学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

男性向けの恋愛情報

共感してくれない父親!共感してくれる人に話せ!

更新日:

父親が共感してくれない、応援してくれない怒りがあり対人関係にトラブルが発生している。

 

これをどうしたらいいのかと考えてみた。原因は父親が共感してくれないから。ただ、ここで分析してみる。

 

「父親」に共感・応援してもらいたいのか。

 

それとも、「共感・応援」してもらいたいのか。だったら別の誰かでもいいのかって話。

 

で、もしかしたら、共感を求めて父親に話しているが、共感をしてくれる「相手」に話すのが良いのではないかと思い、今回他者の意見をリサーチしてみたいと思う。

スポンサーリンク

共感してくれない父親!共感してくれる人に話せ!

ハートを受け取る画像

検索キーワード 「話す相手を選ぶ」

 

今回は、最初から「話す相手を選ぶ」と言う、共感してくれる相手を選んでお話しましょうと言う前提で探すことにした。

 

共感してくれない父親に対して、なぜなど過去の原因を探すのではなく、幸せになるためにはどうしたらいいのかと言う未来志向で検索してみる事にした。

スポンサードリンク

1人目、話す相手を選ぶ

ポッキーを加えて見つめる美人女性の画像2

話す相手を選ぶ理由として、例えばブログで稼ぎたいとしましょう。

 

それを人に話すと、「えぇ~稼げるのは一部の人だけだよ」とかそういう事を言われるのが多いのでないでしょうか。

 

つまりせっかくのやる気がなえてしまうというわけです。

 

かといって、父の場合だと「そんな事をして何になるんだ」とか「ケェッ」とかって言われるとへこみますよね。。。

 

かといって、そういう人は、こちらがやる気を失ったからと言って「責任」を取るわけでもありません。。。

 

つまり、無責任に言いたい事を言ってくるのです。

 

さらに人は、行動した時としなかっ時では、しなかった時の方が後悔するのです。

 

仮にこれが「失敗してほしくない・損してほしくない」と言う想いであっても結果的に、気持ちがめいってしまっているわけです。

 

色々な状況にもよると思いますが、話す相手は選んだ方が良いとの事です。

 

私の感想としては、私自身、話す相手が悪いのではないかと言う仮説がありました。

 

もちろん先に書籍等で、自分を応援してくれる人、賞賛してくれる人、肯定的に見る人と付き合いなさい。自分を否定する人、嫌う人とは距離を置きなさいと書いている人がいたからです。

 

今回はそれをさらに確かめたく、他にも同じような考えをしている人がいるか調べている状態です。

2人目、話す相手を選ぶ、聞くのは技術が必要

カウンセリングをする画像2

まず、悩みを話したら、否定されたり嫌な気持ちになったケース

 

・そんなの考えすぎだよ

・前向きに考えなよ

・努力が足りない・勉強しろ

・ケェ

・ご先祖様に対する感謝が足りない。

 

私なりに色々な表現に変えましたが、色々と言われた事は多いのではないでしょうか。

 

中にはピッタリ内容もあって奮起する事もあるかもしれませんが、話して気持ちがへこんだり悲しくなってしまった場合は、話す相手を間違えています。。。

 

「聞く」と言うのは大変技術が必要な作業で、誰もが聞けるわけではないという事です。

 

私なりの感想としては、

 

「聞くのは技術」誰もが話を聞けるわけではない。話して気持ちがへこんでしまうような相手には話すべきではないとの事。

 

やはり話す相手は選ぶ出来だと思いました。

 

今回は二人にしました。

 

3人目も探していることはいたのですが、いまいち内容がピンとこなかったので。

 

ただこの二人でもかなり濃い内容なので参考になったのではないでしょうか。

スポンサードリンク

まとめ

私個人の感想としてはやはり話す相手は選ぶべきだと思いました。

 

元々、「人間関係が疲れるというのは、共感してくれない相手に共感してくれるように努力しているから」ではないかと思いました。

 

今後はちょっと、共感してくれる相手に最初から選んでお話してみたと思います。

 

関連記事:離婚して思う事!言葉と行動を選ぶ!

関連記事:特技を持ったら自分に自信が持てたお話!

関連記事:離婚した!正しいのか間違っているかわからない!

-男性向けの恋愛情報

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.