学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

マッサージ講座

リラクゼーションセラピストって客についてない時、何しているの?

更新日:

リラクゼーションセラピストって客についていない時って、「裏で」何をしているのと思いませんか?

 

時間になってお店に行ったら、待っていない時とか、何しているんだろうなと私は思う事があります。

 

指名していっているのに、時間に待っていないって、、、普通待っています。そのあたりをリラクゼーションセラピストの私が解説致します。

スポンサーリンク

リラクゼーションセラピストって客についてない時、何しているの?

女子高生が考えて?のイメージ画像

客についていない時は、基本的に何もしていません。

 

この仕事って、メインがマッサージなんですよね。あと、別に細かい仕事って、オープンと閉めの作業時しかないんです。

 

オープン時にはタオル用意したり、看板出したり、旗出したり、お金を数えたり、出勤する人の名前をボードに貼ったりとそんな感じです。

 

閉店時は、本日の売り上げとお金があっているかの確認。合っていなければそれぞれのスタッフの売り上げと照らし合わせる。

 

あとは、忘れ物がないか確認したり、洗濯物を干して帰ったりですかね。

スポンサードリンク

1、2980円のお店の場合

肩のマッサージ画像

2980円の激安店の場合は、店長さんとかいないので基本的には裏の控室でスマホをいじっていたり、おしゃべりしていたり、しています。

 

あとは、1名だけ受付にたって、電話番だったり、受付だったり、そのあたりはお店によって違います。

 

自分がいたお店は、監視カメラがあり、誰かしら受付に立つようにしていました。ただ、後半はなぁなぁになり誰もたたなくなり、連絡もこなくなりましたね。

 

お店が起動に乗っていれば、そこまでうるさくはないです。ただ携帯に直接連絡が来る人もいたようです。

2、1時間5,000円の路面店の場合

右の太ももを機械でセルライトマッサージ画像

これは結構うるさくて、チラシ配りとかしに行ったりします。

 

やっぱり値段が値段で高いので、ずっとお店にいても客が来ない事もあるので、2名づつに分かれて駅前の東側と、西側に分かれてチラシを配りに行ったりしていましたね。

 

あとこういう高いお店は、、、休憩があっても1時間位で(食事時)以外は、チラシ配りです。。。歩合制ので業務委託のくせにですよ。

 

あとは、暇なときは練習が多かった気がします。一番厳しい気がしますね。。。

スポンサードリンク

3、お風呂屋さんの場合

エステでデコルテマッサージの画像

お風呂屋さんは、マネージャさんや本社の人が来る時だけはピリッとします。

 

あとはお風呂屋さんのお偉いさんが来る時や忙しい時間帯がピリッとします。それ以外は、「店長さん」の価値観に影響するですかね。

 

値段が高いので、厳しい店長さんの場合は練習させたり、「見てろ」と言う指示があります。あとは、普通の店長さんでも、「練習はさせます」値段が高いので。

 

あとは、練習台になったり、お風呂屋さんのお偉いさんの顔を覚えたり、人間関係を覚えたりですかね。

 

2980円や路面店のお店より人間関係が多くなるのでそのあたりは気を使います。

 

マッサージ以外の面でも、控室は合ったりするお店もあるのですが、出るときはエアコンと電機は切れ、ドアは半分空けとけ、だったり色々と細かい事や独自ルールがあります。

4、ホテルの場合

全体的なマッサージ画像

 

ホテルの場合は、電話番とマッサージ部隊が分かれています。

 

電話番が電話を取ってくれて、仕事を振り分けられます。OO時からOO号室に行ってください。と言う連絡があります。基本的にやる事はかなり少ないですが、

 

マッサージに求められる技術は一番高いです。値段が一番高いので。

 

で、客についていない時は何をしているか、「テレビがあるのでテレビを見ている」人もいたり、寝ている人もいたり、喫煙所でタバコを吸っている人もいたり、コンビニに行っている人も。

 

ただ、控室があるので基本的には控室にいます。

 

スタートがホテルは遅いので、来てから1時間とか2時間寝ていたり準備している人も多いですね。

 

部屋でタバコとかは吸えませんが、それ以外のスマホをいじっていたりは可能です。営業はほとんどないですね。

 

ホテル側からダメと言われたり、あまり派手な動きは好まれないようです。

スポンサードリンク

5、個人の場合

女性の肩もみマッサージをしている画像

個人でやっているお店の場合は、一番違う意味で忙しいかも。。。

 

すべて自分でやるので、集客用のブログを書いたり、動画を撮ったり、戦略を練ったり、本で勉強したり。。。

 

自分のペースですが、一番努力が必要ですね。ただ見返りも一番大きいですが、、、

 

ホントに客が来ない時は、どうしようと思いますよ。。。つかれていて寝ている場合もありますが。。。

 

客が来ないと、家賃がとか思ったり、1日3,000円の家賃+電気代+保険か、とか考えると、何もしなくても1日5,000円近く出て行っているので、、、考え物ですね。。。

 

客が入っていればいいのですが、入らない場合は本当に、雇われの方がいいのではないかと思ったりね。。。

 

個人で独立は、ある程度自分でも揉めて、客の指名が取れている人がするものですね。

まとめ

リラクゼーションセラピストは暇なときは、基本的に控室や裏でスマホをいじったり、お話しています。

 

ただ、高いお店程、チラシ配りや練習になったりします。収入に関しては激安店ほど少ないですが自由度は高いです。

 

逆に高いお店は収入も上がりますが、その分厳しくなります。

 

参考になれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

 

関連記事:手段と目的のお話!仕事はお金を稼ぐための手段に過ぎない!

関連記事:リラクゼーションセラピストの仕事に就こうか悩んでいるあなたへ!

関連記事:新人セラピストが下手くそでムカつく時どうしたらいいか?

-マッサージ講座

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.