学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

京都旅行

京都で芸能人やテレビがおすすめするグルメ店!

更新日:

どんなお店であれ、テレビで紹介されている、あるいは芸能人が支持するグルメ店は、満足できるものです。

 

美食の町・京都であればなおさらです。

 

厳選した食材を使い、味の魔法で訪れる人を魅了する。

 

旅行では、そんな至福のひとときを取り入れてみましょう。

 

今回は、テレビ番組で紹介され、芸能人から支持を集めるおすすめ店をご紹介します。

スポンサーリンク

京都で芸能人やテレビがおすすめするグルメ店!

絶品料理に箸が止まらない美人女性の画像

日本一美食の街である京都は、数々の名店がひしめきあっています。

 

どのお店も独自のこだわりを持ち、訪れる人の心と胃袋をつかんで離しません。

 

その中でも、特に人気を呼ぶおすすめグルメ店の味は、一生に一度でも味わっておきたいものです。

 

芸能人やテレビで放映されているグルメ店を確認すれば、人気なお店は一目瞭然です。

 

そこで今回は、テレビで紹介されたお店や、著名人の通う名店をご紹介しますね。

スポンサーリンク

<京洛肉料理 いっしん>

京洛肉料理 いっしんの店舗画像

出典元:https://urx3.nu/FElM

芸能界や海外セレブをはじめとして、数多くの著名人が訪れる京都・祇園は、近江牛や松坂牛、神戸牛などの高級なお肉を堪能できるお店が立ち並びます。

 

これらのお店の中でも、是非足を運んでおきたいのが、京洛肉料理 いっしん。

 

ここは肉懐石が楽しめる場所であり、ミシュラン2ツ星の称号を獲得したお店です。

未シェラン2個星の画像

出典元:https://www.aburayama.co.jp/

ご主人は最初、ホテルでフランス料理の修行をした後、滋賀県にて近江牛を使用する割烹(かっぽう:日本風料理のこと)に挑戦するようになったそうです。

 

修行から17年を経て、その延長線上に現在のお店があるのですね。

 

祇園らしく、京都の風情溢れる町屋づくりの外観は、品を備えながらも訪れる人を温かく迎えるようです。

 

肉料理が中心なので、胃もたれしそうなイメージですが、いっしんで使用する高級牛はあっさりとした口あたりです。

京洛肉料理 いっしんの肉料理画像

出典元:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26003825/dtlphotolst/1/smp2/D-normal/1/

お肉が苦手な方でも、その美味しさを存分に楽しめるので、一度試してみても良いのではないでしょうか。

 

メニュー関して、いっしんでは「おまかせコース(12,900円)」がメインメニューとなっています。

 

こちらは近江牛を中心としたコース。

京洛肉料理 いっしんのコース料理画像

出典元:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26003825/dtlphotolst/1/smp2/D-normal/3/

肉の赤みが美しい、さわやかな味わいの肉ソーメン、ローストビーフのカレー風味、タン刺し昆布、甘い出汁と香ばしいテールの焼き浸し、トロにぎり、泡醤油と西洋わさびを乗せたロースステーキ、しめの肉茶漬け、そしてデザートとコーヒー。

 

豪華でありながらも、素材の質を考慮した高度な調理には舌を巻いてしまいます。

 

一品一品の料理に心を感じるメニューは、もはや″味の芸術作品″と称せるでしょう。

 

ちなみに、このコースは季節の移ろいにあわせて構成を変化させるそうです。

 

すべての季節のコースを堪能してみたいものですね。

スポンサーリンク

<喫茶 ロサバリエ>

喫茶 ロサバリエの店舗画像

京都には、生田斗真さんが絶賛する喫茶店があります。

 

その名も「喫茶 ロサバリエ」。

 

このお店は日本テレビ「しゃべくり007」で紹介され、数々の大物芸能人が訪れる名店です。

実際に、あの高倉健もこの喫茶のカレーを好み、3杯のうち1杯をアルバイト店員に御馳走していた、とのエピソードが残っていますよ。

 

東映撮影所が喫茶の近くにあるので、多くの芸能人から支持されていることに納得できますね。

 

ロサバリエでいただけるおすすめのメニューは、冷やしカレーうどんです。

喫茶 ロサバリエの冷やしカレーうどんの画像

出典元:https://urx3.nu/FEzc

キュウリとハムの細切りと生卵、そしてかいわれ大根がトッピングされたうどんに、昆布だし、カツオ、そして5種のスパイスを加え、これを混ぜ合わせていただきます。

 

ただ、冷やしカレーうどんは1年中出されているわけではなく、6月から7月限定のメニューなのだそうです。

 

また、仕込みには2日かかるため、量産するのが難しく、1日6食限定で提供されています。

 

お店のオープン時間に訪れて注文するのが良さそうですね。

 

ただ、冷やしカレーうどん以外にも、オムカレーやドライカレー、さらにはハヤシライスなどのメニューも揃っているので、売り切れてしまってもお食事を楽しむことはできますね。

スポンサーリンク

<おおきに屋>

おおきに屋 京都の店舗画像

出典元:https://ranmaru3.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-6.html

一見、普通の居酒屋かと思いきや、実は芸能人御用達のお店が京都・北川にあります。

 

「おおきに屋」は、ダウンタウンの松ちゃんやお笑いタレントのキム兄(木村祐一)が通っていたお店として知られています。

おおきに屋と木村祐一の画像

出典元:https://kyo-omotenashi.com/g9/104

この居酒屋は、創作料理が中心となっており、和牛ユッケやクリームチーズコロッケ、鶏唐揚げ麻婆、牛テールスープの温麺など、個性的なメニューとの出会いを楽しめます。

 

これらのメニューの中でも、特に人気を集めているのが、鶏唐揚げ麻婆です。

おおきに屋 京都 鶏唐揚げ麻婆の画像

出典元:https://zensokuotoko.net/blog-entry-1006.html

鶏のもも肉を一枚唐揚げにしたもので、そこに麻婆のあんをかけていただきます。

 

カリカリとした食感の鶏肉と甘辛いタレの相性は、筆舌に尽くしがたいものです。

 

ここに訪れたら、忘れずに注文してみてくださいね。

<はふう本店>

はふう本店の店舗画像

出典元:https://saxatyunn.blog91.fc2.com/blog-entry-3794.html

芸能人が立ち寄るお店として有名な、お肉メインの洋食屋が「はふう本店」です。

 

ここは、京都市中京区の閑静な住宅街に位置する隠れ家のようなお店で、上等な和牛ステーキを心ゆくまで堪能できるお店です。

店内は品性溢れる和モダンな造りになっており、入り口付近にはシェフの調理を眺めることのできるカウンター席、その奥にはテーブル席があります。

 

もともとお肉屋さんとして営業していたため、その経験を活かした豊富な肉料理を提供していただけます。

 

ランチ・ディナーのどちらも楽しめますが、おすすめはランチの時間帯。

はふう本店の店内画像

出典元:https://kyoto.graphic.co.jp/guide/hafuu/

というのも、この時間帯には、ボリューム満点の肉料理をリーズナブルな値段でいただくことができるからです。

 

たとえば、一番安い日替わりランチは1000円以内となっています。

 

その他のランチメニューは1000円台∼2000円台とお値段は高めですが、そのお値段に見合った量・質の肉料理を楽しめます。

 

ディナーとなると、平均予算は6000円∼8000円台になるので、ランチはかなりお得だと言えるでしょう。

 

ランチのおすすめメニューは「はふう特選ビフカツ(2,990円)」です。

はふう特選ビフカツの画像

出典元:https://matome.naver.jp/odai/2142521560534281301/2142682856585331503

はふうに行くならこのメニュー、と言わんばかりの人気を誇るメニューなのですね。

 

さくっとした衣に包まれた、赤みを残したお肉は、驚くほど柔らかく、口の中に肉汁の旨みが広がります。

 

でも、はふうの名物はこれだけではありません。

 

実は、はふう特選ビフカツよりも有名な、テイクアウトのカツサンドがあるのです。

はふう テイクアウト カツサンドの画像

出典元:https://urx3.nu/FEAo

これこそ、「芸能人がお土産として買いに来る」と評判のグルメ。

 

普通のカツサンドとは比べ物にならないくらい、分厚いカツが魅力的。

 

お値段は1900円です。

 

高級なカツサンドだけあって、その美味しさはあらゆるカツサンドを凌駕します。

 

移動しながらも、ちょっと高級なお肉を楽しむランチにはうってつけのメニューですよ。

 

お肉をお腹一杯食べたい気分になったら、はふう本店にまいりましょう。

スポンサーリンク

<祇園 さゝ木>

祇園 さゝ木劇場の店舗画像

出典元:https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260301/26001863/dtlphotolst/4/smp2/D-normal/2/

テレビで紹介された経歴のある、ミシュラン2ツ星の名店「祇園 さゝ木劇場」は、京都の中で一番予約を取ることの難しい一流店として知られています。

 

店内は落ち着いた雰囲気で、坪庭を眺めながらお食事を楽しめるお洒落な和空間。

 

なんと築90年なのだそう。

 

席はカウンター席、テーブル席、座敷席の3種類。

 

京料理を軸にしたお店ですが、斬新な試みを常に忘れず、国境を越えた最高級食材や料理パフォーマンスなどの演出は「さゝ木劇場」と呼ばれるほどなのだそう。

 

カウンター越しで、料理人が食材について語り、調理を見せ、お客さんは観客となってこの「劇場」に巻き込まれる。

祇園 さゝ木劇場の画像

出典元:https://qq1q.biz/FF1p

お昼も夜も、17席のカウンターについたお客さんに、一斉に料理を提供し、一体感のある「舞台」で食を楽しむ、独特かつ斬新な仕掛けが特徴的です。

 

ここでいただけるのは、純粋な京料理ではなく、独創的な創作京料理で魚介が中心となります。

 

「絶対に良いものを揃える」という信条を持った料理人の佐々木浩さんは、毎朝中央市場まで足を運び、信頼できる漁場・産地から直接食材を仕入れているそうです。

 

また、一般の料亭では、季節に合わせた食材が使用されますが、さゝ木では時々、その季節には思い浮かばないような、予想外の食材が登場することもあるのです。

 

人を楽しませるエンターテイメント性を重視した、さゝ木ならではの発想が一杯に詰まった料理は魅力的ですね。

【まとめ】

さすがは京都。

 

今回ご紹介した各料理店の食材は、とことん洗練されていますね。

 

京都はどのお店でお食事しても、舌鼓を打ってしまいますが、芸能人のお墨付きをもらった料理店で出されるお食事は、えもいわれぬほどの美味しさなのです。

 

予約の取りにくいお店も多いですが、しばらく電話をかけてみることで予約できることもあります。

 

京都旅行の予定があるのなら、あきらめずに問い合わせてみる価値はありますよ。

 

最後に、今回の記事が面白いと思ったら、是非SNSでシェアしてみてくださいね。

 

また、記事のこの部分が意外だった、ここが役に立ったなどのご感想があれば、お気軽にコメントください。

 

皆さまからのコメントをもとに、一層旅が楽しくなるような記事を執筆してまいります。

スポンサーリンク

 

 

 

-京都旅行

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.