学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

沖縄旅行

12月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装と持ち物を紹介!

更新日:

12月の沖縄はのんびりと観光できるため、この時期を狙って出かけることもあるでしょう。

 

でも、12月の沖縄に訪れたことのない人には、これほど未知の世界はありません。

 

とくに、気温や服装、持ち物については、旅行前にしっかりと知り、準備しておきたいもの。

 

そこで、今回は12月の沖縄でおすすめの気温や服装、そして持ち物をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

12月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装と持ち物を紹介!

12月は沖縄旅行の穴場シーズンです。

 

混雑を避けてのんびりと過ごすため、この時期を狙って旅行の計画を立てている方も多いのではないでしょうか。

 

でも、沖縄=南国というイメージは深く焼き付いてしまっているため、どうしても12月の気温や持ち物・服装が思い浮かびませんよね。

 

旅行中はできる限り、体調を崩さないように、気温に即して服装や持ち物に気を配りたいところです。

 

そこで、今回は12月の沖縄の気温や服装、持ち物をご紹介しますね。

 

おすすめ:12月の沖縄旅行!おすすめの観光スポットを紹介!

スポンサーリンク

<12月の沖縄の気温は…?>

沖縄の年間気温画像

沖縄は″南国″のイメージが高いことから、冬でも半袖半ズボンで過ごす旅行客を想像してしまいがちです。

 

しかし、12月の沖縄は侮れません。

 

この時期は寒い地域にお住まいの方も、油断せずマフラーなどのちょっとした防寒具を持っていると重宝するでしょう。

 

というのもこの時期は、寒波の影響で北風が吹くようになり、海上も荒れてしまうことが多いからです。

 

(ただ、本土と同じようにダウンコートや手袋まで用意する必要はありません。

 

荷物を少なくするためにも最低限必要な防寒具のみ揃えましょう。

 

持ち物については、最後の項目でご紹介しますね。)

 

このような気候なので、12月の沖縄は実際の気温よりも低く感じられるのです。

 

そのため、この時期は天気予報の気温に合わせた服装では、案外寒く感じてしまうのです。

 

体感気温が低いということなのですね。

 

実際の気温について、沖縄の最高気温は21.2℃、最低気温は16.3℃、平均気温はおよそ19℃となっています。

新緑の中で伸びをする女性の画像

大体、日本本土の10月頃の気温に匹敵します。

 

ちなみに12月の東京の気温を見てみると、最高気温は12℃、最低気温は3℃、平均は7℃となっています。

 

四方を海で囲まれている沖縄では北風が吹き、体感気温は低くなりますが、気温が20℃を超える日もあります。

 

また、相変わらず日差しは強いので、日よけ・日焼け対策は万全を期したいところです。

 

沖縄に行ったらきれいな海を見たい、と考えている方もいるでしょう。

 

実は、この時期の沖縄の海が一年でもっとも透明度が高く、マリンアクティビティにはぴったりのシーズンなのですね。

 

そこで、ダイビングなどのアクティビティを旅程に入れるのならば、海水温についても留意しましょう。

ダイビングの画像

12月の沖縄の水温は24℃ほど。

 

寒さを感じることなく、海水浴できるのは28℃なので、さすがにこの季節は海で泳ぐことはできません。

 

さらに年末ごろには22℃まで水温が下がるので、ダイビングの際も注意が必要です。

 

寒さに弱い方は、12月のはじめを狙ってダイビングの予定を入れるとよいでしょう。

 

また、ダイビングの他にも、シュノーケルやサーフィンなどのアクティビティがありますよね。

 

これらのアクティビティは冬でも楽しめます。

珊瑚の画像

ただ、海からあがると水気のせいで体の熱が奪われ、非常に寒く感じます。

 

体をタオルでしっかりと拭き、ウインドブレーカーを羽織るなどして風を通さないようにしましょう。

 

また、この季節は一年の中でも最も降水量の少ない時期なので、雨の心配はそれほどありません。

 

空は澄み渡っており、夜は美しい星空を眺められます。

 

おすすめ:沖縄の青の洞窟で体験ダイビングにおすすめショップを紹介!

スポンサーリンク

<12月の沖縄にふさわしい服装は…?>

ワンピース女子の画像

12月の沖縄は温かいようでいて、寒波が押し寄せることもあり、完全に油断はできない気候です。

 

そのため、服装も変動する気候に合わせ、調節できるようなものを着るのがポイントです。

 

前項でご紹介したとおり、12月の沖縄の気温は10月の東京の気温に匹敵します。

 

そのため、本土の冬と同じくらいに着込む必要はありませんが、薄手のコートやジャケットを持ち合わせておくとよいでしょう。

 

荷物にならないように、コンパクトに持ち運ぶことのできるコート・ジャケットを用意するのがポイントです。

 

風が強い海辺などを散策する際には、ウインドブレーカーもおすすめです。

 

また、アウターの下に着る服には、薄手のものを選ぶようにしましょう。

 

というのも厚手だと、気温が高くなった時に、アウターを脱いでも温度調節しにくいからです。

 

おすすめは、薄手のセーターや長袖シャツ、ニット、パーカーなど軽く防寒できるものを選ぶと快適に過ごせます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】UVパーカー パーカー UVカット UV レディース [UVカット/...
価格:1590円(税込、送料無料) (2018/5/25時点)

 

とくに、沖縄旅行で海沿岸部に訪れるときには、12月の冷たい風をしのぐことができます。

 

下は、ジーンズなどの長ズボンを揃えておくようにしましょう。

 

女性の場合はミニスカート・ショートパンツを着ることが多いでしょう。

 

暖かい日にはこのような格好でも問題ありませんが、日によってはかなりの寒さを感じます。

 

したがって、タイツやストッキングなどを着用して、肌が直接寒い空気に触れないように工夫しましょう。

 

このように、12月の沖縄では冬物の服を持って行く必要がありますが、時には半袖で十分間に合う日もあります。

 

宿泊日数にもよりますが、半袖の上着を1∼2枚ほど持っていると、気温が20℃程度の日には重宝しますね。

 

ただ、やはり1日のうちに気温は移り変わるので、半袖の上から羽織れるカーディガンを用意しておくとよいでしょう。

スポンサーリンク

<12月の持ち物は…?>

考える女性の画像

12月の沖縄では、つい、防寒の小物は必要ないのではないかと思ってしまいますよね。

 

しかし、実際には持って行った方が賢明です。

 

とくに、マフラーやニット帽は、寒い時に着用するかバッグにしのばせておく必要があります。

 

マフラーやニット帽は、冬のおしゃれアイテムとしても使われるので、現地でもこれらの防寒具を身に付けている人が多く見られます。

 

ニット帽は冬の北風で髪がボサボサに乱れてしまうのを防いでくれるので、女性にとっても便利なアイテムですね。

手袋とニット帽の画像

マフラー・ニット帽が必要ならば、手袋は要らないのかと思いますよね。

 

12月の沖縄では、さすがに手袋まで持って行く必要はありません。

 

本土の10月に匹敵することを考えれば、納得できますね。

 

手先まで凍えてしまうくらいの寒さではありません。

 

ただ、なんとなく寒気を感じることもあります。

 

寒気対策として持っているとよいのがカイロです。

 

ポケットに一つカイロを入れておくだけでも、体中が随分と温まります。

ホッカイロの画像

貼るタイプと貼らないタイプのどちらもあるので、自分の使い方に合った方を選んで持参しましょう。

 

さらに、沖縄旅行で欠かせないアイテムといえば、日焼け止めです。

 

冬であっても、紫外線が強い沖縄では、外を出歩いているとすぐに日焼けしてしまいます。

 

それほど強い日焼け止めを用意する必要はありませんが、観光中は2∼3時間ごとに塗り直すようにしましょう。

クリームを塗る女性の画像

日焼け止めの他にも、日傘やサングラスを使用するのもおすすめです。

 

冬の時期、腕や脚などは長袖の服で直射日光を防げます。

 

でも、顔の部分は相変わらず日の光に照らされてしまいますよね。

 

とくに、目は紫外線を受けることで、充血や白内障、ドライアイ、眼精疲労などの症状が出てきてしまいます。

 

そのような症状を防ぐためにも、サングラスは忘れずに持参するようにしましょう。

 

また、顔を完全に日光の光から避けるためにも、日傘を持参するようにしましょう。

 

紫外線避けに最大の効果を発揮するのは、外側が白、内側が黒色の日傘です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2018新色追加★100%完全遮光 遮熱 99%ではダメなんです!2段 50cm...
価格:11880円(税込、送料無料) (2018/5/25時点)

 

白で太陽の光を反射し、黒で地面から跳ね返る紫外線を吸収するので、日焼け止めの効果が高いのですね。

 

さらに、晴雨兼用の日傘であれば、わざわざ日傘と雨傘の2つを持ち合わせずに済むので便利ですよ。

 

沖縄旅行に適した日焼け止め対策については、「沖縄旅行に適した日焼け止め対策!冬や3月の紫外線量は?」の記事で詳しくご紹介しています。

 

気になる方はぜひ、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

【まとめ】

今回は12月の気温とおすすめの服装・持ち物についてご紹介しました。

 

12月の沖縄というとあまり想像つきませんが、記事の中でもご紹介した通り、東京の10月の気候と同じなのですね。

 

10月というとそれほど温かくもないので、防寒も必要であることには納得できますね。

 

最後に今回の記事に関連して、「12月の沖縄旅行にはこのアイテムが重宝した」「服装はこんなコーディネートがおすすめ」などの体験談があれば、お気軽にお申し付けください。

 

みなさんからの体験談で、より多くの方の沖縄旅行が快適になりますよ。

 

関連記事:1月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装と持ち物を紹介!

関連記事:2月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物を紹介!

関連記事:3月の沖縄の気温や海開きは?旅行におすすめの服装も紹介!

スポンサーリンク

 

 

 

-沖縄旅行

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.