学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

京都旅行 北海道旅行 沖縄旅行

国内・海外旅行の女子一人旅!気を付けるべき危険ポイントは?

更新日:

最近は、一人旅も女性にとって癒しのひとときとなりました。

 

でも、国内・海外問わず、女性の一人旅には多くの危険が潜んでいます。

 

もちろん、貴重品の管理を行なうことも大事ですが、訪れる場所や時間帯にも注意を向ける必要があります。

 

旅をかけがえのない思い出にするため、今回は女子一人旅で気を付けるべきポイントについてご紹介しますね。

スポンサーリンク

国内・海外旅行の女子一人旅!気を付けるべき危険ポイントは?

take care tripの画像

一人旅する女性は増えましたが、男性と比べ、未だに女性は犯罪や危険に巻き込まれやすいものです。

 

せっかくの旅は、後から振り返って「行って良かったな」と思える旅にしたいですよね。

 

安心・安全な旅を楽しむためには、どのような点に注意すべきなのでしょうか。

 

今回は、これから一人旅を考えている方向けに、女子一人旅で気を付けるべき点についてご紹介しますね。

スポンサーリンク

<夜間は危険な繁華街を避ける>

歌舞伎町の画像

出典元:https://www.kabukicho.or.jp/

女性の一人旅でも、夜を楽しむのは大いに良いことです。

 

このサイトの記事でもご紹介しているように、気になるバーに通ってみたり、夜景のきれいな場所に訪れてみたり、充実した夜のひとときは自分の糧にもなります。

 

ただ、注意しなければならないのは、危険な場所には近づかないということです。

 

というのも、女性は男性よりも犯罪に巻き込まれやすく、夜一人で出歩いていると狙われやすいからです。

 

東京・新宿の歌舞伎町や、渋谷のセンター街に匹敵するような場所は、一人で出歩かないよう心しておきましょう。

 

日本国内ならまだしも、海外一人旅でこのような繁華街をぶらついていると、誰に何をされるか分からないものです。

女性をおそう男性の大きな手の画像

言葉も通じないので、抵抗もできません。

 

どうしても、一人旅でこのような繁華街に出かけるのであれば、必ず現地の友達に案内してもらうようにしましょう。

 

友達・知り合いがいない場合には、残念ではありますが、別の機会に訪れることにしましょう。

スポンサーリンク

<移動手段に気を付ける>

旅行の移動手段の画像

日本国内の移動手段は比較的信頼できます。

 

タクシー・バス・電車・飛行機など、悪質な手を使う交通機関はほとんどありません。

 

しかし、海外となると事情は異なります。

 

特にタクシーには注意が必要です。

タクシーを呼び止める外国人女性の画像

タクシー会社によっては、かなり高額な料金を請求してくることもあるためです。

 

女性一人で、その上言葉の異なる海外ともなれば、相手にうまく丸め込まれてしまう可能性も高いのです。

 

また、自分の希望する行先を告げたにもかかわらず、別の場所に連れて行かれてしまうこともあるようです。

 

実際に、私の知り合いの女性も、一人でインドを訪れ、タクシーに乗車した際に、知らない場所に連れて行かれ、高額な商品を売りつけられたそうです。

悪い人たちに狙われる女子高生人形の画像

このような体験談から「海外は信頼ならない、危険だ」との先入観を持ってしまうのは良くありません。

 

でも、自分の身を守るためには、ある程度の警戒心が必要です。

 

タクシーに乗る際には、ガイドブックなどに載っている、信頼のおける会社を選びましょう。

 

ただ、女性一人でタクシーに乗ること自体、心配事が尽きないことなので、できればタクシー以外の公共交通機関を利用しましょう。

<現地での誘い、アンケート協力には応じない>

お酒を飲む外人の画像

国内では少ないものの、海外では旅行客、特に日本人を対象に、客引きの誘いやアンケート協力をせがまれることが多いものです。

 

このような誘いは、署名運動に見せかけたスリであったり、ぼったくりであったりするため、簡単に気を許してはならないものです。

 

また、特にヨーロッパ地域では、ジプシーと呼ばれる人々の子どもたちが花を売りに来ることもあります。

ジプシーの画像

出典元:https://wtpo.ti-da.net/e2583790.html

幼い子供なので、つい要求に応じてしまいそうになりますが、決して騙されないように注意しましょう。

 

一度子供の要求を聞き入れると、他の子供たちからも品物を買うようせがまれてしまう上、ジプシーの大人たちにも取り囲まれてしまいます。

 

基本的に、旅行先では、近づいてくる人の要求に応えないことが一番の安全対策だ、と心に留めておきましょう。

スポンサーリンク

<ブランドものや露出の高い服は控える>

バーキンを持つ女性の画像

出典元:https://mamajob.biz/hermes-birkin/

国内旅行・海外旅行問わず、ブランド物の服や露出の高い服は、できる限り控えるようにしましょう。

 

特に海外では、未だに「日本人は裕福だ」という認識が一般的であるため、ブランド物の小物や服を身に付けているだけで目を付けられてしまいます。

買い物にご満悦の女子の画像

また、女性が露出の高い服を身に付けて一人でいると、隙がある人だと認識されてしまい、性犯罪に巻き込まれる可能性も高いのです。

 

特に海外旅行では、女性が行方不明になってしまうケースが多く見られるので、自分の身を守るためにも身に付けるものには十分注意しましょう。

 

治安がそれほど良くない地域を旅行するのならば、Tシャツにジーパンといったラフな格好を心がけましょう。

<買い物の際には相場を確認する>

海外のフリーマーケットの画像

出典元:https://ameblo.jp/10091985/entry-11548103612.html

国内はもちろん、特に海外旅行で気を付けたいことは、買い物の際に相場を確認するということです。

 

海外では相場の何倍もする値段でお土産が売られているため、たった1店舗覗いただけでは、ふさわしい値段なのか見当がつきません。

 

そのため、数店舗巡り、それぞれのお店で取り扱われる類似商品の値段を見比べることで、その商品の正式な値段を知ることができるのです。

 

また、海外では露店のマーケットでお土産品が売られていることが多いものですが、たいていの場合は、交渉が必要だと思っておくと良いでしょう。

 

「もう少し安くならないか」という言葉を常にかけるようにしてみてください。

お願いをする女子高生の画像

「残念ながら安くできない」と言われたら、一度諦めてみることが大切です。

 

「今回は諦める」と伝えることで、値段を下げてくれる可能性が高くなるためです。

 

最初のうちは交渉自体、慣れないものですが、一人旅を通して値切る能力をつけてみてくださいね。

スポンサーリンク

<緊急時の連絡先を書き留めておく>

パソコンとスマホとメモの画像

万が一のことが起ったら、緊急連絡先に連絡を入れなければなりません。

 

たいていの場合、スマホに連絡先を登録しているかもしれません。

 

でも、スマホの故障・紛失の可能性は十分考えられます。

 

そのような事態に備えて、緊急連絡先は必ず手帳・メモ帳に控えておきましょう。

 

また、旅に立つ前に、家族や親友など信頼できる身近な人に、自分の旅程について詳しく伝えておくことをおすすめします。

パソコンと手紙の画像

これなら、万が一行方不明になってしまった時も、自分の行先を手がかりに捜索してもらえるので心強いものです。

<宿の予約は必ず取っておこう>

ホテルの部屋の画像

一人旅は自由気ままなので、宿は当日空いている場所に宿泊したい、という人もいるかもしれません。

 

その時に出会った宿に宿泊させてもらうことで、偶然性を楽しむことができ、旅の醍醐味を感じられます。

 

でも、女性一人で旅する場合、仮に宿泊場所がすべて埋まっていると、外で一夜を明かさなければなりません。

 

このような状況は、一人の女性にはとても危険です。

 

安全を確保してこそ、旅は充実するので、旅行前には必ず宿泊先を決め、予約を入れるようにしておきましょう。

スケジュール帳の画像

また、宿選びの際には、必ず口コミを調べた上で予約するのがポイントです。

 

特に海外の場合、ぼったくりや詐欺のような宿屋もあるので、実際に泊まった人から情報を得ることで、ようやく安心して宿泊できるのですね。

 

面倒かもしれませんが、一晩過ごす宿は非常に大切な場所なので、しっかりと下調べしておくと安心です。

スポンサーリンク

<人気のない場所は立ち入らない>

ハートの画像

一人旅行は、自分の気になった場所を自由に散策することができます。

 

大通りから少し入った袋小路や小道はとても魅力的ですよね。

 

でも、興味があるからといって安易に立ち行ってはいけません。

 

街中ならまだしも、山や森の中など人気のない場所に危険が潜んでいるのです。

 

実際に、山中で女子大生が殺害されてしまった事件や、秘湯巡りの女性が殺害されてしまった事件が日本国内で起きています。

 

比較的有名な場所であっても、ひっそりとした山・森の中には一人で立ち入らないようにしましょう。

 

また、このような場所で迷ってしまったり、遭難してしまったりすることもあるので、必ず同伴者のいる時にのみ、散策するように注意してくださいね。

【まとめ】

「男性のようにもっと気軽に行動出来たら良いのに…」と思ってしまいますが、やはり女性は万が一の場合に狙われやすいものです。

 

危険を冒したがため、トラウマの多い旅になってしまうのは避けたいですよね。

 

<安全第一>を旅の基盤にして、実りの多い旅行にすることが何よりも大切ですね。

 

最後に、今回の記事が面白いと思った方は是非、SNSでシェアしてみてくださいね。

 

また、記事のこの部分が面白かった、ここが意外だったなどのご感想があれば、どうぞお気軽にコメントください。

 

皆さまからのコメントをもとに、より充実した記事を執筆してまいります。

関連記事:女子一人旅の楽しみ方!一人だからこそ挑戦してみませんか?

スポンサーリンク

 

 

 

 

-京都旅行, 北海道旅行, 沖縄旅行

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.