学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

恋愛哲学

彼氏が喜ぶクリスマスのメッセージカードの例文・書き方を紹介!

更新日:

「クリスマスのメッセージカードで、彼氏を喜ばせたいな!」

 

大好きな彼氏には、何度も読み返したくなるメッセージを書きたいですよね。

 

でも、ふだん手紙でのやり取りは少なく、心をこめたメッセージを綴るのに悩んでしまう。

 

そこで、この記事ではクリスマスに向けて、彼氏が喜ぶメッセージカードの例文・書き方のポイントをご紹介しますね。

スポンサーリンク

彼氏が喜ぶクリスマスのメッセージカードの例文・書き方を紹介!

指差しで案内する画像

今年のクリスマスプレセントには、彼氏が喜ぶメッセージカードを添えてみませんか。

 

プレゼントだけでは大事な恋人に気持ちを伝えきれません。

 

気持ちは言葉だけで伝えるものではありませんが、ある程度はメッセージにして伝える必要があります。

クリスマスのメッセージカードの画像

彼氏に伝えたいことをクリスマスのメッセージカードにして残す。

 

このようにして、お互いの関係が深まるのですね。

 

この記事では、彼氏が喜ぶメッセージカードづくりのポイントと例文をご紹介します。

 

まずは、ポイントから確認しましょう。

 

おすすめ:自分磨きノート(シンデレラノート)の書き方や作り方のコツ! 

スポンサーリンク

<メッセージカードのポイントとは?>

ライティングの画像

彼氏が思わずうれしくなって読んでしまうクリスマスのメッセージカード、つくりたくありませんか。

 

そのためには、いくつかのポイントがあります。

 

そのポイントとは、1つ目に「尊敬の気持ちを伝えること」、2つ目に「感謝と喜びの気持ちを伝えること」、3つ目に「愛情を伝えること」です。

アイデアの画像

なぜ、この3つが大切なのか分かるでしょうか。

 

「受け取ってうれしい気分になる言葉だから」という理由だけではないのですね。

 

人間の本能に基づく、もっと深い理由があります。

 

実はこの3ポイント、男性が女性から受け取りたいと求めているものです。

ハートの画像

性別に限らず、人は誰でも他人から認められたいという承認欲求をもっています。

 

この承認欲求を他人が満たしてくれるのは、とても嬉しいこと。

 

しかし、異性に満たしてもらった場合には、満足度が何倍にも膨れ上がります。

やじるしの画像

特に、男性の場合は女性と異なり、″社会で闘う性″という性質を生まれながらもっています。

 

そのため、同性から褒められることがあっても、同じライバルである限り、本当に認められている、という癒しは感じられません。

 

そのような世界に生きる彼氏を喜ばせられる立場にいるのが彼女です。

 

この″特権″を賢く活かすことで、彼氏は「彼女といると自分が認められているようで、とても安心する。自尊心を持てて元気が出る。」と思えるようになります。

 

こう思ってもらうことで、彼氏にとって手放せない唯一無二の存在になれるのです。

 

″単なる彼女″であるよりも、″かけがえのないパートナー″になりたいですよね。

赤い糸の画像

ポイントとしては「尊敬」、「感謝」、「愛情」の3つを取り上げましたが、この中でも特に重視すべきものは「尊敬」です。

 

特に、彼氏との付き合いが長い場合、あるいはこれから長期的な関係を築きたい場合には、このポイントを含めることで関係が深まります。

 

なぜならば、尊敬は時が経っても薄れないものだからです。

カレンダーの画像

よく、長年連れ添った夫婦の間には、愛情以上に尊敬と信頼があるといいます。

 

カップルは長い間一緒に過ごしていると、″マンネリ″と呼ばれる状態に行き着きますよね。

 

それでも、仲睦まじい関係を続けていけるカップルは、仲の良い夫婦のように、互いを尊敬しあえているのですね。

老夫婦の画像

尊敬の念は、日ごろからさりげなく伝えることが大切ですが、クリスマスのメッセージカードはその気持ちをじっくりと伝えられる数少ない手段です。

 

では、どのように尊敬の念を伝えれば良いか。

 

それは次の例文の項目で確かめましょう。

 

「尊敬」の次に大切なのは、「感謝」と「愛情」です。

ありがとうの画像

「いつもありがとう。大好きだよ。」という言葉は、男性に自信を持たせてくれます。

 

愛されているという感覚、そして自分の存在を認め、味方についてくれるという感覚は、相手に安心感を与えます。

 

男性は滅多に「好きだよ」という言葉を発しませんが、女性からの愛情表現の言葉を待っています。

仲良しの人形の画像

女性から「私のこと好き?」と聞かれるのはあまり好きではないけれど、女性から「好き」と言われるのは嬉しく感じる男性が多いのです。

 

実際に、クリスマスのメッセージカードを書くときには、このような点を頭の隅から引っ張り出してみましょう。

 

おすすめ:正月に彼氏の親へ挨拶!女性におすすめの服装と髪型は?

スポンサーリンク

<交際期間別! クリスマスのメッセージカードの例文>

案内するOLの画像

彼氏に喜んでもらえるクリスマスカードのポイントをおさえたら、早速メッセージを書いてみましょう。

 

でも、いざメッセージを書き綴ろうとすると、筆が止まってしまいますよね。

 

そこで、この項目では執筆に手間取ったとき、参考にできる例文をご紹介します。

 

交際期間によってメッセージの内容は異なるので、自分の状況に合わせた例文を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

・交際をはじめたばかり(6か月未満)

ノートパソコンを見ながら笑顔の女性の画像

「〇〇くん

 

メリークリスマス! 一緒にむかえる初めてのクリスマスだね。

 

こうして大事な人と同じ時間を過ごせることを、私はとてもありがたく思います。

 

まだ付き合って日は浅いけれど、すでに○○くんと一緒に過ごした時間は私にとって、とても思い出深いものです。

 

ただ話しているだけで幸せ。

 

たくさんの経験を重ね、自分をしっかりと持ちつつも、広い視野で物事を見ることのできる〇〇くんをとても尊敬しているよ。

 

あらゆる事柄を色んな角度から考える○○くんと過ごすことで、私はいつも成長させられています。

 

〇〇くんは、私の世界に新しい風を吹き込んでくれた人です。

 

出会えて本当に良かった。

 

ありがとう。

 

ふだんはあまり伝えられていないけれど、大好きだよ。

 

これからが楽しみ。仲良く過ごそうね。

 

□□より」

 

交際がまだ1年未満の場合には、上の例文のように交際期間は短くとも、一緒に過ごした時間が印象的であること、そして今後も2人で楽しく過ごせることをうれしく思っているということを盛り込むとよいでしょう。

指差しであんなにするOLの画像

「尊敬」「感謝」「愛情」の3つのポイントに+αでこの要素を加えれば、かけがえのない存在であることを上手に伝えられます。

 

おすすめ:正月に彼氏の両親に喜んでもらえる手土産選びのコツ!

スポンサーリンク

・交際を重ねて1年以上

紅茶を飲む美人女性の画像

「〇〇くん

 

クリスマスおめでとう。

 

今年もこうして一緒にクリスマスをむかえられることに、大きな喜びを感じています。

 

気づけばもう、付き合い始めてから1年以上経ってるね。

 

お互いのことは、それなりに分かるようになってきたけれども、次から次へと〇〇くんとやってみたいこと、話してみたいことが湧き出てきます。

 

自分にはこれ、と決めたことに身を削って取り組む〇〇くんを、私はとても尊敬しています。

 

1つのことに集中して取り組むという長所は私にはない。

 

だから、とても刺激になるよ。

 

ほんの少しでも前に進んで行こうとする〇〇くんの姿は、私自身の成長にもつながっているよ。

 

これからも一緒に過ごせる時間を大切にしたいな。

 

いつもありがとう。

 

大好きだよ。

 

□□より」

 

交際を始めて1年以上経っている場合には、「それなりに同じ時間を過ごしてきたけれども、これからの楽しみがたくさんある」というニュアンスの言葉を入れるのがポイントです。

メガホンを持つOLの画像

長く一緒に過ごしていると、お互いの存在を当たり前に思ってしまいがち。

 

なんとなく一緒に過ごせることはとても喜ばしいこと。

 

でも、一緒に新しく挑戦したいことがたくさんある、という意思を伝えることで、お互いの関係に新たな風が吹き、仲が深まるのです。

 

おすすめ:バレンタインに彼氏や片思いの彼が喜ぶ手紙の例文!

スポンサーリンク

<自分らしいメッセージカードを書くには? 言葉にこだわろう!>

ボードを持って案内するOLの画像

さて、ここまで2パターンのメッセージを見てきましたが、何かに気づきませんか。

 

ちょっと工夫されている点、それはです・ます調の文体を織り交ぜているということです。

 

親しい間柄ではありますが、語尾をです・ます調にすることで、「あなたは大切な人」というメッセージを伝えられます。

ハート型の雲を手のヒラで支える画像

丁寧な言葉を使うことで、相手に尊敬の意を示すのです。

 

ふだんの会話では、親しみを込めて簡単な言葉や略語、若者言葉を多用しますよね。

 

でも、手紙というちょっと心の内を表現するメッセージカードでは、丁寧な言葉を使うことで心が伝わるのですね。

 

ふだんと違う言葉を使い、きれいな文章を書くことで、彼氏を惹きつけることができますよ。

 

また、話し言葉とです・ますを織り交ぜることで、堅くなりすぎず、柔らかな文章に仕上がるというメリットもあります。

言葉に気をつけることは、自分の感じ方を相手に伝えるだけでなく、相手の気持ちを考えることでもあります。

 

会話で発した言葉でさえ、相手の心にずっと残ります。

 

まして、何回でも文章を読み返せる手紙なら、なおさら心に残ります。

 

手紙という形で自分の言葉が残るということに注意して書いてみましょう。

手紙の画像

自ずと言葉選びに慎重になり、温かい気持ちのこもった手紙が書けるようになりますよ。

 

このように、言葉に少しこだわりをもつと、文章で自分らしさを表現できるようになるのです。

 

クリスマスのメッセージカードをきっかけに、文章の勉強を始めてみるのも面白いですよ。

 

おすすめ:彼氏が喜ぶ年賀状のメッセージ例文!LINEやメールにも応用可能!

スポンサーリンク

【まとめ】

メッセージカードをもらうと心が温かくなります。

 

時間を置いて読み返してみると、相手の心がよく伝わって温かい気持ちになりますよね。

 

喧嘩したときや、お互いの関係が上手く行かないときに、気持ちを落ち着けて手紙を読んでもらえたら、仲直りのきっかけにもなる。

 

感謝の気持ちは、伝えられるときにたくさん伝えておくことが大切なのです。

 

最後に、今回の記事と関連して、「こんなクリスマスメッセージを贈ったら喜んでくれた」などの体験談があれば、ぜひコメントしてくださいね。

 

ご一緒に素敵なメッセージカードをつくりましょう。

 

関連記事:大学生の彼氏と初めてのクリスマス!おすすめのプレゼントは? 

関連記事:クリスマスに彼氏の家で作るおすすめの手料理は?【動画付き】

関連記事:バレンタインに彼氏が喜ぶ手紙の例文!片思いの告白向けも!

スポンサーリンク

 

 

 

-恋愛哲学

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.