学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

北海道旅行

7月の北海道の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

更新日:

北海道は7月に観光のベストシーズンをむかえます。

 

地元ならではのイベントや北海道ならではの豊かな自然を、快適な気候の中で楽しめるのです。

 

そんな贅沢な7月の北海道を安心して旅行するためにも、具体的な気温や服装・持ち物を確認したいところ。

 

早速、この記事で7月の北海道の気温やおすすめの服装、持ち物を確認していきましょう。

スポンサーリンク

7月の北海道の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

7月の北海道は観光シーズンをむかえ、旅行費が高くなるものの、さまざまなイベントが催されるので旅行には申し分のない季節です。

 

その上、気候も爽やかで過ごしやすく、お出かけ日和の日が多いのも魅力的。

 

具体的には7月の気温はどれくらいか、それに合わせてどんな服装が適切なのか、旅行前にはしっかりと確認しておきたいところです。

 

そこで、今回は7月の北海道の気温・服装・持ち物をご紹介しますね。

 

おすすめ:7月の北海道旅行!おすすめの観光スポットはどこ?

スポンサーリンク

<北海道の7月の気温は? 30℃を超える夏日も!>

北海道札幌の年間気温画像

7月の北海道は本州の暑さから逃れるにはぴったりの季節です。

 

陽射しは強くなるものの、湿気がなくカラッとしていて爽やかな気候が特徴的です。

 

太平洋側の地域は低い雲や霧に覆われることが多く、肌寒い日も多いものですが、全体的には過ごしやすい日が続きます。

北海道の花畑の画像

北海道の1年の中でも、最も夏らしい季節をむかえる7月、道内各地の実際の気温はどうなっているのでしょうか。

 

ここでは、札幌・旭川・函館・釧路の4都市の平均気温を確認してみましょう。

 

まず、札幌の平均気温は20.5℃、最高気温は24.9℃、最低気温は17.3℃、旭川の平均気温は20.2℃、25.8℃、最低気温は15.9℃となります。

札幌の画像

その一方、函館の平均気温は19.7℃、最高気温は23.4℃、最低気温は16.6℃、釧路の平均気温は15.3℃、最高気温は18.6℃、最低気温は12.8℃です。

 

平均気温には反映されていませんが、7月は気温が30℃を超える日もある、という点に注意したいところです。

温度計の画像

各都市の平均気温のデータで注目したいのは、最低気温が20℃を切っているということです。

 

したがって、朝晩は少し肌寒く感じるかもしれません。

 

外に出かける際には、軽く羽織れるようなものをカバンに入れておくことをおすすめします。

 

とくに、釧路は4都市のうち唯一平均気温が20℃を下回るので、札幌・旭川・函館方面から釧路へ移動する際には、服装に気をつけましょう。

北海道の鶴の画像

北海道がどれくらい涼しいのか把握するためにも、7月の東京・大阪・沖縄の気温も確認してみましょう。

 

東京の平均気温は25.0℃、最高気温は29.2℃、最低気温は21.8℃、大阪の平均気温は27.4℃、最高気温は31.6℃、最低気温は24.3℃、そして沖縄の平均気温は28.9℃、最高気温は31.8℃、最低気温は26.8℃となります。

東京駅の画像

札幌と比較してみると、東京は4℃ほど温かく、大阪・沖縄は7℃ほど温かいことが分かります。

 

このように気温を確認してみると7月の北海道は、本州の6月くらいの気温であると考えておけば良いでしょう。

紫陽花と日傘の画像

ただ、本州の6月は梅雨に見舞われますが、北海道の7月はカラッとしていて過ごしやすいという点が大きな違いです。

 

さらに、この時期の北海道は日照時間も長くなるため、朝早くから夜遅くまで目一杯観光を楽しめます。

 

気候が良い上に学生の方は夏休みをむかえる時期なので、旅行費用は1年の中でも最も高くなりますが、観光にはぴったりの過ごしやすい気候です。

スポンサーリンク

<7月の北海道の服装は? 羽織りものは忘れずに!>

女子二人組、カーディガンを着ている女性の画像

夏をむかえた7月の北海道ですが、この時期には一体どんな服装を心がければ良いのでしょうか。

 

このシーズン中は、夏らしく半袖・半ズボンでもとくに問題ありません。

 

爽やかな気候ではありますが、日中は汗ばむことが多いので、涼しい恰好が気持ちよく過ごすためにも効果的です。

 

スカートを着用する場合、ストッキングや薄手のタイツなしでも過ごしやすい気候です。

 

ただ、最低気温は20℃を下回るので薄手の長袖シャツやカーディガンなどの羽織りものを持っていると安心です。

 

シャツやカーディガンは小さく折り畳んでカバンに入るようなものを選びましょう。

 

朝早くから観光スポットをめぐったり、夜に夜景を見に出かけたりする際にも羽織りものが重宝するので、忘れないよう用意しておきましょう。

 

道東に位置する釧路を訪れる場合、7月一杯は平均気温が20℃以下となるので、ジーンズなどをはじめとしたボトムスに薄い長そでシャツを組み合わせるとちょうど良いでしょう。

 

また、オホーツク地域や利尻・礼文島などの離島を訪れる際には、ジャケットが必要となります。

 

その他、森や山などに出かける際には、長袖・長ズボン・厚手の上着を着て出かけるようにしましょう。

 

どの地域を訪れるにしても、基本的に半袖・半ズボン、長ズボン・長そでをまんべんなくそろえておくことで、気温の変化に対応できます。

女子旅の女性二人組の画像

北海道の7月は気温が上がった日に夕立が来ることがあるので、レインコートや撥水性のパーカーなどをはじめとした雨具の用意も欠かせません。

 

いつ雨が降ってもいいように、常に持ち歩くように心がけましょう。

 

靴はサンダルでもとくに問題ありません。

 

ただ、サンダルだけだと朝晩の肌寒い時間帯に不便してしまうので、スニーカーやパンプスなども用意しておきましょう。

スポンサーリンク

<7月の北海道の持ち物は? 北海道も日焼けに注意!>

北海道の花畑の画像

7月の北海道旅行を快適に過ごすためにも、ちょっとしたアイテムが非常に役立ちます。

 

夏といえば女性にとっては日焼けが大敵ですよね。

 

北海道は高緯度だからそれほど陽射しは強くない、と思いがちですが、油断はなりません。

 

実は、7月の北海道でも紫外線対策は欠かせないのですね。

日焼け止めクリームの画像

日焼け止めクリームはぜひとも持参しておきたいところです。

 

また、絶対に焼けたくないのであれば、体全体を守ってくれる日傘を持ち歩くのがおすすめです。

 

日傘を持ち歩くのが面倒であれば、全体につばのついた帽子を持参しましょう。

 

帽子は簡単に折り畳めて、鞄に入れられるものを選びましょう。

 

そして、北海道の7月は天気に恵まれることが多いものの、気温が高い日には夕立に見舞われることがあります。

 

そのような気候に備えて、折り畳み傘やレインコート・ポンチョなどの雨具を用意しておくと安心です。

 

傘は晴雨兼用のもの選ぶと、荷物が少なくなって便利ですよ。

 

北海道の7月は気温を確認しても比較的過ごしやすい日が多いですが、中には30℃以上超える日もあります。

 

その日には喉が渇いて脱水症状になりやすくなるため、マイペットボトル・マイ水筒を持っていると安心です。

 

現地で調達するよりもお金がかからないので、ちょっとした節約にもおすすめです。

 

ペットボトルを持っていく場合は、ペットボトルホルダーを忘れないようにしましょう。

 

ホルダーがあれば、しばらく冷たいままの状態で水やお茶を飲めます。

スポンサーリンク

【まとめ】

気温の項目でも確認したように、7月の北海道は涼しく過ごせるのがメリットです。

 

このシーズンは観光客が多い季節で多少混雑するものの、暑さをしのぎつつ、7月の北海道の魅力を堪能できるのですね。

 

この季節は気候の面ではとくに不便なく観光できますが、やはり朝晩の肌寒さには注意したいところです。

 

夏気分で北海道に訪れても、薄手の羽織りものは忘れずに持ち歩きましょう。

 

最後に、今回の記事が役に立ったと思ったら、ぜひSNSでシェアしてみてください。

 

また、記事のこの部分が面白かった、ここが意外だったなどのご感想があれば、お気軽にお申し付けください。

 

みなさんからのコメントをもとに、旅行中も快適に過ごせるようなお役立ち記事を執筆してまいります。

 

関連記事:8月の北海道の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

関連記事:9月の北海道の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

関連記事:10月の北海道の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

スポンサーリンク

 

 

 

-北海道旅行

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.