学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

京都旅行

1月の京都の気温は?旅行におすすめの服装と持ち物を紹介!

更新日:

東京や大阪とあまり気温の変わらない1月の京都。

 

しかし、観光客として訪れるのであれば、寒さ対策は手を抜けません。

 

1月は楽しい新年のイベントが目白押しです。

 

体調を崩して見逃してしまいたくはありませんよね。

 

そのためにも、完全防備で観光に臨む必要があります。

 

そこで、今回は1月の京都の気温・服装・持ち物をご紹介しますね。

スポンサーリンク

1月の京都の気温は?旅行におすすめの服装と持ち物を紹介!

雪の清水寺の画像

1月の京都は、新年の行事が盛りだくさん。

 

新年の時期、日本らしさの感じられる京都で過ごせるなんてとても贅沢です。

 

でも、この旅行中に体調を崩してしまっては、年に一度しか見られない催し物を楽しめません。

 

それを避けるためにも、旅行前から気温を確認し、どんな服装・持ち物が必要なのかチェックする必要があります。

 

無事、納得いく旅ができるよう、1月の京都の気温・服装・持ち物を確認しましょう。

 

(1月の新年の行事については、「1月の京都旅行!おすすめの観光スポットはどこ?」の記事でご紹介しています。気になる方はそちらもご覧くださいね。)

スポンサーリンク

<1月の京都! 気になる気温は?>

京都の1月の気温画像

京都の1月は、一年の中でも最も寒い季節です。

 

実際に、京都の1月の気温は最高気温が9℃、最低気温が2℃、平均気温が4℃となっています。

 

最高気温でさえ10℃に届かないという点に注目ですね。

 

さらに、朝晩は0℃近くまで冷え込む日が多くなるので、この季節の寒さには侮れません。

木枯らしの画像

京都の場合は、1月の上旬と下旬で寒さのレベルが変わります。

 

1月の上旬は最高気温が9℃、最低気温は2℃、1月中旬は最高気温が8℃、最低気温は2℃、下旬は最高気温が7℃、最低気温が2℃となります。

 

このように見てみると、最低気温は変わりませんが、最高気温が1月の後半になるにつれて徐々に下がってゆくのが見て取れます。

雪の京都の中を着物を着た女性が傘をさして歩く画像

1月の旅行であっても、どの時期に訪れるかによって防寒対策も変える必要がありますね。

 

 

ただ、寒さは厳しいものの京都市内は晴天に恵まれる日が多く、観光しやすいのが特徴です。

 

また、1月は乾燥しやすい気候なので、乾燥対策もしっかり行っておきたいところです。

 

一方、京都市内の山間部や日本海側の京都北部では、この季節に雪が積もることが多くなります。

京都の雪化粧の画像

市内を離れ、このような地域を観光する予定があれば、靴などはできる限り雪に対応したものを持つようにしましょう。

 

京都市内はめったに雪は降りませんが、1月末から2月の「大寒波」の頃には雪の降ることもあります。

 

「チャンスがあれば、京都の雪景色を見たい」と思いますよね。

 

そう考えるのなら、1月末あたりを狙って旅程を組むのもおすすめですよ。

雪化粧の金閣寺の画像

念のため、1月の東京・大阪・沖縄の気温も確認しておきましょう。

 

東京の場合は、平均気温は5.2℃、最高気温は9.6℃、最低気温は0.9℃となります。

 

そして、大阪は平均気温が6.0℃、最高気温は9.5℃、最低気温は2.8℃。

 

一方、沖縄は平均気温が17.0℃、最高気温が19.5℃、最低気温は14.6℃となっています。

 

東京・大阪に住んでいれば、京都とはそれほど気温の大差は無いので、ふだんこの季節に着ている服を持参しましょう。

 

おすすめ:京都旅行のお土産!家族や彼氏、上司に贈るおすすめのプレゼントは?

スポンサーリンク

<1月の京都に合った服装とは?>

マフラーをしている美人女性の画像

寒さが一段と厳しくなる1月の京都を訪れるなら、防寒対策が必須です。

 

まず、一番におさえたいのがアウターです。

 

アウターは厚手の冬用のコートを用意するようにしましょう。

 

朝晩は0℃に近くなるほどの寒さに見舞われるため、できる限り羽毛の詰まったダウンコートを着るのがおすすめです。

 

ダウンコートでなくても、冷気を通さないようなアウターを選ぶのがポイントです。

 

アウターの下は、セーターあるいはタートルネックが適切です。

 

とくに、タートルネックであれば首元までしっかりと温めてくれるので、1月の京都の冷たい空気から体を守るには最適です。

 

セーターでも、タートルネックタイプのものがあるので、寒さが不安な方は揃えておくと安心ですね。

 

下については、厚手のズボンをおすすめします。

 

タイツと一緒に着用すれば、ジーンズであっても寒さを乗り切れます。

 

ただ、やはり0℃近くなる朝晩は冷え込みが激しくなるため、冷え性の方はできるだけのコールテン生地パンツを履くのが賢明です。

 

スカートや短パンはあまりおすすめできませんが、もし履くとしたら、下に厚手のタイツを着用しましょう。

 

また、スカート・短パンにあわせる靴は長いブーツが適切です。

 

この服装だとどうしても足首が出てしまうので、しっかりと脚を覆うような靴を履くか、レッグウォーマーをつけるとよいでしょう。

 

そして、意外と見落としてしまうのが、寺院を観光する際の服装です。

 

1月の時期は、ストーブで寺院内を暖房するケースが多く見られますが、板張りの床や渡り廊下は冷たくなっています。

 

そのため、足元を温かくする工夫が必要です。

 

そこで、厚手のタイツや靴下などを持参しておくのがおすすめ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【あったか 足湯ソックス 日本製 3足セット・婦人22-24cm/紳士25-27...
価格:6804円(税込、送料無料) (2018/8/16時点)

 

薄手の靴下と厚手の靴下を2重に履くのもよいでしょう。

 

1月の京都を観光する際には、靴にも十分気を配ってみてください。

 

観光でさまざまな場所を回るので、本来ならスニーカーが便利ですよね。

 

でも、1月の京都は非常に寒いので、スニーカーだと冷気が入り込んでしまい、足元(とくに足先)が冷えてしまいます。

 

したがって、京都旅行に履いて行く靴は、外の冷たい空気を通さない生地を選ぶのがポイント。

 

一番のおすすめはブーツです。

 

とくに、ロングタイプのブーツで、中がもこもこと温かい生地のタイプが重宝します。

 

これなら、足先まで温かく、長時間外を歩いても不快な思いをせずに観光できます。

 

私も、真冬の京都旅行では、中がふわふわとした冬用のロングブーツを履いていました。

 

寒さを全く気にせずに観光できたので、これは一押しですよ。

スポンサーリンク

<寒さ対策は抜かりなく! 必要な持ち物は?>

トランクに荷物を積める女性の画像

1月の京都に必要なアイテムは、1年のうちでもっとも多いと言ってよいでしょう。

 

必要なのは、防寒対策グッズ、加湿・保湿グッズ、そして静電気防止グッズです。

 

まずは、防寒対策グッズから確認しましょう。

 

防寒対策グッズとしては、マフラー・手袋・ニット帽が基本です。

マフラーと手袋と二ット棒の画像

とくに気を配りたいのは、手袋です。

 

手袋には様々なタイプのものがありますが、外の空気を通さない生地を選ぶとよいでしょう。

 

とくに指先は冷たくなりやすいので、冷気を通さないタイプの手袋があると助かります。

 

また、防寒グッズとしてホッカイロは必須です

ホッカイロの画像

貼るタイプ・貼らないタイプのホッカイロの両方を常備していると安心です。

 

貼るタイプは背中に、貼らないタイプはポケットに忍ばせておきましょう。

 

また、靴用のホッカイロもあるので、「ブーツだけでは温まらなさそうで不安」という方は、このタイプのホッカイロも購入するとよいですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

興和 ホッカイロ くつ用 すべり止め付 (15足分/30個入)
価格:697円(税込、送料別) (2018/8/16時点)

 

お寺を見学する予定があれば、スリッパを忘れてはいけません。

 

スリッパが備え付けられているお寺もありますが、案外用意されていないお寺も多いのですね。

 

1月は寺院内の冷え込みが激しいので、足元がとても冷え込みます。

 

携帯用のスリッパが一式あれば、足先を寒さから守ることができ、見学中も快適に過ごせます。

 

加湿・保湿グッズとしておすすめのアイテムは、マスクと加湿器です。

 

マスクを持っていれば、観光中に喉が乾燥せずに済みます。

 

冬によく体験することですが、寒く乾燥した空気の中で長時間過ごしていると、喉がイガイガして風邪の原因になってしまいますよね。

 

しかし、マスクをしているだけで口の中の湿度は保たれ、喉も潤った状態を保てます。

マスクをして寒がっている美人女性の画像

また、室内で過ごすときには、ガーゼでできたマスクをつけるのがおすすめです。

 

もちろん、使い捨てマスクでも問題ありません。

 

でも、ガーゼであれば寝る際につけていても息苦しくなることなく、保湿できるのですね。

 

私も冬はこのようにして喉を保湿しているので、かなり効果がありますよ。

 

加湿器は、旅行用のコンパクトなタイプがたくさん販売されているので、気軽に手に入ります。

 

また、冬の京都は乾燥しており静電気が起りやすくなります。

 

必須アイテムではありませんが、気になる方は静電気スプレーを持参して行くとよいでしょう。

【まとめ】

1月の京都旅行では、防寒対策・加湿保湿対策・静電気対策、あらゆる対策が必要です。

 

東京・大阪とそれほど気温に大差ありませんが、ふだんと違って観光で外を出歩く時間が長いので、侮れません。

 

いつも以上に温かい恰好を心がけて、1月ならではの雰囲気に思い切り浸ってきてくださいね。

 

最後に、今回の記事に関連して「1月に京都旅行したときは、このアイテムが役に立った」「雪の降る日はこんな対策をした」などの体験談があれば、お気軽にコメントください。

 

みなさんからのコメントが、より多くの女性の旅を後押ししてくれますよ。

 

関連記事:2月の京都の気温は?旅行におすすめの服装と持ち物を紹介!

関連記事:3月の京都の気温や桜の開花は?旅行におすすめの服装も紹介!

関連記事:4月の京都の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物を紹介!

 

スポンサーリンク

 

 

 

-京都旅行

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.