学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

沖縄旅行

11月の沖縄旅行!気温や服装、おすすめ観光スポットを紹介!

更新日:

11月の穴場シーズンに沖縄旅行を考えている方も多いでしょう。

 

でも、この季節に沖縄を訪れるのが初めてだと、何を持って行けば良いのか、よく分かりませんよね。

 

また、11月ならではの観光スポットもおさえておきたいところ。

 

この記事で、11月の沖縄の気温・服装・おすすめ観光スポットをおさえ、快適な旅行にむけて準備を進めましょう。

スポンサーリンク

11月の沖縄旅行!気温や服装、おすすめ観光スポットを紹介!

沖縄のビーチ画像

沖縄の11月は穴場シーズン。

 

旅行するには狙い目の季節です。

 

でも、そろそろ旅行の準備をしようかと思って、いざ持ち物を揃えようとすると「11月ってどんな気候だったっけ?」という疑問が出てきますよね。

 

また、11月ならではの面白いイベントが楽しめる観光スポットも気になります。

 

そこで、今回は11月の沖縄の気温や服装、そしておすすめの観光スポットについて確認してきましょう。

スポンサーリンク

<11月の沖縄の気温は?>

沖縄の年間気温画像

11月の沖縄は、東京の初夏と同じくらいの温かさ。

 

統計情報を確認してみると、この季節の沖縄の平均気温は22.1℃となっています。

 

また、最高気温は24.6℃、最低気温は19.9℃です。

 

温暖ではありますが朝晩は多少冷えるため、羽織れるものを用意しておくことをおすすめします。

 

11月の気温をより詳しく見てみると、11月上旬の気温は平均が23.5℃、平均最高気温は26.5℃、平均最低気温は21.1℃となっています。

 

中旬の平均気温は24.4℃、平均最高気温は27.5℃、平均最低気温は21.8℃。

 

そして、下旬には平均気温は21.8℃、最高気温は平均24.1℃、夜は19.3℃となります。

 

同じ11月でも、どの時期に行くかで服装などの対策は違ってくるでしょう。

 

また、沖縄といえば海水浴の情報が気になるのではないでしょうか。

 

10月までは海水浴を楽しめますが、11月は厳しいようです。

 

というのも、この時期の沖縄の平均海水温は24℃となっており、寒さを感じずに海水浴を楽しめる28℃を大幅に下回っているからです。

 

ただ、海水浴は難しいものの、スキューバダイビングは問題なく楽しめます。

 

マリンスポーツを楽しみたい方には、こちらがおすすめですよ。

 

ちなみにダイビングについての詳細は「沖縄青の洞窟で体験ダイビングをするなら?おすすめショップを紹介!」でご紹介しているので、気になる方はぜひご確認くださいね。

 

一方、11月はふつうの観光に適した季節です。

 

というのも、11月は観光シーズンも過ぎ、混雑を避けて沖縄の街を散策できるからです。

 

スムーズにのんびりと沖縄を旅したいなら、11月がおすすめです。

 

さらに、秋の台風についても心配になりますよね。

 

でも、11月はそれほど心配ありません。

 

この季節、台風が発生する確率は0とは言い切れません。

 

しかし、その影響を受けることはほとんど無いので、観光への支障が及ぶ可能性は少ないのです。

 

ただ、11月後半には天気が崩れる日も多い傾向があるので、天気予報に注意する必要があります。

スポンサーリンク

<11月の沖縄旅行の服装は?>

ビーチでスカートとパーカーで座り込む美人女性画像

さて、南国・沖縄は日本の他の地域と比べると、やはり温かいことが分かりましたね。

 

ただ、11月は肌寒く感じることもあります。

 

とくに、11月後半は天気も不安定になりがちなうえ、寒気が入って来ます。

 

そのため、軽い防寒対策を心がけた方がよいでしょう。

 

薄手のパーカーやジャケット、ショールなどがあれば、ちょっとした寒さも防げます。

 

その一方で、天気に恵まれた日の日中には、半袖・半ズボンといった服装でも十分間に合います。

 

とくに、11月前半には、半袖であっても汗ばむくらいの日が多いので、この時期に沖縄旅行に行くのであれば、半袖・半ズボンは一式必要です。

 

その一方で、11月中旬から後半の時期には寒気が入り込むため、寒さを感じやすくなります。

 

この時期は、半袖の上にカーディガンやパーカーを用意しておくとよいでしょう。

 

女性の場合は、スカートを履く方も多いですよね。

 

薄手のタイツやレギンスなどが必要か気になるところです。

 

11月であれば、タイツ・レギンスを持ち込まなくても快適に過ごせます。

 

ただ、冷え性で寒さに敏感であれば、持って行った方が安心です。

 

履物については、スニーカーやパンプスなどがおすすめ。

 

夏にはミュールやビーチサンダルで観光するかもしれません。

 

しかし、さすがに11月にもなると、素足で過ごすと冷えてしまいます。

 

つま先がきちんと隠れ、動きやすい靴を用意しましょう。

 

また、11月後半には天候の安定しない日が多くなってくるので、折り畳み傘・カッパなどの雨具などの追加をおすすめします。

 

紫外線についても気になるところですよね。

 

真夏の沖縄に比べると、紫外線量は少なくなります。

 

それでも、比較的紫外線は強いので、こまめに塗っておくとよいでしょう。

 

くもりの日も侮れないので、しっかりと塗りましょう。

 

<11月のおすすめスポットは?>

沖縄の11月の気候と服装について確認したら、おすすめの観光スポットを確認したいところです。

 

この時期には、どんな場所に訪れたら楽しめるのでしょうか。

・首里城

首里城の画像

出典元:https://www.flickr.com/photos/kenworker/1424135958/

沖縄のシンボル・首里城は、旅行に来たら外せない観光名所です。

 

ここは、アジアの文化が多様に融合した琉球王朝時代の文化に触れることができる場所。

 

お城の中をぐるっと見学するだけでも楽しいものですが、11月には王朝の歴史をより一層肌で感じられるイベントが開催されます。

 

それが、首里城祭りです。

首里城祭りの画像

出典元:http://www.okinawastory.jp/event/600009353

このお祭りは例年11月初旬に行われるイベント。

 

伝統芸能の宴や冊封使行列、冊封儀式が首里城公園にて行われ、絵巻行列が那覇市の国際通りで開催されます。

 

2017年11月3日には、12時50分から15時30分の間に「古式行列」が行われます。

 

これは琉球王朝時代に、国王が国の安泰と豊穣を祈ることを目的として、首里城のもとにある3つのお寺を参詣した様子を再現したものです。

 

冊封使行列、冊封儀式は、1404年に中国皇帝の名のもとに琉球国王が即位した「冊封儀式」を再現したもの。

冊封儀式の画像

出典元:http://s.webry.info/sp/stepinokinawa.at.webry.info/201010/article_20.html

今年2017年のこのイベントの実施日は、11月4日11時40分から13時10分です。

 

また、11月5日には、12時30分から14時30分の間に那覇市国際通りで、琉球王国の歴史を一大絵巻行列として再現した「琉球王朝絵巻行列」が行われます。

 

このイベントでは、琉球国王・王妃をはじめとして、冊封使(中国皇帝の使節団)、伝統芸能団、総勢700名のパレードを見ることができます。

 

琉球王朝時代へタイムスリップしてしまったかのような体験ができる世界に飛び込んでみたくなりませんか。

 

11月初旬に沖縄旅行を考えているのであれば、見学しに行ってみるのもよいでしょう。

・離島フェア

離島フェアの画像

出典元:http://fesrepo.com/okinawa/ritofair/ritofair/

沖縄本島には行くけれども、離島までは足を運ぶ時間がない。

 

そんなときには、沖縄県内の39の島々が一堂に会するイベント「離島フェア」にむかいましょう。

 

会場は沖縄都市モノレール奥武山(おうのやま)公園から徒歩1分の奥武山公園です。

 

「離島フェア」は年に1度、特産品や伝統芸能が一堂に会する物産展です。

沖縄離島フェアの画像

出典元:http://fesrepo.com/okinawa/ritofair/ritofair/

人気な商品はすぐに完売してしまうので、早いうちに会場にむかいましょう。

 

特設ステージも設置され、離島出身のアーティストによるライブや、ラジオ特番収録、そして伝統芸能の紹介などが行われます。

 

さらに、新しい離島の観光情報を入手できるので、離島に行く方にもおすすめできるイベントです。

 

2017年の開催日時は、11月17日から19日の10時から19時となっています。

 

朝一番で離島フェアに立ち寄ってから、他の観光場所を訪れてみるとよいでしょう。

・読谷まつり

沖縄の読谷まつりの画像

出典元:http://www.okinawastory.jp/event/600009357

地元の住民による伝統芸能のお祭り、それが読谷祭りです。

 

このイベントでは、琉球舞踊や獅子舞、空手などが披露されます。

 

開催場所は、名前のとおり沖縄本島の読谷村で行われます。

 

読谷まつりは、そもそもこの村が輩出した2人の偉人である泰期(たいき)と赤犬子(あかいんこ)をたたえる読谷村最大のイベントです。

 

また、三味線音楽の租と言われる古典音楽大演奏会は赤犬子を称えたものであり、およそ400人もの村民が大合唱や大合奏を披露します。

 

このイベントの中でもとくに見ておきたいのが泰期の創作劇です。

 

この創作劇では、琉球王朝が中国との貿易で使用した、巨大な進貢船の模型がライトアップされます。

 

琉球王朝時代の華やかな雰囲気が、仄かな光に照らされてぼうっと浮かび上がる風景は、一度みておきたいものですね。

【まとめ】

11月の沖縄、というとあまりイメージできないものです。

 

でも、今回ご紹介したように、海水浴はできなくても比較的温暖で、11月ならではのイベントを楽しむことができるのですね。

 

今回確認した服装や観光スポットを参考に、11月ならではの沖縄旅行を楽しんできてくださいね。

 

最後に、今回の記事に関連して、「11月はこれが必須」、「11月のイベントならこれもおすすめ」といった口コミや体験談があれば、お気軽にコメントください。

 

みなさんからのコメントで、多くの方の旅行がより充実したものになりますよ。

 

関連記事:12月の沖縄旅行!気温やおすすめの服装・持ち物を紹介! 

関連記事:1月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装と持ち物を紹介!

関連記事:2月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物を紹介!

スポンサーリンク

 

 

 

-沖縄旅行

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.