何かと気を遣います。

 

でも、女子旅であれば、男性受けしないようなおしゃれを自由に楽しむことができますよね。

オシャレ女子の画像2

出典元:https://www.rakuten.ne.jp/gold/favorite-one/

たとえば、あまり男性受けしない″森ガール″のようなゆるりとしたファッションに挑戦してみる、色の濃いミニスカートでファッショナブル、かつ格好良い女性に変身してみるなど、新たなファッションを思いのまま試すことで、友達との旅も盛り上がりますよ。

<スイーツのお店を徹底的に満喫しよう>

スイーツの画像

出典元:https://matome.naver.jp/odai/2141550223395368901

グルメは旅には欠かせない大切な要素です。

 

でも、その中でも最も興味をそそるものが「スイーツ」ではないでしょうか。

 

女性同士で行くスイーツ巡りは、この上なく幸福感を感じるイベントですよね。

 

気心知れた大好きな女友達とスイーツを頬張りながら、ガールズトークにも花が咲きます。

 

特に、旅行先でのスイーツ巡りならば、その土地特有の食材を使ったスイーツに出会えます。

クレープの画像

出典元:https://matome.naver.jp/odai/2141550223395368901

街中であれば、どこを旅行してもかわいらしいカフェでスイーツを堪能できるので、気軽に行なえる点も魅力的です。

 

特に、京都など、歴史ある街ならば、多種多様で個性的な和菓子を堪能できるので、スイーツ巡りも充実することでしょう。

スポンサーリンク

<あえて予定を細かく決めずに旅行してみる>

無計画旅行の画像

デート旅行の場合、「気まずい旅行にしたくない!」という思いから、入念に旅程を決めて旅行することがほとんどでしょう。

 

でも、たまには気を抜いて、大雑把な旅程で旅するのも良いものですよ。

 

同性の友達であれば、余計な気を遣わなくても済むので、目についた場所にふらりと立ち寄ってみるのも良いでしょう。

 

実は、旅行は気ままな方が、出会いに恵まれる機会が多いのです。

笑顔が人を幸せにする画像

直感でちょっと気になったお店に入ってみたら、そこの店員さんやお客さんと楽しい会話ができた、などという経験を気軽に実現できてしまうのです。

 

ただ、一緒に旅行する友達が、気ままな旅を好まない人かもしれません。

 

そのような場合には、お互い妥協点を見つけて旅行計画を練るか、あるいは相手に合わせるように心がけましょう。

 

せっかくの旅行は楽しいものにしたいので、気心の知れた友達であっても、ある程度の譲り合いは必要だという点を忘れないようにしましょう。

 

親しき仲にも礼儀あり、ですね。

スポンサーリンク

<写真撮影の体験を楽しむ>

花魁の画像

出典元:https://www.pinterest.jp/pin/664843963710537851/

女友達との旅行で、非常に盛り上がるのが、着物や伝統衣装の着付け体験・写真撮影でしょう。

 

普段とは異なるメイク・衣装で美しく着飾り、別人のような自分を演出するのは女子ならではの楽しみ方です。

 

修学旅行などで、京都の舞妓体験を行なった経験があるかもしれません。

 

顔を真っ白に塗って着物を着、鏡の前に立った時のときめきは、忘れられないものです。

舞妓体験の画像

出典元:http://www.maica.tv/

女性同士であれば、華やかな着物を着て、かわいいポーズの写真をたくさん撮る時間もかけがえのないひとときとなります。

 

そこで、参考までに、本サイトにおいて写真体験を取り上げた記事もご紹介しますね。

 

舞妓に興味があれば「京都でおすすめの舞妓体験スタジオ3選!撮影や散策も充実!」、

 

沖縄の伝統衣装に興味があれば「沖縄観光で台風や雨の日の過ごし方!楽しめるおすすめスポットは?」を確認してみてください。

<工房で手作りの体験をしてみる>

デコ八幡馬の画像

出典元:https://navi.hachinohe-cb.jp/localtabi/user/detail_information/index/53

個人差はあるかもしれませんが、手先が器用な人であれば、手作りの品を創作する時間も、女子旅をかけがえのない旅にしてくれます。

 

デザインや美術に関心のある人はもちろん、かわいらしい小物や工芸品をなんとなく鑑賞するのが好きな人、観光であちこち動き回るよりも、のんびりと過ごしたい人には、工房での体験がおすすめです。

 

工房体験は、有意義な時間を過ごせる点、手作りの品は自分へのお土産・旅行の記念品として持ち帰ることができる点が魅力です。

デコ八幡馬の体験画像

出典元:https://hachinohe-kanko.com/experience/kawaiku-dekohachi

「もともと不器用だし、初心者だから心配」と思うかもしれませんが大丈夫。

 

工房では、プロの職人さんが丁寧に指導してくれます。

 

工芸品や小物がどんな過程を踏んで作られるのか、自分の手で確認することで、職人さんのこだわりや、もの作りへの姿勢を体感できる点も、体験工房の大きな魅力です。

 

体験は一人旅でも楽しめますが、友達と挑戦してみると、お互いの出来を比べ、おそろいの小物・工芸品を作れるので、素敵な思い出を共有できますよ。

 

作ったものは、彼への手作りプレゼントにしても良いですね。

スポンサーリンク

【まとめ】

女子旅を普段と違った魅力的な旅にするコツは、″女子の間でしか楽しめないこと″を積極的に盛り込むことです。

 

普段は男性の目を気にして遠慮してしまっていることも、女子だけであれば思い切り満喫できますよね。

 

このような解放的なひとときを過ごすことで、元気が漲ってくるものです。

 

旅の途中では、友達とのくだらない会話も、真面目な会話も全力で楽しんでみてくださいね。

 

最後に、今回の記事が面白いと思ったら、是非SNSでシェアしてみてください。

 

また、記事のこの部分が興味深かった、ここが意外だったなどのご感想があれば、お気軽にコメントください。

 

皆さまからのコメントをもとに、より楽しんでお読みいただける記事を執筆してまいります。

スポンサーリンク

 

 

 

-京都旅行, 北海道旅行, 沖縄旅行

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.