学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

北海道旅行

3月の北海道旅行!おすすめの観光スポットやイベントはここ!

更新日:

3月の北海道旅行は、冬ならではの魅力を感じるチャンスです。

 

氷と雪の織りなす世界や、寒さとは対照的な温かい温泉。

 

大自然の厳しさと恵みをじかに感じる旅をするなら、北海道が一番おすすめの旅行先です。

 

それでは、3月の北海道を目いっぱい楽しむにはどんな観光スポットやイベントを巡れば良いのでしょう。

 

早速、記事で確認してまいりましょう。

スポンサーリンク

3月の北海道旅行!おすすめの観光スポットやイベントはここ!

3月の北海道は、まだ寒さの厳しい季節です。

 

しかし、この寒さを活かした旅行プランはとても魅力的。

 

寒いとどうしても外に出るのが億劫になってしまいますが、北海道には寒いからこそ、出かけたくなる観光スポットがたくさんあるのですね。

 

一体どんな場所で3月の北海道を堪能できるのでしょうか。

 

早速、この記事では3月の北海道旅行でおすすめの観光スポットをご紹介しますね。

 

おすすめ:3月の北海道の気温や積雪は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

 

スポンサーリンク

<おんねゆ温泉 山の水族館>

おんねゆ温泉山の水族館は、寒さの厳しい北海道・北見市にあるスポットとして大きな話題を呼んでいる水族館です。

 

この水族館は淡水に生息する魚ばかりを集めたユニークな淡水水族館。

ここでは、他の水族館では体験できないようなめずらしい体験ができるのですね。

 

おんねゆ温泉山の水族館の注目ポイントは3つ。

 

1つは日本初の「滝つぼ」の水槽、2つ目は世界初の冬に凍る川の水槽、3つ目は日本最大1m級のイトウです。

 

この中でも、3月に訪れた時にはとくに、2つ目の冬に凍る川の水槽に注目したいところです。

 

この水槽は水面に氷が張っており、冬の凍った川の下で生きる魚たちの様子を観察することができます。

実はこの水槽、世界初の凍る水槽なのですね。

 

1つ目に挙げた日本初の「滝つぼ」の水槽はドーム状の水槽であり、頭上から流れ落ちる滝を水面下から見上げるような構造になっています。

 

さらに、3つ目にご紹介した日本最大級のイトウは北海道ならではの天然のイトウです。

 

館内に居ながらにして、北海道の大自然を満喫できてしまうので、冬の北海道旅行では重宝する観光スポットと言えるでしょう。

また、この水族館の位置するおんねゆ温泉は、源泉かけ流しの美白の湯として知られています。

 

水族館を後にしたら、冷えた体をゆっくりと癒しに、温泉に浸かってくるのもおすすめの観光プランですよ。

 

おすすめ:函館湯の川温泉のおすすめ日帰り入浴ランキング!食事付きも!

 

スポンサーリンク

<野付半島の水平線ウォーク>

流氷とエゾシカの画像

北海道の冬と聞いてイメージするものとして、流氷や凍った海が挙げられるかもしれません。

 

氷の海の上に立つなんて、とてもスリルがあって一度でも試してみたいと思ってしまいますよね。

 

そんな願いを叶えてくれる場所が、知床半島と根室半島の中間にある野付半島です。

この半島は、砂でできた日本で最も大きな半島。

 

冬には雪の積もった雪原がどこまでも続いてゆく雄大な景色が見られます。

 

この景色は、日本人が世界で最も訪れたい場所の一つとして挙げているウユニ塩湖に例えられてもいるのですね。

 

ここでは、ちょうど11月から3月までの間に、凍った海の上を歩くツアーが開催されているので、3月はこのツアーを楽しむ最後のチャンスですよ。

 

さらに、野付半島付近の知床半島や羅臼では、3月一杯流氷クルーズなどの観光船も出ているので、ついでに参加してみると氷の世界を楽しめますよ。

流氷ツアーの画像

おすすめ:北海道を満喫するならここ!女子旅におすすめの自然スポット!

スポンサーリンク

<江差ひな語り>

ひな祭りの画像

3月と言えば、桃の節句・雛祭りの季節ですよね。

 

この時期には全国各地で雛祭りイベントが開催されます。

ひな祭りの画像

北海道も例外ではなく雛祭りイベントが行われており、その中でも江差町のイベント「江差・ひな語り~歴まちのおひなさん~」では、およそ60か所に170組もの雛人形が飾られます。

 

商店の店先や公共施設に雛人形が飾られている光景はとても華やかであり、寒さの残る北海道に春の訪れを感じさせてくれます。

 

これらの商店の中でも、古い米蔵を改造した土蔵カフェ・壱番蔵は雛飾りが3段におよび、そこに並んだ雛人形の様子は壮観です。

そして、もう一つの見どころである江差町会所会館の雛人形も見逃してはなりません。

 

ここには大小合わせて20組ほどの雛人形が飾られており、ここで展示されているものは江差町で古くから保存されているものだけでなく、道外の家庭で大切に保管されていたものも混ざっているのですね。

 

江差町会所会館では、ステージ開催などのスポットイベントも企画されているので、雛祭りの風情をたっぷり

 

と楽しみたいならば、ぜひこの場所に足を運んでみてくださいね。

 

さらに、雛祭りイベントに伴い、おひな様や歴史的な街並みを撮った写真を募集するフォトコンテストも行われます。

 

写真が趣味の方はぜひご自身の腕を試してみてくださいね。

 

おすすめ:インスタ映えする写真の撮り方!ピース以外の撮影ポーズとは?

 

スポンサーリンク

<苫小牧 白老温泉郷>

温泉の画像

まだまだ寒い3月の北海道を訪れたら、温かい温泉でほっと一息つきたいものですよね。

 

苫小牧の白老温泉郷は疲労回復に大きな効果があり、日ごろの疲れを癒すにはぴったりの温泉です。

 

白老温泉の地でおすすめの温泉は、ホテルほくようの日帰り湯です。

この温泉は、最大級の大露天風呂と大浴場が自慢の温泉。

 

源泉を100%使用しており、最高の泉質と最大の湯量を誇る温泉でもあります。

 

ここのお湯は、自律神経失調症・神経痛・リウマチ性疾患・冷え性・疲労などの症状に効果があるので、日常の疲れが取れない方はもちろん、体調に不安のある方もぜひ温泉に浸かってみてくださいね。

ここの日帰り湯は朝の5時から夜の23時まで(女湯は朝8時10分から朝9時まで清掃)営業しており、料金は大人一人500円となります。

 

昭和の懐かしい雰囲気が漂う温泉場でゆったりとした時間を過ごしてみるのも、良い思い出になりますよ。

 

おすすめ:登別温泉(北海道)の日帰り入浴おすすめランキング!露天風呂付も!

スポンサーリンク

<層雲峡 氷瀑まつり>

層雲峡の氷瀑まつりの画像

さっぽろ雪まつりと肩を並べる大規模なイベントが層雲峡 氷瀑まつりです。

 

このイベントでは、氷で作られた巨大ドームや滝を使った氷柱などが一番の見どころ。

層雲峡の氷瀑まつりの画像

この氷瀑まつりは1976年から開催されており、アイヌのシャクシャイン像を作成した彫刻家・竹中敏洋の指導をもとに発案されたものです。

 

会場内には、氷の建造物が立ち並び、最近は台湾やシンガポールからの観光客が多いため、マーライオンや龍虎塔などの像が制作されています。

 

さらに、氷の展望台は高さ15mにもおよび、祭り会場の全体を360度見渡すことができます。

 

氷瀑祭りの魅力はこれだけでなく、イベントも多彩です。

 

イベントでは、氷瀑太鼓・アイヌ民族の舞踊・幸運の餅まきなど、さまざまな催し物が披露されますが、その中でも氷瀑太鼓は注目すべきイベントです。

氷瀑太鼓では、独特のリズムで石狩川の流れが表現されます。

 

これは町内の若手経営者を中心に立ち上げたイベントであり、1968年から続いているのですね。

 

地元に密着したイベントが、このように日本全国で知られるようになったのです。

 

おすすめ:北海道アイヌ民族の文化と歴史まとめ!差別や和人との戦い内容とは?

 

氷瀑祭りを後にしたら、層雲峡温泉 にもぜひ立ち寄りたいところです。

 

この温泉は1900年に発見された温泉であり、単純温泉で肌に対する刺激も少ない温泉です。

ホテルはもちろんのこと、層雲峡温泉街の中心地には町営の天然温泉・黒岳の湯もあり、日帰り湯を楽しむのであれば最適な温泉です。

 

観光で冷えてしまった体を温めるにはぴったりですね。

スポンサーリンク

<ふらの歓寒村>

雪だけで作った「スノードームカフェ」なんて夢のようですよね。

 

ふらの歓寒村には、幻のようなスノードームカフェが実際に存在するのです。

このスノードームカフェは、およそ2000個ものブロックで作られています。

 

さらにイスやテーブル、カウンターまで、あらゆるものが雪で作られており、遊び心が満載です。

 

ここでは、ホットドリンクやお酒を楽しむことができるので、ほっと一息つくには最適な場所です。

 

また、スノーカフェ以外にもLED電球やガラス細工で飾られた散策路も設置されており、スノーラフティングやバナナボート、スノーチュービング体験も可能です。

 

中でもスノーチュービングは、イルミネーションのアーチをくぐりながら滑り降りることができるので、スリル満点の体験を楽しめますよ。

スノーカフェの開催期間は2018年12月23日から2019年3月10日までとなっています。

 

3月の前半に北海道を訪れるのであれば、ぜひこのスポットを訪れてみてくださいね。

 

おすすめ:北海道旭川のおすすめ観光スポット!あの映画の世界がここに?

【まとめ】

今回ご紹介したように、3月の北海道はやはり寒さを活かした観光が特徴的です。

 

雪や氷の世界を楽しみつつ、温かな温泉に浸かって、自分に癒しのご褒美をあげましょう。

 

3月の北海道は冬の寒さもまだまだ残りますが、雛祭りのイベントでは春らしさも感じられるので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

 

最後に、今回の記事が役に立ったと思ったら、ぜひSNSでシェアしてみてください。

 

また、こんな情報も載せて欲しいなどのご希望があれば、お気軽にコメントくださいね。

 

みなさんからのコメントをもとに、より一層楽しい旅行のお役に立つ記事を執筆してまいります。

 

関連記事:4月の北海道旅行!おすすめの観光スポットを紹介!

関連記事:5月の北海道旅行!おすすめの観光スポットはここ!

関連記事:6月の北海道旅行!おすすめの観光スポットはどこ?

関連記事:北海道へ卒業旅行!大学生におすすめの観光スポットランキング5!

 

スポンサーリンク

 

 

 

-北海道旅行

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.