学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

沖縄旅行

1月の沖縄旅行!おすすめの観光イベントスポットはどこ?

更新日:

「寒い新年は温暖な沖縄でむかえたい。」

 

寒い思いをせずに新年を祝いたい方も多いのではないでしょうか。

 

あたたかい沖縄で羽休めできれば、幸せですよね。

 

また、1月は多くのイベントが目白押し。

 

イベントだけでなく、お花見やホエールウォッチングなどの自然も楽しめます。

 

そこで、今回は1月の沖縄を十分満喫できるおすすめ観光イベントスポットをご紹介しますね。

スポンサーリンク

1月の沖縄旅行!おすすめの観光イベントスポットはどこ?

桜の画像

1月の沖縄は新年のイベントが盛りだくさんです。

 

また、この時期沖縄は全国でも一番早く桜が咲き、県内各地でさくらまつりが開催されます。

 

「早く桜が咲くのを見たい」と思うなら、沖縄に足を運んでみるのもよいでしょう。

 

それでは、早速どんなイベントが開催されているのか、記事で詳しくご紹介しますね。

 

まずは、沖縄の桜まつりから確認してみましょう。

 

おすすめ:1月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装と持ち物を紹介!

スポンサーリンク

<今帰仁グスク桜まつり>

今帰仁グスク桜まつり2018年の画像

出典元:http://www.nakijinson.jp/sakura_festival1

1月の沖縄は桜の季節です。

 

日本一早い桜を見にいくのなら、沖縄を訪れてみましょう。

 

沖縄各所で桜まつりが開催されていますが、その中でもおすすめなのが、例年1月下旬から2月上旬に行われる今帰仁グスク桜まつりです。

 

このイベントは、2007年から毎年開催されています。

 

この桜まつりに限らず、沖縄で1月から2月にかけて見られる桜は、すべて寒緋桜(カンヒザクラ)です。

寒緋桜の画像

この桜は、本州で多く見られるソメイヨシノとは全く異なり、濃いピンク色で花は下向きに咲きます。

 

散るときには、ソメイヨシノのように花びらが一片ずつ散るのではなく、椿の花と同じように花ごと落ちてしまいます。

 

そして、この今帰仁城は寒緋桜の名所なのですね。

 

今帰仁グスク祭りでは、華やかな寒緋桜がライトアップされます。

今帰仁城寒緋桜のライトアップ画像

出典元:http://www.club-t.com/special/japan/nakijin/

さらに、桜まつりの期間だけ今帰仁城の城壁がライトアップされ、平郎門から城内に至る参道は、そうろくの灯りに照らされた寒緋桜で彩る「グスク花あかり」の演出も行われます。

 

ただ、この桜まつりに参加するには、今帰仁城への入場料(大人1人400円)を支払う必要がある点に注意しましょう。

 

また、今帰仁城は通常18時までの営業ですが、桜まつりの期間中は21時までとなっています。

 

敷地内では桜だけでなく、特設舞台や地域の伝統芸能・創作太鼓も披露されます。

今帰仁グスク桜まつり 舞台の画像

出典元:https://www.ytabi.jp/pickup/detail.jsp?id__=211

沖縄の伝統に触れられる点も魅力的ですね。

 

ちなみに今帰仁グスクといえば、世界遺産に登録されている史跡です。

 

その敷地面積はなんと、首里城に匹敵します。

 

そもそもここは北山王の居城として築かれたものです。

 

大隈(ウーシミ)と呼ばれる広場は見晴らしがよく、東シナ海や伊是名島・伊平屋島を眺められますよ。

今帰仁グスク桜まつり 大隈の画像

出典元:http://jehcl.net/nakijinsakura/

きれいな景色を見て、清々しい気持ちで新年をむかえましょう。

 

関連記事:沖縄旅行の夜を楽しもう!おすすめ観光スポットはどこ?

スポンサーリンク

<首里城公園「新春の宴」>

首里城公園の新春の宴の画像

出典元:http://urx.mobi/HdMd

毎年、新春には首里城公園で「新春の宴」が開かれます。

 

これは琉球王国時代、元旦に首里城で行われたお正月の儀式を再現したものです。

 

「新春の宴」は、沖縄の伝統にどっぷりと浸かりたい人にこそ、見ていただきたいイベントです。

 

琉球舞踊や旗頭の演舞、民俗芸能をすぐ近くで見られます。

首里城の新春の宴の画像3

出典元:https://rikkadokka.com/special/event01/

新春の宴で行われる儀式は盛りだくさん。

 

御座楽の演奏に始まり、国王・王妃が登場し、琉球芸能の宴が行なわれます。

 

その後、お正月のメインの儀式である「朝拝御規式(ちょうはいおきしき)」が続きます。

 

「朝拝御規式」とは、琉球王朝時代に行われていた3部構成(「子之方御拝」・「朝之御拝」・「大通り」の3つ)の儀式で、国王をはじめとして琉球の役人が整列し、厳粛な雰囲気の中で執り行われる中国風の儀式です。

朝拝御規式の画像

出典元:http://www.tabirai.net/sightseeing/column/0003801.aspx

第一部の「子之方御拝」は天の神様への拝みの儀式であり、国王をはじめとした王族から庶民の代表に至るまで、さまざまな身分の人々が参列する儀式です。

 

第二部の「朝之御拝」は国王の聖寿を祝い、琉球王国の繁栄を祈る儀式。

 

そして、第三部の「大通り」では、国王をはじめに諸臣が泡盛を祝いの酒として順番に回し飲みし、国王が臣下を祝福するとともに、王家の繁栄を祈ります。

 

「新春の宴」は1月1日から3日の3日間開催されますが、メインイベントの「朝拝御規式」は1月1日、2日に行われます。

首里城の新春の宴の画像2

出典元:https://4travel.jp/travelogue/10855602

これを目当てに観光するのであれば、日程に注意してみてくださいね。

 

メインイベントの他にも、琉球舞踊や地域の民俗芸能、平和と繁栄の願いを込めて鐘を撞く万国津染の鐘撞き体験、そして琉球国王・王妃との記念撮影ができます。

 

これらのイベントは1月1日から3日まで行われているので、観光の合間にちょこっと立ち寄りたい方にはおすすめですよ。

 

新春の宴では、お茶や甘酒も振る舞われるので、息抜きに遊びに行ってみるのもおすすめです。

関連記事:琉球王国の歴史を分かりやすく!女子旅を奥深い旅にしましょう! 

スポンサーリンク

<ホエールウォッチング>

ホエールウォッチングの画像

出典元:https://tagoo.jp/optour/whale-watching/oa305/

人生一度でいいからホエールウォッチングしたい、と思いませんか。

 

そんな願望があるならば、1月の沖縄に行きましょう。

 

1月の沖縄では、繁殖活動のために戻ってくるクジラを高確率で見られます。

 

この季節、クジラとの遭遇率は何と98%なのですね。

ホエールウオッチングの画像

出典元:https://australiatour.jp/products/detail1018.html

沖縄の海で見られるクジラは、シベリア海域に生息しているザトウクジラです。

 

このシーズンに彼らは出産・子育てを沖縄の温暖な海で行うのです。

 

ホエールウォッチングの出航場所は沖縄の至る場所にあるので、自分が宿泊しているホテルに近い場所のプランを選ぶと良いですよ。

 

調べてみるとプランは数多く提供されていますが、予算は大体4000円から5000円の間です。

 

この季節であれば、クジラに会えないことはほぼありませんが、仮にクジラに合えなかった時には、全額返金してもらえるプランがおすすめですよ。

 

沖縄ならではの珍しい体験をするならば、ぜひホエールウォッチングを試してみてくださいね。

スポンサーリンク

<摩文仁・火と鐘のまつり>

摩文仁・火と鐘のまつりの画像

出典元:http://okinawaclip.com/ja/detail/188

年末年始を沖縄で過ごすのであれば、沖縄平和祈公園で行われる摩文仁・火と鐘のまつりに足を運んでみてもよいでしょう。

 

この行事は、戦争で亡くなった方への慰霊、そしてすべての人に平和が訪れることを祈念する祭典です。

 

開会式は12月31日の22時から始まり、沖縄戦の映像が映し出されます。

 

上映会が終わった後には、聖火を焚いて平和の誓いを宣言します。

 

参加者一人一人がたいまつを持って、大広場の聖火台を囲み、カウントダウンする光景には圧倒的な力を感じられます。

摩文仁・火と鐘のまつりの画像

出典元:http://www.japanupdate.com/2012/12/35th-festival-of-fire-bell-in-mabuni/

戦争の悲惨さ・平和の尊さについて考えさせられる行事で、心を新しく入れ替え、新年をむかえたいものですね。

 

沖縄平和祈念公園については、「歴女向けの沖縄女子旅!おすすめ観光スポットはどこ?」の記事でも詳しくご紹介しています。

 

より詳しく知りたい方は、ぜひご参照くださいね。

スポンサーリンク

<よみたん夜あかりプロジェクト 琉球ランタンフェスティバル>

よみたん夜あかりプロジェクト 琉球ランタンフェスティバルの画像

出典元:http://blog.murasakimura.com/?p=775

冬の季節は沖縄でもたくさんのイルミネーションイベントが開催されています。

 

でも、どのイルミネーションも似通っていて、面白みがないと思ってはいませんか。

 

そこで、他とは違ったテイストのイベントをご紹介します。

 

今回ご紹介するのは、「よみたん夜あかりプロジェクト 琉球ランタンフェスティバル」。

 

このフェスティバルは、読谷村の体験王国むら咲むらで行われるイベントです。

 

このお祭りは、エキゾチックな雰囲気・アジアの雰囲気が好きな人にはたまらないイベント。

 

会場では琉球王朝時代の街並みが再現され、中国風のランタンがたわわに吊るされます。

よみたん夜あかりプロジェクト 琉球ランタンフェスティバルの画像2

出典元:http://urx.mobi/HdMD

どことなく、ベトナム・ホイアンのランタン祭りを想起させますね。

 

(ホイアンのランタン祭りについては「ベトナムに卒業旅行でいくならホイアンやバチャン村はいかが?」の記事でご紹介しています。)

 

琉球王国の巨大ランタンから、エイサー・昆虫をモチーフにした色鮮やかなランタンもこのイベントの見どころです。

 

ランタンフェスティバルでは、野外ステージやプロジェクションマッピング、屋台もあるので、退屈せずにその場の雰囲気に浸ることができます。

よみたん夜あかりプロジェクト 琉球ランタンフェスティバルの画像

出典元:https://youtu.be/isFazq3-aKE

美しいランタンはぜひ、カメラのフレームに収め、後で見返してみたいですね。

 

2月の女子旅で思い出に残る写真を撮るなら、ランタンフェスティバルは見逃せません。

 

開催期間は2017年12月2日(土)から2018年2月25日(日)となります。

 

開催期間は長いので、1月以外にも沖縄を訪れようと思っているなら、検討してみてくださいね。

【まとめ】

今回ご紹介して分かる通り、1月は沖縄らしいイベントが盛りだくさんです。

 

とくに、よみたん夜あかりプロジェクトは、夜の観光時間を有効に使えますし、なによりアジアンな雰囲気に癒されますね。

 

沖縄の歴史・平和に着目して、火と鐘のまつりで年末年始をむかえ、そのまま新春の宴に参加するというプランも十分楽しめます。

 

また、「桜の季節が待ちきれない!」という方には、一足先に沖縄の寒緋桜を見に旅行しに行くのもおすすめですよ。

 

さて、今回の記事に関連して「1月の沖縄旅行はここが楽しかった」「1月のイベントならこれもおすすめ!」などの口コミ・体験談があれば、お気軽にコメントくださいね。

 

みなさんの体験談で、より多くの方の旅行が充実したものになりますよ。

 

関連記事:2月の沖縄旅行!おすすめの観光イベントスポットは何処?

関連記事:3月の沖縄旅行!おすすめの観光イベントスポットはココ!

関連記事:4月の沖縄旅行!おすすめの観光イベントスポットはここ!

スポンサーリンク

 

 

 

-沖縄旅行

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.