学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

京都旅行

8月の京都の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

更新日:

8月に京都旅行するなら、気温・服装・持ち物はしっかりと下調べしておきたいところです。

 

というのも、この時期はとにかく暑く、自分の工夫次第で快適に過ごせるか否かが大きく変わるからです。

 

具体的に8月の京都はどれほど暑く、それに合わせてどんな服装・持ち物がおすすめなのでしょうか。

 

この記事では、これらの点についてご紹介します。

スポンサーリンク

8月の京都の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

8月の清水寺の画像

8月の京都は夏らしい風情あるイベント・お祭りが多く、観光のチャンスです。

 

ただ、難点は驚くほど暑いということ。

暑い画像

学生なら夏休み期間なので、京都を旅行しようと思うものの、気温や気候が心配ですよね。

 

そこで、今回は気温をはじめとして、8月の暑い京都でも快適に観光できる服装や持ち物をご紹介します。

 

まずは、気になる気温から見て行きましょう。

 

おすすめ:8月の京都旅行!おすすめの観光スポットはどこ?

スポンサーリンク

<35℃を超える! 8月の京都の気温は?>

京都の年間の気温画像

8月の京都は多くの方が想像する通り、毎日猛暑・真夏日が続きます。

 

梅雨が明けるとともに、連日30℃を超え、35℃を超える日もめずらしくありません。

30℃を超えている温度計の画像

それに加え、外に出るだけでも汗ばんでしまうような気候です。

 

このような状態がずっと続くので、暑さ対策とそれなりの覚悟は必須です。

 

この時期に適した服装・持ち物を準備するためにも、8月の実際の京都の気温を見てみましょう。

 

8月の京都の平均気温は28.2℃、最高気温は33.3℃、最低気温は24.3℃となっています。

 

注目すべき点は、最低気温ですね。

ビックリマークの画像

1日のうちでもっとも低い気温でも、25℃近くある日がほとんどです。

 

これは、1日中暑さから逃れられないことを示しています。

京都を着物で歩く女性の画像

ただ、早朝や夜は直接強い陽射しにさらされることはないので、その分過ごしやすいでしょう。

 

8月は夜まで楽しめる、夜に楽しめるイベントが多いので、暑さを避けて行動するなら夜の観光もおすすめです。

 

暑さは相変わらず厳しいですが、曇りの日は気温の上昇が抑えられるので、若干過ごしやすくなるでしょう。

 

さらに、京都の8月は暑いだけではなく、蒸し暑いのが特徴的です。

京都を着物で歩く女性の画像

その割には、雨が続くことはあまりありません。

 

ただ、暑い日には午後~夕方の時間帯に雷雨に見舞われることもあります。

 

京都旅行前はもちろん、旅行中も天気予報はしっかりと確認して、翌日の準備をしましょう。

 

夏の雷雨は数分、数時間で終わるので、1日雨で観光が台無しになることはありません。

 

そして、実は雨の降った後が観光のチャンスです。

京都の画像

雨が止むと気温も下がってひんやりとした空気になるので、暑い時には行づらいスポットに積極的に足を運んでみましょう。

スポンサーリンク

<京都の8月にぴったりの服装は? 通気性・吸収性がポイント!>

浴衣美人の画像

さて、京都の8月は容赦ない暑さに見舞われることが分かりました。

 

気温が低くても、25℃以上の猛暑となる日の多い8月の京都で快適に旅行するには、過ごしやすい服装を心がける必要があります。

 

服装選びで気をつけたいポイントは、通気性が良くて涼しい服装を選ぶことです。

 

うだるような暑さが特徴的な8月の京都では、このポイントをおさえた服装選びが肝心です。

 

基本的には、Tシャツにスカート、半ズボンで問題ありません。

 

毎日30℃を超える暑さの中で過ごすので、汗を吸収する生地の服を選ぶとよいでしょう。

 

8月はノースリーブのワンピースもとてもおすすめです。

 

Tシャツに短パンだと、どうしてもカジュアルすぎておしゃれを楽しめない、という方はノースリーブのワンピースを持っていると便利です。

 

ワンピースなら、トップスとボトムスの組み合わせを考えずに済むので、服の準備も簡単ですよね。

 

そして、暑い夏でも忘れてはならないのが、羽織りものです。

 

「30℃を超える真夏にどうして羽織りものが必要なの?」と不思議に思うかもしれません。

 

でも、これを忘れてしまっては、快適に観光できないのです。

 

なぜなら、外が暑くなればなるほど、屋内はクーラーが効いて肌寒くなるからです。

エアコンの画像

京都には価値の高い美術館・博物館、文化財も多いため、8月の暑い時期は館内で過ごす機会も増えるでしょう。

 

せっかく京都でしか見れないものを見るのだから、寒いと言ってすぐに出るのはもったいないですよね。

 

長時間館内での観光を楽しむためにも、薄手の長袖シャツやカーディガンがあるとずいぶん過ごしやすくなります。

 

小さく折り畳めるので、鞄に入り、持ち運びにもさほど困りません。

 

そして、暑い夏は足元にも気を遣いたいところです。

 

この季節にベストなのは、歩きやすいサンダルです。

 

普通の靴では暑さで蒸れて不快ですよね。

 

できる限り涼しく過ごすためにも、風通しに優れたサンダルはとても重宝するのです。

 

もちろん、旅行中それほど移動がなく、歩きやすい道が多いのなら、ヒールでも良いでしょう。

 

でも、それなりに歩く機会が多いのなら、ヒールの低いサンダル、あるいはぺたんこサンダルが無難です。

 

サンダルならワンピースにもあわせやすいので、おしゃれにもなりますね。

 

また、夏らしく突然の雷雨に見舞われることもある8月の京都では、レインコートがあると便利です。

 

こちらも、長袖シャツやカーディガンなどの羽織りものと一緒にカバンに入れておくことで、持ち運びにも困りません。

スポンサーリンク

<あると便利! 京都の8月に必要な持ち物は?>

浴衣美人の画像

京都の夏は暑いぶん、それなりの暑さ対策が必要なので、持ち物も必然的に多くなります。

 

暑さ対策として持っていたいものは、扇子・うちわです。

うちわを持つ着物を着たじょせいの画像

これがあるだけで、ずいぶんと涼しく過ごせます。

 

夏の京都では、レンタルのゆかたを着て観光できるので、ゆかたに合いそうな扇子・うちわがあると楽しめますね。

 

そして、忘れてはならないのがマイペット・マイ水筒です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サーモス 真空断熱ケータイマグ 500mL JNO-501
価格:2380円(税込、送料無料) (2018/6/6時点)

 

8月の京都はとても蒸し暑く、汗をたくさんかくので体から水分が抜けてしまいます。

 

このような状態だと脱水症状になりやすいのですね。

 

旅行途中で具合悪くならないためにも、水分補給はこまめにできるように準備しておきたいところ。

 

手元に常に水筒・マイペットがあれば、お金もかけずに水分補給できるので、とても便利です。

 

ちなみに、前日に水やお茶を入れたまま冷凍庫で凍らせておくと、当日の観光中に暑さでバテたとき、生きかえります。

 

さらに、強烈な太陽の陽射しが降り注ぐ8月に欠かせないのが、日焼け止めグッズです。

新緑の画像

女性にとっては忘れてはならないアイテムですよね。

 

まず、一番に用意しておきたいのが日焼け止めクリームです。

 

8月は陽射しが強いので、強めの日焼け止めクリームを用意しておくと安心です。

帽子とサングラスと日焼け止めクリームの画像

できる限りSPF50のクリームを選び、2~3時間ごとに塗り直すよう心がけましょう。

 

その次に役立つのが日傘です。

日傘を差した女性の画像

観光では外を歩き回ることが多い上に、夏は肌の露出も多くなるので紫外線にさらされやすくなります。

 

日焼け止めクリームをつけておけばひとまず安心ですが、太陽の光を直接浴びるとやはり肌へのダメージは大きくなります。

 

ダメージを軽くするためにも、しっかりと日傘で体を太陽の光を遮ることが大切です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料 楽天日傘1位 完全遮光 遮光率100% UV遮蔽率100% 1級遮光 ...
価格:3980円(税込、送料無料) (2018/6/6時点)

京都の夏は突然雨が降ることも多いので、晴雨兼用の日傘を用意しておくと重宝します。

 

傘をささずに手ぶらで歩くのなら、帽子は必須です。

できれば、キャップではなく、帽子の周りにつばのついたものを持って行ことをおすすめします。

 

これなら、日焼けしやすい首の後ろもしっかりと陽射しから守れますよ。

 

ちなみに、帽子はなるべく小さく折り畳めるものを選ぶと荷物になりません。

 

さらに日焼け止めを徹底したいなら、UVカットのアームカバーを着用しましょう。

日焼けしやすい腕や手の甲を覆ってくれるので、旅行で絶対に焼きたくない人にはおすすめです。

 

京都の8月、快晴に恵まれた日は太陽の光がとてもまぶしいので、外を中心に観光する予定ならサングラスもおすすめです。

 

紫外線は目にもダメージを与えるので、この時期はとくに目を守れるようにサングラスを持ち歩きましょう。

 

おすすめ:京都でおすすめの人気で安い着物レンタル店!清水寺からすぐ!

【まとめ】

8月の京都は、下手をすれば真夏の沖縄よりも暑いです。

 

これも盆地地形ならではの地形によるものです。

 

ただ8月の京都は、涼しくなる夜に満喫できるイベントが多いのがうれしい点。

 

暑さに弱いのなら、日が出ている間は美術館・博物館・寺院内をめぐり、夕方から夜に外に出て観光するのがおすすめです。

 

日本全国の中でもトップの暑さを誇るので、くれぐれも熱中症にならないよう、水分補給・涼しい恰好を心がけてくださいね。

 

最後に、今回の記事が役に立ったと思ったら、ぜひSNSでシェアしてみてください。

 

また、記事のこの部分が面白かった、ここが意外だったなどのご感想があればお気軽にコメントください。

 

みなさんからのコメントをもとに、旅行中もっと快適に・便利に・楽しく過ごせるような記事を執筆してまいります。

 

関連記事:9月の京都の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

関連記事:10月の京都の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

関連記事:11月の京都旅行!気温や服装、おすすめ観光スポットを紹介!

スポンサーリンク

 

 

 

-京都旅行

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.