学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

マッサージ講座

マッサージの練習相手の見つけ方!ネットで募集してみよう!

更新日:

マッサージの練習相手を見つけたいけど、リアルでは友達も少ないし親や兄弟、親せきなどに受けてもらうのも飽きた。

 

もっと客観的な意見を聞きたい。

 

そんなあなたの為に、インターネットを使ったマッサージの練習相手の募集方法について解説致します。

スポンサーリンク

マッサージの練習相手の見つけ方!ネットで募集してみよう!

腰のマッサージを受けている画像

マッサージの練習相手はインターネットのサイトで募集します。

 

インターネットを使えばいたるところで募集が可能です。簡単なのは自分のブログを作って募集するという事です。

ブログ編

ブログタイトル:マッサージを仕事にしているOOのブログ。

募集タイトル:千葉でマッサージを練習させてくれる相手を募集中。

募集内容:マッサージの仕事について技術向上のために練習させてくれる相手を募集しています。お金は一切頂きませんが、時間として120分~180分(3時間)の確保をお願い致します。

 

マッサージ内容は、足つぼとボディケアで最低90分を予定しています。足つぼ30分、ボディケア60分です。もし受けていただいてもしよければ追加でハンドケアやオイルマッサージを30分位追加するかもしれません。

 

開催日時は土日の10時~16時の間で考えています。ご興味がありましたらご連絡ください。

 

こんな感じで自分のブログのトップページに記載しておくことが重要です。

 

もちろんこれだけでは無理ですが、次はアクセスを集める記事をどんどんと投稿していきます。

スポンサードリンク

アクセスを集める記事

マッサージを受けている女性の画像

アクセスを集める記事は、マッサージネタです。

 

例えば仕事にしているのであれば、今日お客にサービスしました。すごく硬いお客がいてキツカッタ。暇だった、忙しかった、マッサージを受けに行った話。勉強している話。などなど。

 

もっと上級なネタにしたい場合は、腰痛や肩こりの直し方などを記載してもいいでしょう。ただリラクゼーションセラピストの方がこういうネタを取り扱うのはちょっと法的にまずいような気がしますね。

 

なので、腰の疲れを取るストレッチや食べ物などのお話が無難だと思います。

 

まずはこういうネタを大量にアップすることで反応される方がでてきますよ。

 

ブログを例に挙げましたが、他にはフェイスブックやツイッターでも同じです。

 

トップページにはマッサージ募集にして、投稿はマッサージに関するネタを多く投稿する。

 

あとはプロフィールにはマッサージ店で働いていて技術向上を考えて練習していますや精進していることを記載しましょう。

 

まずは実際にここ辺りまでは自分でやってみてくださいね。「センスがいい人は」私に教わらなくてもこれだけの情報で集められます。

 

ただ、大半の方がは無理でしょうね。。。

 

なぜなら、他にもマッサージを募集している男性は多々いるからです。実は、、、まだまだ細かな秘密があります。

 

それを今回は特別に公開してしまいましょう。

プロフィール編

 

美女が図書館でメモ書きしている画像

まず、名前なのですが、、、

 

そうです、まずは名前なんです。。。(^_^;) 名前?と思ったかもしれませんが、、、名前で、反応率が2倍、3倍、、、5倍、、、10倍と変わるのです。。。><

 

本当は有料ネタなのですが、私は他にもたくさんの情報を持っているので公開します。

 

名前で例えば、狩野と言う名前だったらどうでしょうか??? 5股をして女子高生とトラブルになりさらに離婚もされている。。。

 

あとは、他にも名前だけでいろいろな印象がでてきますよね。。。江頭。。。 どうでしょうか? お笑いのセンスがあるかもしれませんが、マッサージをしてもらいたいとは思いませんよね。

 

美神(みかみ)さんと言う人がいたらどうでしょうか? なんとなく美しく気品があふれるような印象がありませんか?

 

健司(けんじ)さんと言う人だったらどうでしょうか? マッサージと言うか健康に気をつけた人と言う無意識的な印象があるのではないでしょうか。

 

そうなんです。。。 実は、、、プロフィールは名前が8割です。。。 名前は練習相手だけを募集したいのであれば、自分の名前ではなく、お客が反応しやすい名前にしましょう。

 

どうしても自分の名前でやりたい場合は、技術が身についてから自分の名前にしましょう。両方いっぺんに手に入れるのではなく、1個づつ手に入れてからステップアップしましょう。

 

他のプロフィールは、自分が書きたい事を書くのではなく、マッサージを受けたい人が聞きたい事を書くのです。

 

例:私自身仕事で疲れた時によくマッサージにはお世話になっていました。そして、受けているうちに自分もマッサージの仕事に興味を持ち仕事にしたいと思い転職しました。今はまだまだ下手くそですが、お店で働いているので素人さんよりかは当然上手いです。お金は頂きませんので、感想を頂ける方で練習相手になってくれる人がいたらコメント・メッセージください。

 

こんな感じで読む人が聞きたい事を書いていきます。

 

このようにプロフィールと言うのは、名前と自己紹介の2つで構成されています。ここでこけると記事が良くても全く反応しません。

スポンサードリンク

記事編

マッサージをしている女性の画像

お役立ち記事、体験記事、肯定記事の3構成です。

 

他にも色々とあるのですが、まずはこの3構成を投稿していくだけでも十分です。

お役立ち記事

お役立ち記事と言うのは読者さんが読んでいて役に立つような記事です。

 

例えば肩こりの解消方法、むくみの解消方法、花粉症に効くツボ、足つぼマッサージや肩のマッサージの説明や動画などなど。

 

こういう読者が見聞きして役に立つネタを投稿します。

 

ただ、調べながら書くのが苦手の場合は、自分はこういう事に困っていてこういうのが役にたったなどのネタでも可能です。

 

例えば、自分の場合はマッサージをしていて、タオルワークでテストに落ちたのですが、タオルワークで落ちるって今ならいちゃもんだとわかります(笑)

 

などと今の自分ならわかりますが、当時は本当に悩みました。タオルワークだと?

 

今現在お店で勤務していますが、タオルワーク(笑)綺麗好きの俺がと言う感じですよ。たぶん、部屋も車もかなり綺麗と昔から言われる自分がタオルワークで落ちるわけがないんですよね。。。

 

仮にタオルワークで落ちていたら教えていた先生が悪いです。これは私の体験ですが、わかりにくいかもしれませんが、タオルワークで悩んでいる人には響く内容です。

 

などと自分が過去に困ったネタなどでも良いでしょう。

体験記事

体験記事と言うのは、マッサージを募集してマッサージをした体験を書きます。

 

こないだ35歳の女性をマッサージさせていただきました。私のブログに興味があるとメッセージを頂き待ち合わせをしてホテルでマッサージさせていただきました。

 

彼女は35歳位の身長155㎝位、髪の毛は茶髪でロングヘアーのソバージュ、かわいい系の女性です。OLさんで仕事が忙しくてマッサージを受けるのが好きで受けたかったとのこと。

 

駅前で待ち合わせをして最初こそ緊張しましたが、最初の一声は、声が思ったよりも良かったと言っていただきました。女性は意外なところを気にするんだなと思いそのままホテルに向かいました。

 

メッセージのやり取りでマッサージをする場所は、このエリアのホテルで考えていますと伝えていたので特に問題もなく、ただ、私はその周辺のホテルには疎かったため、少し探すのに時間がかかりました。

 

マッサージは最初は先にシャワーを浴びていただき、その次にボディケアとオイルマッサージをさせていただきました。ふくらはぎが張っている女性で軽い圧でも効いているのが伝わってきます。

 

太ももはかなり細いのでふくらはぎ7割、太もも3割ぐらいの時間配分にしました。あとは足裏を刺激し血行を良くします。

 

彼女に力加減を聞くと大丈夫ですとの事でこのままの力加減で進めました。腰の圧は自分は得意だったのでちょっと長めです。(^_^;) ただ細い腰なので力加減は軽めです。

 

男性は腰が疲れやすいので力を入れてもいいのですが、女性は腰は細く筋肉も少ないので軽めです。マッサージでも女性は首肩の方が疲れる方が多く、男性は腰ですね。

 

なので背中から肩、首のマッサージを長めにしました。乾燥肌だったのでオイルをしっかりと塗布して流します。オイルは無香料のベビーオイルです。背中の際から肩甲骨、肩、首と丁寧に流します。

 

ホテルのベットだと顔を横に向けるのでそのあたりは長時間同じ姿勢は疲れそうだなと思い、何か改善策を考えています。

 

その後、フィードバックをもらいましたがオイルマッサージでは、「アロマを用意してほしい」「私は大丈夫ですが紙パンツが欲しい女性もいるかも」「私で良ければまだお願いします」が特に印象てきでした。

 

体験ネタはちょっとこれを1記事にするのは長すぎるので、分けて肉付けをされると良いと思います。

肯定記事

肯定記事というは、マッサージを受けるのは良い事ですよと承認してあげることです。

 

疲れをためることの弊害は血流が悪くなりお肌の張りはなくなり、仕事や恋愛の効率が悪くなります。

 

マッサージを受けることで仕事や恋愛の相手の反応は上がるので結果的に良い時間の使い方になります。

 

失敗してからあの時に、こんな事をしておけばよかったでは遅いのです。そういう意味ではマッサージを受けることは自分へのご褒美であり自分や周りに対するマナーなのです。

 

自分が笑顔でいれば周りの人に対しても幸せを分けてあげられる行為であり、相手の為でもあります。

 

私も疲れた時にはよくマッサージを受けに行きます。もちろんその際はお金を払って受けに行きますが、受けて終わると自分がいかに疲れていたかよくわかります。

 

受ける前はこのまま行けるかなと思いますが、受けて終わると自分の仕事の質が上がるので結果的に受けたほうが安いです。

 

なので疲れているなら我慢せずに疲れは解消したほうがいいですよ。

 

などと、相手を肯定する記事を書きます。

 

こういう内容で読者は躊躇している気持ちから一歩踏み出そうと思ってくれるのです。

 

この辺りの記事を沢山投稿すれば自然と読者は申し込みしてきますよ。

まとめ

ブログ、フェイスブック、ツイッターなどもプロフィールと募集の2構成です。

 

プロフィールは名前と自己紹介の2構成で成り立っています。

 

記事は、お役立ち記事、体験記事、肯定記事の3構成です。

 

これで通常であればマッサージの練習相手を「0円」で見つけることができます。

 

まずは募集してみてくださいね。

 

関連記事:リラクゼーションセラピストの1か月目、1年目3年目の辛い事!

関連記事:リラクゼーションセラピスト研修を受けてすぐに辞めたら罰金?

関連記事:マッサージでオナラは止めよう!もし出てしまったら。

-マッサージ講座

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.