学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

男性向けの恋愛情報

仕事とは手段!どんな気持ちを得たいか?

更新日:

仕事の選び方って色々ありますよね。

 

お金だったり、やりがいだったり、この2個をベースに、あとは、給料だったり、家からの距離感、休日、などなどで選ぶ人が多いのではないでしょうか?

 

自分もそうなのですが、ちょっと今回は変わった情報を入手し、「仕事はどんな気持ちを得たいか?」で選びましょうと言う人がいたので、同じような人がいるか調べてみたいと思いますます。

スポンサーリンク

仕事とは手段!どんな気持ちを得たいか?

結婚する幸せそうなカップルの画像

画像を選んでいた際に、とっても素敵な二人がいたのでこちらを選んでしまいました。(*^▽^*) 素敵ですね。

スポンサードリンク

ネイバーまとめから抜粋!

公園の綺麗な芝生の画像

・社会貢献、仕事とは社会貢献です。お金を得るだけではなく、他人に貢献できることが喜びです。

・自分を成長させる場所、仕事とはただ単にお金をもらう場所ではなく、接し方、仕事の取り組み方、進め方、その一つ一つが自分の成長になります。

・社会との繋がり、人とのつながりを考えたり人との縁を考えたりします。

・達成感を得るため、仕事とは生活をするための手段ですが、ほこりを持って取り組み、誇りを持って取り組み、矛盾や喜びを伴う、なすべきこと。

・人の役に立つ、自分にしかできない事を他人の為に使う事。一人では生きられず、多くの人に支えてもらっている、その恩返しです。

・自己の発見、営業を通して得意先からの長所・短所を教えてもらい、長所を伸ばし会社に利益をもたらす。

・生きがい、心身ともに豊かにすることが目的、楽しい事ややりがいを感じ、休日には趣味を楽しみ日々を充実させる。

2人目、仕事とは何の為にするのか

疑問?の画像

20代のうちは自分の為、30代40代は家族の為、50代は社会の為、

 

確かに今の私41歳では上記の答えが納得いきます。私はすでに周りの為に考え、周りの幸せも願うようになりました。不思議ですね。

 

・この方は仕事とは、「自立するため」と書かれています。

 

会社に自分の能力を販売し、収入を得て自分一人で食べて行けるようにするために「働く」のだと言われています。

 

この方にとっては、「それが本音」ではないでしょうかと書かれていました。

 

他には、自己成長の為、人脈を増やすため、お手本のような建前回答では、会社に貢献できる人材になるため、現場ではやりがいと自己成長も入れるとなお良しと語られています。

 

こんな気持ちを得たいから働くという人はまだいませんね。

スポンサードリンク

3人目、生活の為と言う回答はよろしくない。

和食の朝食画像

これは、面接で何のために働くのですか?と聞かれた際に、「生活の為」と答えるのは良くないと語られています。

 

「仕事を通して何を実現したいか考える」

 

例えば、会社に貢献して自己成長するためと答えたとしたら、なぜそう思ったのか答えると良いと語られています。

 

もう、どんな気持ちを得たいかと言う人はいないようなので違う方法で検索してみます。

 

今回もう、「doing being 気持ち」で検索しました。

 

理由は、長谷川朋美の書籍「やりたい事を全部やる人生」で書かれていたのが気になったからです。

4人目、やりたい事を全部やる人生

[itemlink post_id="30813"]

やりたい事を全部やる人生では、モチベーションについて語られています。

 

なんと言うか、長谷川朋美さんはモチベーションの質問を受けるようです。なんでそんなに「モチベーションを高く保ってられるのか?」と。

 

私なりの解釈では、みんな目標が何々になりたいだったり「形」。

 

形と言うのはdoing お金持ちになりたい、結婚したいなど。

 

そうじゃなくて、気持ちのbeingに注目する事。こんな気持ちを得たいとという事。

 

例えばハッピーな気持ちになりたいと考えて、洋服を買うとしましょう。でも、別のやり方でもハッピーは達成できるのではないかという事です。

 

私はこの書籍を読んで今回この記事を書こう・他にも同様に気持ちを大事にしている人がいるのかと思った次第です。

スポンサードリンク

5人目、コーチング初めてのセッションで言われた。

時計の画像

この彼は、コーチングを受けてコーチに言われたようです。

 

doingとbeingの違いを。doingは行動メインでbeingは「気持ち」を中心に。

 

どっちも大事だけど、この彼は過去はdoing中心だったようです。

 

この彼は、過去は、

・自分はこういう勉強をする必要がある

・役立つからこれをやろう

・困難にぶつかっても努力でどうにかするべき

 

彼は幼少期からこういいう行動をしていたようで、これが普通だと思っていたようです。

 

そして、beingの気持ちは軽視していたとの事。

 

自分の気持ちに鈍感だったから限界まで頑張ってしまっていた。。。

 

他人にアドバイスをした際には、「お前はできるけど、俺には無理だよ」と言われるケースがあったようです。

 

気持ちを無視してきたからできていた行為なんでしょうね。

 

で、今後は、気持ちにも注目して行動したいとの事。

一番喜ばせられるものを仕事にする?

赤いバラの花束の画像

どんな仕事も人を喜ばせたり感動させたりお金を得る事も可能です。

 

ただ、誰でも変わりがいるような仕事は給料は安いですよね。

 

でも、自分の努力したいでは、安い仕事でも高くすることは可能だと思います。

 

目先の利益ではなく、「自分の気持ち」を大事に重要視して行動してみるともしかしたら、とっても充実した人生になるかもしれません。

 

私自身もまだまだ勉強中で今回の記事を書いてみました。

まとめ

長谷川朋美さんは、高いモチベーションを保っていられるのは、「どんな気持ちを得たいか」を重要視しているからなんですね。

 

で、5人目の彼は、自分の気持ちに蓋をして努力してきたけれども、気持ちにも注目する必要があると気が付いたようです。

 

ストイックに努力する人は、どんな気持ちを得たくて努力しているのか自分を見つめ直してみるといいでしょう。

 

関連記事:他人の顔色を気にするのを止めたい!どうしたら自分ウケになれる?

関連記事:名誉や権力には無理して手に入れるな!それより満足度を求めよ!

関連記事:他人ウケより自分ウケと考えている人って何人位いる?

-男性向けの恋愛情報

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.