学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

北海道旅行

10月の北海道旅行!おすすめの観光スポットやイベントはどこ?

更新日:

「10月は旅行に行きたいけれど、紅葉にはちょっと早いかな。」

 

それなら、北海道がおすすめです。

 

もちろん、この時期には紅葉だけでなく、おいしいグルメやあたたかい温泉も旅行で楽しめます。

 

10月の北海道は寒いので、温かいグルメや温泉には癒されますよね。

 

早速、この記事で10月の北海道旅行におすすめの観光スポット・イベントをご紹介します。

スポンサーリンク

10月の北海道旅行!おすすめの観光スポットやイベントはどこ?

10月の札幌の紅葉画像

出典元:http://www.tabirai.net/sightseeing/feature/hokkaido-sapporo-autumnleaves.aspx

秋真っ盛りの北海道を訪れるのなら、10月がおすすめ。

 

北海道の10月は、一足早く紅葉の見ごろをむかえます。

 

大自然の中、これほど美しい紅葉を見られる機会はめったにありません。

10月の札幌の紅葉画像

出典元:http://www.tabirai.net/sightseeing/feature/hokkaido-sapporo-autumnleaves.aspx

自然だけでなく、温かいグルメや温泉も、寒くなってくるこの季節には楽しめます。

 

そこで、今回は10月の北海道旅行におすすめの観光スポットをご紹介しますね。

スポンサーリンク

<オンネトー>

オンネトーの画像

出典元:http://obihiro-subaru.co.jp/1134/image2

全国に先駆けて、北海道では紅葉が見ごろをむかえます。

 

北海道と言えば静かで澄んだ湖、秋と言えば赤や黄色の紅葉ですよね。

 

この2つの贅沢なコラボを満喫できる場所があります。

 

5色に変わる湖と、その周りを彩る紅葉を楽しめるスポットがオンネトー。

オンネトーの紅葉の画像

出典元:http://www.discovernippon.jp/autumn/east/onnneto.html

ここは、道東の阿寒湖国立公園内にある景勝地として知られています。

 

10月上旬に紅葉の見ごろをむかえ、時間によって5色に変わりゆく湖とカエデ・シラカバなどの紅葉のコントラストが目の保養になります。

 

写真を撮影するにはぴったりの景勝地。

オンネトーの紅葉の画像

出典元:http://www.rurubu.com/news/detail.aspx?ArticleID=2616

この場所は、10月中旬から下旬にかけても立ち寄りたいスポットでもあります。

 

というのも、この時期は湖の向こう側にそびえる阿寒岳が、雪を被った姿を見せてくれるからです。

 

紅葉と湖、そして初冬の山の3つを同時に見られるのですね。

 

オンネトーでのおすすめは、湖畔散策です。

オンネトー の湖畔散策の画像

出典元:http://www.tabirai.net/sightseeing/tatsujin/0000119.aspx

ここには湖の周囲におよそ4kmの散策路が敷かれており、1時間で湖を周遊できます。

 

おまけに、オンネトーの西側には「湖畔展望台」があり、雌阿寒岳・阿寒富士を背景にした湖を見渡せます。

湖畔展望台のオンネトーの画像

出典元:http://shiny1793.hateblo.jp/entry/2013/10/03/224149

静寂に包まれた美しいオンネトーを見るなら、風のない早朝に訪れるのがコツです。

 

風のない早朝は、紅葉が湖に鏡のように映りこみ、実物の紅葉と水面の紅葉どちらが本物なのか分からないほど。

オンネトーの紅葉の画像

出典元:https://matome.naver.jp/odai/2137919831811376201/2137919901111687003

昼前から風が吹き、水面が波立ちはじめるため、写真を撮るには早朝がおすすめなのです。

 

写真が趣味なら、ぜひここを訪れてみてくださいね。

 

ちなみに、湖畔には10時から17時まで営業している「オンネトー茶屋」があるので、食事・休憩にも困りません。

ネオトー茶屋の画像

出典元:https://blog.goo.ne.jp/akkii83/e/73bc89d242b098c0c399b78ae141cd0f

この土地ならではの食材を使った「コロッケふきづくし定食」、「熊笹ギョーザ」など、めずらしい料理を堪能できますよ。

オンネトー茶屋のコロッケふきづくし定食の画像

出典元:https://tabelog.com/hokkaido/A0111/A011101/1007391/

熊笹餃子のオンネトーの画像

出典元:https://blogs.yahoo.co.jp/dachshund_taro/55913962.html

秋の北海道の自然を見るなら、オンネトーに勝るものはありません。

 

おすすめ:インスタ映えする写真の撮り方!ピース以外の撮影ポーズとは?

 

スポンサーリンク

<札幌名物・スープカリー>

スープカリーの画像

出典元:http://www.pictame.com/user/cafeouchi/1752375507

次第に寒い冬へと移り変わってゆく北海道では、体の温まるグルメが何よりの楽しみです。

 

朝晩は10℃以下まで下がる10月の札幌では、名物のスープカリーがおすすめなのですね。

カレー&ごはんカフェ Ouchiのスープカリーの画像

出典元:http://curry.chikuwachan.com/ouchi/

 

スープカリーとは、ルーのようなとろっとしたカレーではなく、サラサラとしたスープが特徴的なカレーです。

 

「カレー風味のスパイススープ」と言えば想像しやすいでしょうか。

 

スープの中には、ジャガイモや玉ねぎなどがぶつ切りに、骨つきチキンや魚介類がゴロッと入っています。

カレー&ごはんカフェ Ouchiの画像

出典元:http://curry.chikuwachan.com/ouchi/

お店によって具は違いますが、どれもスプーンで簡単にほぐれるほど、柔らかく煮込まれています。

 

スパイスはそれぞれのお店による独自の調合なので、スープカリーの深みの違いを楽しめるのが魅力。

 

スープカリーのお店は札幌市内にたくさんありますが、女性におすすめなお店は「カレー&ごはんカフェ Ouchi」。

カレー&ごはんカフェ Ouchiの画像

出典元:https://gajousan.exblog.jp/23228238/

ここの自慢は、オーナーが農場で育てた無農薬にこだわった野菜、そしてハーブを加えたスープカリーです。

 

新鮮な北海道野菜がたっぷりのスープカリーは、健康や美容にやさしいのですね。

 

もちろん、チキンや豚角煮などのお肉もバランス良く楽しめます。

 

店内にはイラストの描かれたブラックボード、そしてパイプ椅子と机などが置かれており、とてもおしゃれ。

カレー&ごはんカフェ Ouchiの画像

出典元:https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010102/1000598/

静かな隠れ家的なカフェで、スープカリーを食べながら、お友達とゆっくりくつろげますね。

 

ところで、なぜ札幌ではスープカリーが名物になっているのか、不思議に思いませんか。

?の画像

すこし、札幌のスープカリーの由来に触れてみましょう。

 

1970年代から札幌で薬膳カリーを出すお店が見られるようになり、1990年代には本格的なスープカリーブームが訪れました。

 

そして、2000年には札幌名物に。

 

実は、スープカリーの歴史は「少年よ、大志を抱け」で知られるクラーク博士にはじまります。

クラーク博士はバランスのとれた食事として、ライスカレーを勧めていました。

 

これがきっかけで、スープカリーの文化が花開いていったのですね、

 

こんな豆知識も思い出しながら、気になるスープカリー屋さんを渡り歩いてみてはいかがでしょうか。

 

おすすめ:少年よ大志を抱けの続きは何?クラーク博士の生涯とは?

スポンサーリンク

<能取湖(のとろこ)のサンゴ草>

能取湖の画像

出典元:http://samurai-japan.co/404

北海道には自然を楽しめるスポットが至る所にありますが、どのスポットもオリジナルな魅力を持っていますよね。

 

ここでは、10月上旬ならではの一風変わった自然観光スポット、能取湖のサンゴ草をご紹介します。

 

能取湖は北海道道東、網走市に位置する塩水湖。

 

オホーツク海と繋がっている、めずらしい湖です。

 

ここでは、初秋になるとサンゴ草と呼ばれるサンゴのような真っ赤な植物が一面に見られるのですね。

例年9月中旬から10月上旬に見ごろをむかえるこのサンゴ草は、葉のないめずらしい草。

 

高さは15cm~30cmほどの一年草で、見ごろをむかえると赤色の絨毯のような柔らかな景色が見られます。

 

つぶつぶとした形は、本当にサンゴを髣髴とさせます。

 

ここには木道が敷かれており、30分から1時間程度かけてのんびりと赤いサンゴ草の咲く湖の上を散策できます。

 

ありがたいことに入場は無料、そのうえ好きな時間帯に散策できるのですね。

能取湖の画像

出典元:http://www.tabirai.net/sightseeing/column/0001172.aspx

サンゴ草が見ごろをむかえる時期は、例年20万人ほどの観光客が訪れます、

 

そのため昼間は観光客でにぎわっており、写真を撮りにくいのが難点。

 

きれいな写真を撮るなら、やはり早朝がおすすめ。

能取湖の画像

出典元:https://matome.naver.jp/odai/2138060388493926101/2141525583472616503

めずらしい草なので写真に撮って、帰ったら家族や友達にお土産話としてサンゴ草のことを紹介しても楽しいですね。

 

また、注意点としては満潮時にはサンゴ草を観賞しにくくなる、ということが挙げられます。

 

能取湖はオホーツク海につながる塩水湖なので、満潮・干潮によってサンゴ草の見やすさが変わるのです。

 

満潮時にはサンゴ草が水に沈んで見えなくなるので、この時間帯は避けるようにしましょう。

 

おすすめ:北海道を満喫するならここ!女子旅におすすめの自然スポット!

スポンサーリンク

<定山渓(じょうざんけい)温泉>

定山渓温泉街の画像

出典元:https://matome.naver.jp/odai/2144473757545507501/2144474260050589403

冬の寒さを感じる10月の北海道旅行では、温泉で冷えた体を温め、日ごろの疲れを取りたいものですよね。

 

札幌観光のついでにぜひ寄りたい温泉、それが定山渓温泉です。

 

札幌からは車で45分、とてもアクセスしやすい場所にあります。

 

定山渓温泉には、数々の温泉施設がありますが、その中でもとくに女性の日帰り湯におすすめなのが「定山渓鶴雅リゾートスパ森の謌」です。

定山渓鶴雅リゾートスパ森の謌の画像

出典元:https://www.agoda.com/

ここの日帰り湯は、ランチまたはディナービュッフェ付きプランが魅力。

 

温泉は、2種類。

 

森林の光が降り注ぐ、天井まで届くガラス張りの大浴場と、木々に囲まれた自然豊かな露天風呂。

定山渓鶴雅リゾートスパ森の謌の温泉画像

出典元:https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/107757/107757_onsen.html

定山渓鶴雅リゾートスパ森の謌の温泉の画像

出典元:https://rlx.jp/25766/

外の景色を楽しんで、移ろいゆく季節を感じながら、ゆったりと湯船に浸かることができます。

 

一方、ビュッフェは″食べたいものがなんでもある森のおとぎ話のレストラン″がテーマとなっています。

定山渓鶴雅リゾートスパ森の謌のビッフェの画像

出典元:http://jozankei.jp/jozankei-tsuruga-resort-spa-morinouta-buffet/587

ホテルのパティシエによる、12種類ほどの本格スイーツ、鉄板焼きコーナーなど、多彩な料理に心もお腹も満たされますね。

 

おまけに、第2・4水曜日はスイーツデー。

定山渓鶴雅リゾートスパ森の謌のデザートの画像

出典元:https://www.hotpepper.jp/strJ000952622/food/

ふだんの2倍の種類のスイーツが並びます。

 

スイーツ好きの女性には、とてもうれしいサービスではないでしょうか。

 

具体的に、日帰りプランは「ランチビュッフェ+入浴(税別3,000円)」、「グループランチ+入浴(税別4,000円)」、「ディナービュッフェ(税別7,000円)」、「日帰りエステプラン5,400円」の4種類です。

定山渓鶴雅リゾートスパ森の謌のチラシ画像

出典元:http://dourouren.com/archives/2286

ちょっと贅沢に温泉を楽しむには、ぴったりの日帰りプランですね。

 

おすすめ:登別温泉(北海道)の日帰り入浴おすすめランキング!露天風呂付も!

 

スポンサーリンク

<北一ヴェネツィア美術館>

北一ヴェネツィア美術館の画像

出典元:http://photozou.jp/photo/show/150113/153105719

気候を考慮に入れたプランを立てるのも、北海道旅行を成功させるコツ。

 

10月の北海道は、雨の降る日が多いのが難点です。

 

こんなときのためにも、室内観光のプランも立てておきましょう。

 

雨の日の観光は、ガラスの街・小樽がおすすめです。

小樽の画像

出典元:https://plat.navitime.co.jp/article/TBNarticle22174/

小樽なら外の散策はもちろん、たくさんのガラスショップが密集しているので、雨が降っていても楽にお店をめぐれます。

 

中でも、時間をかけて見学できるのが北一ヴェネツィア美術館です。

北一ヴェネツィア美術館の画像

出典元:http://www.shiribeshi-i.net/

この美術館はヴェネツィアのグラッシィ宮殿をモデルにした宮殿。

 

館内には3,000点ほどのヴェネツィアガラスが展示されており、壮麗なガラス細工の技術には時間を忘れて見とれてしまいます。

 

ガラスだけでなく、ヴェネツィアの文化的な成熟期である18世紀イタリア貴族の部屋も見どころです。

 

さらに、館内2階の衣装文化体験コーナーでは、イタリア貴族の衣装を着て記念撮影できます。

北一ヴェネツィア美術館の貸し衣装の画像

出典元:http://otaru-sakaimachi.com/

女子旅で遊び心満載の、めずらしい体験をするにはぴったりですね。

 

さらに、館内5階は優雅にケーキやコーヒーをいただけるカフェが併設されています。

北一ヴェネツィア美術館のカフェの画像

出典元:http://www.tabirai.net/sightseeing/column/0001425.aspx

雨の降る中でも、北一ヴェネツィア美術館なら、豊かなひとときを過ごせますよ。

 

入館料は大人一人700円。

 

札幌から北一ヴェネツィア美術館の最寄り駅「南小樽駅」までは電車で30分。

南小樽駅の画像

出典元:http://www.misakitty-station.com/sub2-minamiotaru.htm

これなら気軽に訪れることができますね。

 

おすすめ:初めて小樽旅行!観光スポットや温泉、グルメも一挙ご紹介!

 

【まとめ】

大自然に、グルメに、温泉に…。

 

10月の北海道は申し分ないくらい贅沢できるシーズンです。

 

紅葉まっさかりなので、この時期はとくに紅葉スポットを散策すると秋らしい北海道旅行になりますよ。

 

最後に、今回の記事が役に立ったと思ったら、ぜひSNSでシェアしてみてください。

 

また、記事のこの部分が面白かった、ここが意外だったなどのご感想があれば、お気軽にコメントくださいね。

 

みなさんからのコメントをもとに、北海道旅行が忘れられないものになるような記事を執筆してまいります。

 

関連記事:11月の北海道旅行!おすすめの観光スポットはどこ?

関連記事:12月の北海道旅行!おすすめの観光スポットを紹介!

関連記事:1月の北海道旅行!おすすめの観光スポットはどこ?

スポンサーリンク

 

 

 

-北海道旅行

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.