学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

北海道旅行

8月の北海道旅行!おすすめの観光スポットやイベントはどこ?

更新日:

8月の北海道旅行では、見るだけでもわくわくする写真の撮れる観光スポットが目白押し。

 

フォトジェニックな風景、躍動感あるお祭りなど、シャッターを切りたくなるような観光ができます。

 

そんな8月の北海道の観光スポット・イベントとは一体どんなものなのでしょうか。

 

今回は、思い出に残る写真の撮れる観光スポット・イベントをご紹介します。

スポンサーリンク

8月の北海道旅行!おすすめの観光スポットやイベントはどこ?

気球の画像

夏真っ盛りをむかえる8月は、避暑として涼しい北海道に旅行に訪れたいですよね。

 

8月の北海道は写真に撮ってしまいたくなるような美しい景色、迫力ある景色をたくさん目にできます。

 

カメラを片手に旅行するには、最適な季節なのですね。

 

一体どんな観光スポット・イベントでそのような景色に出会えるのでしょうか。

 

早速、この記事で確認してみましょう。

 

おすすめ:8月の北海道の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

スポンサーリンク

<北竜町 ひまわり畑>

向日葵の画像

北海道の夏を思い浮かべてみると、頭の中は地平線までつづくひまわり畑でいっぱいになるのではないでしょうか。

 

テレビでは見たことがあっても、ひまわり畑は実際に見てみるとやはり壮大です。

 

夏らしくひまわり畑の中に紛れ込んでみたいのなら、北海道のなかでも北竜町に訪れることをおすすめします。

北竜町の画像

北竜町は、ひまわりの作付面積が日本最大規模のひまわり畑で有名なのですね。

 

この街でひまわり畑を楽しむなら、「ひまわりの里」に足を運んでみましょう。

ひまわりの里の画像

ここは23.1ヘクタールの丘に250本のひまわりが咲いており、敷地内には「世界のヒマワリコーナー」や「ひまわり迷路」があります。

 

まるで子供の頃にもどったかのように、ひまわり畑の中を冒険したくなりますね。

 

さまざまな品種のひまわりが植えられているので、花をじっくりと鑑賞しながら散策するのがポイントです。

 

ちなみに、ひまわりの里ではひまわりを使ったスイーツが話題を呼んでいます。

 

そのスイーツとは、ひまわりソフト。

このソフトにはひまわりの種が練り込んであり、ナッツのような芳しいフレーバーが大人気。

 

ひまわりソフトなど、めったに食べられるものではないので、ひまわりソフトのためにここを訪れても惜しくないくらいです。

 

ただ、ひまわりソフトはひまわりの見ごろである7月中旬から8月の第3週ごろまでの限定販売です。

 

さらに、ひまわりまつりでは縁日や太鼓演奏、ステージイベントなども開催されます。

向日葵の里の画像

また、おまつり期間中はひまわり畑をめぐる遊覧車、レンタルサイクルもあります。

 

涼しい風に当たりながら、雄大な北海道の大地に根を張るひまわりの生命力を感じてみましょう。

 

これなら、お友達同士はもちろん、カップルや家族連れの方も十分満喫できますね。

 

おすすめ:職場や家族、彼氏に贈る北海道のおすすめのお土産!感謝をこめて!

 

スポンサーリンク

<北海道バルーンフェスティバル>

バルーンフェスティバルの画像

写真を撮るのが趣味、あるいはきれい・かわいい写真をインスタグラムに載せるのが好きな方には、北海道バルーンフェスティバルがおすすめです。

 

北海道の大空にぽっかりと浮かび上がる熱気球を、フレームいっぱいにおさめられます。

バルーンフェスティバルの画像

北海道バルーンフェスティバルは、北海道の十勝平野に位置する上士幌町(かみしほろちょう)で毎年8月上旬に行われます。

 

このイベントの開催目的は、熱気球を使った競技です。

 

@saitomokitiがシェアした投稿 -

熱気球の競技は、風が穏やかな時間帯が好都合です。

 

そのため、早朝の5時半から6時ごろにかけては、会場からたくさんの熱気球が離陸する光景を見られます。

 

朝早く清々しい大空を飛んでゆくカラフルな気球の写真は、思わずひきつけられてしまいますね。

 

熱気球の競技は、早朝・昼間だけではありません。

 

実は夜にも行われており、真っ暗な夜空を熱気球のバーナーが彩ります。

バーナーは繰り返し点灯しますが、1度の点灯はおよそ20秒で、軽快な音楽に合わせて点いたり消えたりします。

 

これが15分∼20分程度つづき、光のショーが演出されるのですね。

 

イルミネーションとはちがったユニークな夜の光を満喫できるので、旅のスパイスになりますね。

 

ところで、せっかく熱気球を見るのなら、自分も乗り込んでみたいと思いませんか?

会場内では、熱気球体験搭乗ができてしまうのですね。

 

実際に頭上のバーナーの音・熱気を感じたり、地上30mほどの場所から下に広がる景色が見られたり。

ふだん決して見られないものに触れられる、ワクワクするような体験ができるのですね。

 

さらに、車いすのままで搭乗できる熱気球も用意されているので、足や腰の弱い方も十分楽しめます。

 

大空をふわふわと浮遊するなんて、めったにできない体験なので、ここに来たからには気球にも乗ってみたいところです。

 

ちなみに会場には、十勝グルメを味わえる屋台がたくさん立ち並びます。

屋台の画像

ファンタジーのような美しい熱気球の景色を見ながら、地元の名産品を使ったグルメをいただけるなんて贅沢ですよね。

 

濃厚なジェラート、北海道の肉料理の他にも、北海道限定ビールであるサッポロクラシックも味わいつくせます。

 

のんびりと過ごしつつ、SNS映えする写真、美味しいグルメ、空を飛ぶ体験を満喫するなら、上士幌町のバルーンフェスティバルがぴったりですね。

 

おすすめ:インスタ映えする写真の撮り方!ピース以外の撮影ポーズとは?

 

スポンサーリンク

<登別地獄祭り>

 

kimiyaさん(@kimiya_kur)がシェアした投稿 -

涼しい北海道で、夏の温泉を満喫しに登別温泉に訪れるのも楽しいですよね。

 

とくに、8月末の登別温泉では登別地獄祭りが開催されるため、夏らしい盛り上がりを見せます。

 

登別温泉では、年に一度地獄谷の釜のフタが開いて、閻魔大王がたくさんの赤鬼・青鬼を連れて温泉街に姿を現すという言い伝えが語り継がれています。

 

この言い伝えに基づいて、8月末になると例年地獄祭りが開催されるのですね。

 

このお祭りの見どころは、閻魔大王からくり山車です。

名前の通り、山車に閻魔大王の大きな顔がついており、ものすごい形相で進んでいきます。

 

その高さは何と6mにもおよび、迫力とスリルに飲み込まれそうになりますね。

 

山車の上に乗った閻魔大王の表情が変わるのも見どころです。

 

この他にも、重さ1トンにも及ぶ鬼みこしを100人の若者が威勢よくかつぐ鬼みこし暴れ練り込み、地獄ばやしが鳴り響く鬼踊り大群舞など、熱いパフォーマンスを満喫できます。

なかなかスリルがあってユニークなお祭りなので、一味違う夏祭りを体験したいならば楽しめるイベントですよ。

 

そして、お祭りの最後は花火大会で締めくくられます。

 

花火の打ち上げは夜の9時から行われるので、ゆっくりと花火を見てから宿に戻って温泉に浸かるプランも素敵ですね。

 

おすすめ:北海道海産物のおすすめのお土産は?贈った相手を笑顔にする海の幸!

スポンサーリンク

<ほっと一息 森彦>

 

MiwaNina.Eirさん(@mini.eir)がシェアした投稿 -

夏の北海道旅行で札幌に行く予定があるなら、この街の古民家カフェとして有名な森彦と呼ばれるカフェを訪ねてみましょう。

 

ここの魅力は、木のぬくもりがほっとする内装、そしてレトロな雰囲気漂う外装です。

 

ゆったりのんびりとくつろげるカフェなので、時間を忘れて居座ってしまいそうになります。

 

このお店のコーヒーは、自社工場で念入りに焙煎された豆を使っており、香り高い点が特徴的です。

 

おすすめのコーヒーは、森彦限定の「森の雫」です。

まろやかな後味が特徴的なコーヒーで、女性も飲みやすいのがうれしいですね。

 

このコーヒーを目当てに訪ねてくるお客さんも多いので、試してみてくださいね。

 

また、10時間以上もかけて抽出した水出しコーヒーも見逃せない一品です。

 

コーヒー特有の苦み・酸味がおさえられた水出しコーヒーは、ひんやりと冷えていて夏にはぴったりです。

 

コーヒーが苦手な人でも美味しく飲めるので、おすすめですよ。

 

コーヒー以外のスイーツや軽食も絶品。

 

ケーキやオーガニックの小麦食パンを使用したこんがりチーズトーストは、コーヒーとの相性が抜群です。

 

@natsuko811113がシェアした投稿 -

札幌観光中、小腹が空いた時にはぜひ立ち寄ってみたいお店ですね。

 

昼間は混雑することも多いですが、夜は比較的人が少なくゆっくりできるようです。

 

営業時間は10時から21時(ラストオーダーは20時30分)となるので、夕食後に一服コーヒーとケーキをいただくのも素敵ですね。

 

他にも、窓越しに路面電車が見える「アトリエ・モリヒコ」や元倉庫を改装した「Plantation」という姉妹店があるので、札幌に訪れたら巡ってみるのもおすすめです。

 

おすすめ:北海道の喜ばれるおすすめのお土産雑貨!マイナーから名物品まで!

 

【まとめ】

今回は8月の北海道旅行でおすすめの観光スポット・イベントをご紹介しました。

 

共通することは、どれも人を惹きつけるような可愛らしい・フォトジェニックな・迫力ある写真が撮れるということです。

 

スマホやカメラを持ち歩いて、ふだん取れないような素敵な写真を撮れば、SNSも楽しめるし、旅行が終わっても見返すたびに素敵な思い出がよみがえりますね。

 

最後に、今回の記事が面白いと思ったら、ぜひSNSでシェアしてみてください。

 

また、記事のこの部分が面白かった、ここが意外だったなどのご感想があれば、お気軽にコメントくださいね。

 

みなさんからのコメントをもとに、旅行の思い出が人生の宝物となるよう、お手伝いできる記事を執筆してまいります。

 

関連記事:9月の北海道旅行!おすすめの観光スポットはどこ?

関連記事:10月の北海道旅行!おすすめの観光スポットはどこ?

関連記事:11月の北海道旅行!おすすめの観光スポットはどこ?

スポンサーリンク

 

 

 

-北海道旅行

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.