学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

男性向けの恋愛情報

自分を肯定する人、認める人、評価してくれる人を客にしよう!

更新日:

どんな人と仲良くなったらいいのか。どんな人を客にしたらいいのか。誰を結婚相手のパートナーにしたらいいのか。

 

私自身、はっきりとわからなかった。

 

しかし、紆余曲折あり私なりの答えを見つけたので記載したいと思う。

スポンサーリンク

自分を肯定する人、認める人、評価してくれる人を客にしよう!

本田健さんの「きっとよくなる」と言う書籍を私は昔に買いました。

 

まだ20代だったかな、27歳の頃です。2005年に購入したと書籍に書いてありました。

 

当時は本田健さんの「ユダヤ人大富豪の教え」と言う書籍を購入し、すごいと思って本田健さんの書籍をよく読んでいたものです。

 

その中で、きっとよくなるに書いてある、「気に入ってくれる人だけを仕事の相手にする

 

の一文は、当時の私は全く理解できませんでしたが、「客を選ぶ?」って事なのかな?

 

本田健さんが不思議がっているから、よっぽど当たり前のビジネス知識とは違う感じなんだろうなと思っていました。

 

私はずっと理解できないまま、、、その後10年以上も。。。

 

そして、やっと、「自分の人生は自分で責任を持って生きる!」「良い事も悪い事もすべて自分の責任」と思えるようになり、

責任の画像

次に、対人関係を考えるようになりました。

 

どんな人と仲良くなったら良いのか。

 

そこで引っ掛かったのが、本田健さんのこの一言でした。

気に入ってくれる人だけを仕事の相手にするの画像

気に入ってくれる人だけを仕事の相手にする」この言葉は、私に違和感を与えた。

 

なぜなら、ごくごく当たり前に言われるのが、誰にメッセージを届けるのか、ターゲットが大事だと言われるから。

 

ただ、きっと2通りの人間がいるんだと思う。

 

自分発信からターゲット選定ができる人 or 自分の事を好きだと言ってくれる人を相手にできる柔軟タイプ

 

今思ったのが、長男・長女は自分からターゲット選定をしたり自分が好きな人が向くような気がする。

 

自分は次男だが、「気に入ってくれる人だけを仕事の相手にする」の方が向いているような気がした。

スポンサードリンク

他人にいい顔してなにになる

他人にいい顔してなにになるの書籍の画像

他人にいい顔してなにになるは、わたしはアダルトチルドレンだった頃、岩月健司さんの書籍を超・超・超読んでいたときの書籍です。

 

私にはすごく合った人で、私の人生を変えてくれた人です。

 

内容は、人付き合いで間違っている人がいる。「自分を肯定してくれる人」をないがしろにして、「自分を嫌う人を大事にしている」と指摘しています。

自分が好きな人とだけ付き合いなさいの画像

自分が好きな人、自分を肯定してくれる人、自分を好意的に見てくれる人を大事にしなさい。

 

逆に、自分を嫌う人、自分を認めない人、自分を否定的に見る人と距離を置きなさい。と言う内容の書籍だ。P123ページ~P133ページ位です。

自分を肯定してくれる人・自分を好いてくれる人とだけ付き合いなさいの画像

「自分を好いてくれる人」や「自分を肯定してくれる人」を優先するなんて当時の私にはなかった。(^_^;)

 

自分が好きな人を相手にする。自分が好きな人。。。それが100%でした。(^_^;)

 

でも、上手くいかない事があって、、、「対人関係選びを考えていたんです」

 

「友達の選び方」「客を選べ」「パートナー選び」なんかで沢山検索しました。

Q&Aの虫眼鏡画像

ネットでの情報は私にはちょっとピンとくるのがなかった。

 

ただもともと持っていた書籍2冊(本田健と岩月健司)と新しく購入した1冊(舞香)で自分なりの答えを見つけた。

 

自分を好きだと言ってくれる人、自分を肯定的に見てくれる人、自分を評価してくれる人だけと仲良くなろうと。チャレンジしてみることにしました。

 

そして、自分を評価しない人・肯定的に見ない人は距離を置くことにしました。

 

という事は、対人関係がかなり変わるという事です。

 

勇気」がいることです。

キラキラ輝く水晶の画像

でも、友達らしい友達もいないため、私には失うものがないんですよね(^_^;)

 

あとはもう、「自分を認める人と付き合う・自分を肯定してくれる人と付き合う・自分を評価する人と付き合う」の世界に行くしないと。。。

 

ただ、私は二人の情報では変わりません。いつもそうですね。3人同じことを言っている人がいると初めて受け入れるタイプのようです。

優しい世界

優しい世界に行ける書籍の画像

舞香さんの優しい世界の書籍。

 

この本は、たまたま他の舞香さんの書籍、魔法で生きるの書籍を購入して、それが良かったので、こちらの書籍も購入した流れです。

 

で、こちらの優しい世界の書籍では1ページだけ私にとって良い影響を与えました。

 

1ページだけって思うかもしれませんが、たったの1,500円ほどの書籍で自分の人生1個でも良い影響を与えて売れるのがあってもうね、素晴らしいです。

手からキラキラの魔法が出ている画像

それがね、私の記憶と解釈で書きます。多少の違う所もあると思いますがご了承ください。

 

「舞香さんは、起業した当時は付き合う人を選んでいなかった。だから、文句を言ってくる人に対して突っかかっていたと。

 

でも、付き合う人を選ぶようになってから良いお客さんがふえるようになりSNSでも良い人が集まってくるようになったとの事」

 

私、思いました。

 

「自分この感覚ない、この感覚欲しい」\(^o^)/

優しいお母さんと男の子が手をつないで公演を散歩している画像

私にはこの感覚欲しいとおもって、自分が持っている本を再度読みあさり、

 

本田健さんは、「気に入ってくれる人だけを仕事の相手にする」

 

岩月健司さんは、「自分を肯定してくれる人・認めてくれる人を相手にする」「自分を認めない・否定する人は遠ざける」

 

と書いてあり、舞香さんの書籍と合わせると3人になり私の中で、じゃぁやってみようと思ったのです!

 

自分が好きな人ではなく、「自分を認めてくれる人・肯定してくれる人、評価してくれる人」だけを近くに置くようにして、

 

その他の、「自分を否定する人、認めない人、評価しない人」は遠くに置くように決めました。

 

舞香さんの書籍がトリガー(きっかけ)を与え、本田健さんと岩月健司さんがブラッシュアップ(品質を良く)してくれました。

成功の階段を上るサラリーマン画像

もうここまでくると、人生の幸せが確定しまったような気がします。

 

世の中は色々な人がいるため、きっと自分を肯定してくれる人・認めてくれる人はいます。

 

そして、勇気を出して自分を出していく。最初こそ、否定する人が多いと思いますが、そこを乗り越えたら最高に楽しい、ハッピーで楽勝な人間関係が待っている気がしました。

 

ツイッターで読んだことですが、フォロワー3,000人までは文句を言う人もいるけど、それを超えるとファンと言うかそういうのができて、文句を言う人がいなくなるとの事。私は信じています。

クマのぬいぐるみがハートを持っている画像

変わったばかりの今の自分は、周りが違和感を感じているようで反発したり、文句を言ったり受け入れない人もいますが、私は覚悟を決めています。

 

もう、自分を肯定する人、認める人、評価してくれる人としか仲良くならないと。自分のエネルギーはそういう人にしか注がないと決めています。

 

誰かの為になんかきれいごとは言いません。自分が書きたいから書いただけです。

スポンサードリンク

まとめ

人間関係、私は昔は自分が好きな人とだけ関わっていた。でも、その中には嫌いな人も大勢含まれていて、私は知らず知らずのうちに疲れていた。

 

そして、舞香さんの一言によって私は勇気をもらい、本田健さん、岩月健司さんの書籍により自信をもらった。

 

私は「自分を評価する人、肯定する人、認める人としか関わらない」、「自分を否定する人、評価しない人とは関わりません」と決めました。

 

関連記事:綺麗な離婚方法ってある?調べてみた。

関連記事:結婚相手は欠点を補える人が良い?自分のコンプレックス知ってる?

関連記事:夢を叶える5ステップ!仕事も恋愛も簡単に引き寄せる!

-男性向けの恋愛情報

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.