学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

沖縄旅行

7月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

更新日:

7月の沖縄旅行は多くの人々の憧れです。

 

沖縄といえば、常夏の青い海と晴れ渡った空、というイメージが強く、この季節の沖縄はまさにそのようなイメージを裏切りません。

 

観光を楽しむためにも、実際の気温や気候、旅行におすすめの服装・持ち物はチェックしておきたいところです。

 

早速、本記事でこれらの点についてご紹介しますね。

スポンサーリンク

7月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

沖縄のビーチ画像

常夏という言葉がぴったりの7月の沖縄は、多くの観光客でにぎわうベストシーズンをむかえます。

 

夏真っ盛りの沖縄は、イメージ通りの明るい雰囲気が魅力的ですよね。

 

旅行を心ゆくまで楽しむためにも、暑さはもちろんのこと、この時期には紫外線にも気をつけたいところです。

 

そこで、この記事では7月の沖縄の気温と服装について確認してまいりましょう。

 

おすすめ:7月の沖縄旅行!おすすめの観光スポットはどこ?

スポンサーリンク

<7月の沖縄の気温は? 紫外線にも注意!>

沖縄の気温の画像

7月の沖縄は、一般的な沖縄のイメージにぴったりの夏真っ盛りの季節です。

 

この時期は、1日を通して暑く、昼間はまぶしいほどさんさんと光がふりそそぎ、太陽がじりじりと肌を焼く感触が分かるような天気です。

陽射しの画像

全体的に7月はお天気に恵まれる日が多く、降水量が一段と少なくなるのが特徴的。

 

まさにお出かけ日和の日が続き、海や山などをはじめとした沖縄の自然、観光スポットを巡るには申し分のない季節です。

 

ただ、″常夏″という言葉がしっくりくるような天気だと聞くと、「どのくらい暑いのだろうか」と心配になりますよね。

 

暑さ対策を立てるためにも、7月の沖縄の平均気温を確認してみましょう。

 

まず、7月全体の平均気温をご紹介しますね。

 

この時期の沖縄の平均気温は28.9℃、最高気温は31.8℃、最低気温は26.8℃です。

7月のカレンダーの画像

″常夏″という言葉を聞いて、もっと暑さが厳しいのではないかと予想していたかもしれません。

 

実際、同じ時期の京都は最高気温が毎日35℃を超えているので、沖縄はもっと暑いと予想するのも無理はありません。

 

しかし、沖縄は四方を海に囲まれているため、熱がこもらず、最高気温が35℃を超えることはほとんどないのです。

沖縄のビーチ画像

さらに、北からの風が吹き込むため、体感気温は実際の気温よりも低く感じられます。

 

ただ、陽射しが非常に強いため、紫外線には十分注意したいところです。

 

紫外線量は本州の1.5倍に及ぶので、沖縄に滞在しているとふだん通り目を開くのがきつく感じられるほど。

紫外線を眩しく感じている女性の画像

持ち物の項目で詳しくお伝えしますが、基本的な日焼け止めグッズにプラスして、目を守るためにもサングラスがとても重宝します。

 

そして、この時期は海水浴が思う存分楽しめるシーズンなので、水温も気になるところですよね。

 

7月の平均水温は29℃。

 

寒さを感じることなく海に入れる水温は28℃なので、これなら寒い思いをせずに安心して海水浴を楽しめます。

 

さらに、夏の沖縄旅行の心配ごとといえば、台風でしょう。

天気予報チェックの画像

7月は中旬以降に台風が沖縄に接近するため、安心して旅行に臨むのであれば、7月中旬よりも前に訪れるのが無難です。

 

ちなみに、7月に台風が沖縄に接近した回数は、過去5年で1.8回とのデータが出ています。

 

しょっちゅう台風がくるわけではありませんが、旅行日程が台風とかぶる可能性は十分考えられるので、天気予報はこまめにチェックするのがポイントです。

 

おすすめ:沖縄の紫外線量は本土の数倍!日焼け止め対策は必須!

 

スポンサーリンク

<7月の沖縄旅行に適した服装は? 風通しのよい服を>

ワンピース姿の女性二人組の画像

7月の沖縄旅行では、毎日暑い中で適した服装を心がける必要があります。

 

服装選びのポイントは、とにかく風通しのよい服装を選ぶという点です。

 

この時期の沖縄は暑いものの、風通しはとても良いので、通気性に優れた服を選ぶだけで随分と暑さをしのげるのです。

 

基本的にはタンクトップ・半袖Tシャツにショートパンツという格好で問題ありません。

・ワンピース姿の女性二人組の画像

くるぶしも隠れるロングスカートであっても、案外風通しがよく、脚を紫外線から守ってくれるので、通気性・日焼け防止には重宝するアイテムです。

 

さらさらした生地のワンピース、スカートも、風通し抜群なので日数分持っているとおしゃれを楽しめますよ。

 

7月にもなると、朝も夜も半袖・短パンでも寒さを感じることなく温かく過ごせます。

 

ただ、室内は驚くほど冷房が効いていることが多いので、薄手のカーディガンや長袖ワイシャツなどは必ず持参しましょう。

 

薄手であれば、小さく折り畳んでカバンに入れられるので邪魔になりません。

 

さらに、海水浴する際に持っていると便利なのが、余分なTシャツあるいはラッシュガードです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

\48h限定 P10倍 1,780円/ラッシュガード レディース ≪365日品質...
価格:1780円(税込、送料無料) (2018/5/13時点)

 

海水浴中は海に夢中で、日焼け対策を怠ってしまいがちです。

 

日焼け止めクリームはこまめに塗り直す必要がありますが、海を楽しんでいるとついつい忘れてしまいますよね。

 

Tシャツやラッシュガードを身に付けていれば、多少日焼け止めを忘れるなど日焼け対策を怠ってしまっても、紫外線から肌を守れます。

 

また、日焼けを徹底的に回避したい場合にも、とても役立ちます。

 

旅行中は観光で外を歩き回るので、持って行く靴にも注意したいところです。

 

やはり、7月はとにかく暑いということを念頭に置いて、サンダルやミュールを基本にするのがおすすめです。

 

サンダルやミュールであれば、風通しもよく、何よりも蒸れずにすみます。

 

普通の靴でも良いですが、トレッキング以外にはあまりおすすめできません。

 

スニーカーを持参するとしても、メインはサンダル・ミュールにするようにしましょう。

 

また、海水浴などで海辺を散策するのであれば、ビーチサンダルがあると便利です。

 

おすすめ:沖縄本島の透明度の高いビーチ!おすすめランキングは?

スポンサーリンク

<7月の沖縄旅行に欠かせない持ち物は?>

荷物の画像

夏真っ盛りの7月の沖縄には、持って行くべきアイテムがたくさん。

 

まず、忘れてはならないのが日焼け止めグッズでしょう。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】ひにまけぬ UVクリーム SPF50+ PA++++美容液感覚で使う...
価格:3240円(税込、送料無料) (2018/5/21時点)

 

SPF50の日焼け止めクリームは必需品です。

 

7月の沖縄旅行では毎日体全体に日焼け止めクリームを塗るため、大量に使いまず。

 

すでに無くなりそうな日焼け止めクリームではなく、新しく購入したクリームを旅行に持っていきましょう。

 

また、旅行中は日傘が大活躍します。

 

日傘をさせば、体全体を直射日光から守れるので、絶対に焼けたくない方には手放せないアイテムです。

 

一方で、「手ぶらで観光したいから日傘は面倒だ」と思う人もいるでしょう。

 

その場合におすすめなのは、つば付きの帽子とアームカバーです。

 

つば付の帽子は、キャップではなく麦藁帽のように帽子全体につばがついているタイプがおすすめです。

 

帽子全体につばがついていれば、首の後ろの日焼けもカバーできます。

 

帽子は持ち運びしやすいように、気軽に折り畳んでカバンに入るようなものを選びましょう。

 

また、アームカバーは手の甲まで紫外線をカットしてくれるので、日傘をささなくても肌を直射日光にさらすことはありません。

 

100円ショップでも気軽に手に入れられるので、探してみてくださいね。

 

そして、さんさんと太陽の光の降り注ぐ7月の沖縄でぜひとも持っていたいアイテムが、サングラスです。

サングラスの画像

これを忘れてしまったら、かなり旅行しづらいといっても過言ではありません。

 

私も夏に沖縄を訪れましたが、晴れていると目をまともに開けられないほどまぶしいのが特徴的です。

 

先ほども確認したように、7月の沖縄の紫外線量は本土の1.5倍に及びます。

日差しの画像

目を守るためにも、サングラスを持参すると随分と楽に観光できるのですね。

 

このように、日焼け対策ではふだんの日焼け止めグッズに加え、サングラスを忘れないようにしましょう。

 

そして、暑さ対策の一環として持っていたいものが、マイペット・マイ水筒です。

水筒の画像

旅行中は炎天下の中、さまざまな観光場所をめぐるため、たくさん汗をかきます。

 

夏の時期は体から水分を逃したまま放っておくと、脱水症状になってしまいます。

 

旅行中に体調を崩さないためにも、適度な水分補給を行うよう心がける必要があるのですね。

 

ちなみに、出かける前日にホテルの冷凍庫に入れて、ペットボトルの中身を凍らせておくと、当日冷たい水・お茶を飲めます。

ペットボトルの画像

現地で飲み物を買うこともできますが、夏はかなりの水を飲むため、お金もかかります。

 

この季節だと1日にペットボトル3本ほどの水を飲むので、100円の水を買ったとしても1日300円、3泊4日の旅行であれば1,000円以上かかります。

 

お財布にも優しいので、ぜひマイペット・マイ水筒を持っていってみてくださいね。

 

おすすめ:沖縄旅行の夜を楽しもう!おすすめ観光スポットはどこ?

【まとめ】

7月の沖縄は、暑いというイメージがありますが、案外最高気温は他の地域と変わらないものなのですね。

 

ただ、十分注意したいのは紫外線だということが分かりました。

 

本当に夏の沖縄は目を悪くしそうなくらい、日の光がまぶしいので、サングラスは観光中手放せません。

 

忘れず、手元の取り出しやすい場所に入れておきましょう。

 

最後に、今回の記事が役に立ったと思ったら、ぜひSNSでシェアしてみてください。

 

また、記事のこの部分が面白かった、ここが意外だった、こんな情報も欲しい、などのご感想があれば、お気軽にコメントください。

 

みなさんからのコメントをもとに、旅行中心地よく過ごせるお手伝いのできる記事を執筆してまいります。

 

関連記事:8月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

関連記事:9月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

関連記事:10月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

関連記事:台風が7月の沖縄に来る確率は?過去データと対処法を紹介!

 

スポンサーリンク

 

 

 

-沖縄旅行

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.