学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

マッサージ講座

手段と目的のお話!仕事はお金を稼ぐための手段に過ぎない!

更新日:

リラクゼーションセラピストの仕事を考えているあなた。

 

なぜ?」あなたはリラクゼーションセラピストの仕事を考えているのですか?

 

例えば、お客に喜ばれたい、長くできる仕事だからなどなどの求人に反応したケースはあるでしょう。

 

手段と目的が間違っていると、働いてからこんなはずではなかったと思う事になります。

スポンサーリンク

手段と目的のお話!仕事はお金を稼ぐための手段に過ぎない!

ハートとお金のマークの画像

リラクゼーションセラピストの仕事でよくある求人のうたい文句が、

 

1、お客に喜ばれる仕事をしませんか?

2、手に職を持てば長くできる仕事ですよ。

3、2,000円x8人=1万6,000円x22日=35万2,000円

 

なんて求人を私は見た事があります。

 

この業界、2013年ぐらいから始めていて、自分としては結構長いと思うので色々わかります。

1、お客に喜ばれる仕事について。

お客に喜ばれる?は喜ぶ客もいますが、最初の3か月はクレームもらいますよ。こんなはずじゃなかったと思う事もあるでしょうね。

 

全員が全員喜ぶわけではありませんし、「あなたがもともと持っているスキル」によって伸びしろが変わります。10年以上やっているのに下手くそな奴は下手ですし、3か月でも上手い奴は上手いです。

 

このポテンシャルの違いは大きくありますね。

2、手に職を持てば長くできる仕事ですよ。

確かにできることはできますが、若いころとちがって、「お客を長く揉んだり、何人も対応するのはきつくなってきます」

 

趣味だったり副業レベルならいいですが、長期的に考えるなら他の仕事や体力が落ちた場合についても考えるべきですね。

 

ホント求人って、、、って思いますよ。

3、2,000円x8人=1万6,000円x22日=35万2,000円

この求人は某激安店2,980円のお店の求人でみました。 1時間1,800円で揉むのが指名料込みで一人2,000円、8人全員指名で計算しているとかとんでもない奴ですよね。

 

テストで、100点満点で、5教科すべて100点を取れば東大に合格できます。うちの塾でもみたいな表現と同じですよ。これがどれだけやばいかわかりますよね。。。

 

しかも1日8人揉むって、、、スタッフが他に3人いたら、、、みんな24人位は揉んでいて、お断りが10人位いる計算ですよね。

 

仮に1日10時から~22時勤務の12時間勤務にして、店舗で1番じゃ1日8人は揉めませんので会社内で1番、(スタッフ100人位)のレベルです。

 

これなら1日8人考えられます。でも、疲れますよ。。。適当に揉んでいたら指名は入らないし客も逃げていきますし、、、とてもとても8人を毎日なんて無理。

 

まぁ、とんでもない求人だと思いました。現実的に不可能な求人。

 

で、ここからYouTubeで目的と手段について動画をアップしている人たちを調べました。

スポンサードリンク

1、目的と手段、仕事とは何のためにするのか?

この人、ビジネスをはじめたきっかけについてお話しているのですが、なんのビジネスかわかりませんけどね。

 

目的:自分の行動を方向付けるもの

手段:目的を達成するために行う行動

 

おなかがすいたら目的としてご飯を食べます。手段は自分で作ったり買ってきたり、外食だったり、さまざまな手段がある事を説明します。

 

「人は目的があいまいなまま」

 

求人票をみて決めている、仕事の目的をしっかり考えている人が少ない。「仕事の目的は収入を得る事」 なぜ、収入が必要か → 生活のため、 → どんな生活がしたいか → 家や趣味、子供、ライフスタイル。

 

自分のライフスタイルを考えて収入を考える人はほとんどいない。とこの方は言われています。

 

仕事選びもどのぐらいの収入が欲しいのか、自分のライフスタイルを考えて選んだ方がよくない?」と言うのがこの人にとって良いきっかけになったようです。

 

私の解説。

 

仕事は収入の為」と言われているのはとても良いと思います。収入を得られるって、基本的に仕事だけなんですよね。まぁ、恵んでもらうとかもありますが、ファンを作るなども、

 

ここでは、一般的にごくごく誰にでも当てはまりそうな事を考えて伝えますね。

 

仕事=収入の為、と考えると、リラクゼーションセラピストの仕事(お客に喜ばれるから、長くできる仕事だから)と言うのは当てはまらないんですよね。。。

 

リラクゼーションセラピストの仕事を考えている人で、お客に喜ばれるからとか手に職をもって長くできると考えるのであれば考え物ですよ。収入の優先順位が低いのであれば大丈夫ですけどね。

 

社会保険は入っていない、交通費は出さない、結構というかかなり「ブラック企業・ブラック業界」ですから。

2、パラグラフリーディング 与沢翼

大学受験でパラグラフリーディングを代ゼミで学んだ。早稲田大学の受験について語られています。

 

与沢翼さんは「弁護士になりたくて」早稲田大学を受験されたんですよね。

 

この動画は、「仕事は手段」と言うキーワードでYouTubeで検索していたときに出てきました。なんとなく興味深かったので。

 

1万文字ある文章を、「要約していくそうです」、セミナーでも講師が1個目2個目、だらだら話をするんですが、今の話はA、次の話はBと覚えていく。読書でも同じ。

 

こういうのをパラグラフリーディングを言うらしいです。

 

セールスレターでも同じで、メモをする際に「左手に自分の作品、右手に法則」にしているらしいです。書いていて話が飛びすぎていていよくわかりませんが、まとめると、

 

お客の声、差別化、メリット、などを書いていくと成果がでてくる。

 

多くの人はこれができない。と与沢翼さんは言われています。

 

私の解説:リラクゼーションセラピストの仕事を考えている人は、、、この動画は、、、そうですね、別にリラクゼーションセラピストの仕事じゃなくてもよくないと思いませんか?

 

仮に、仕事=収入を得るための手段、と考えると、この動画では成果を出すための手段が言われていました。

 

ホームページを作って(ブログでも良い)、「お客様の声、差別化、メリットを書く」すると、成果が出ると、

 

となると、、、別に成果が出せればリラクゼーションセラピストの仕事じゃなくてもよくないかって思いませんか?(^_^)

 

どうして、なぜ、リラクゼーションセラピストの仕事じゃないといけないんですか?

 

学力不問だから? 長くできそうな仕事だから? 稼げそうだから? まぁ、学力不問なら別に他にも仕事はありますし、長くできそうも他にあります。稼げそうでいうならリラクゼーションセラピストの仕事は、、、

 

独立して上手くいけば稼げますよ。

 

今回の与沢翼さんの動画は、リラクゼーションセラピストの仕事を「なぜ?」選ぶのかを考えさせられる動画でしたね。

スポンサードリンク

3、目的と手段を間違えるとしんどい

この方は、目的と手段を間違えるとしんどいとお話されて、「自分の中で明確化」しようと言っています。

 

目的:ブログのPVを増やしたい、YouTubeの再生回数を伸ばしたい

手段:投稿を増やす、タイトルを考える、質を上げる。

 

などと質問を受けるようです。

 

なぜ、ブログのPVを上げたいか、なぜ、YouTubeの再生回数をあげたいのか?

 

背景には何かしら、成し遂げたいゴールがあるわけですよ。

 

ブログをやっている人であれば、自社商品を広げたいという目的があって、手段としてブログのPVを上げたい、YouTubeの再生回数を上げたいなどあると思います。

 

手段の手段として、毎日投稿するやタイトルを考えるなど、、、

 

例えば、目的が自社商品を広めたいであれば、ブログのPVにこだわらなくてもよい。電話営業や広告でも良い! セミナーでも良いと。

 

他にもテレビに出るとか、紹介してもらうとか、直接営業もあります。

 

目的が明確化になれば、手段は沢山ある!!

 

「なぜ?」あなたはリラクゼーションセラピストの仕事を選ぶのですか?

なぜの画像 (2)

なぜが大事で、なぜブログをやっているのか、→ 自社商品があって商品を広めたい。とわかれば、ブログやYouTubeにとらわれなくなる。

 

とても良い動画ですね。

 

あなたはなぜリラクゼーションセラピストの仕事を選ぼうと考えていますか?

 

私は当時は、、、34歳で、仕事を選んでいました。自営をしていましたが上手く行かず、仕事は35歳までに選ばないとと思っていました。

 

でも、学歴は専門卒ですが、役立てられない専門で知識も吸収しておらずほぼ何もない状態です。見た目も身長も記憶力やこれと言った技術もなく。。。

 

でも、3,11を体験して、「海外に行ってもできる仕事」を考えていました。世界中(日本中)どこに行ってもできる仕事で長くできる仕事、さらに、「個人で出来る仕事」が良かったですね。

 

個人で出来る仕事はサラリーマン時代に対人関係でトラブルがあったりしたので、あまり人と協力しあってする仕事より、「自分の力で」と言うのが良かったです。

 

で、サラリーマン時代よくラフィネでマッサージを受けていて、この仕事は1時間で5,000円とか払うでしょ。1日5人来たら2万5,000円、めっちゃ儲かると思って始めました。

 

私の条件、「世界中(日本中)どこに行ってもできる、協力体制が少なく自分の力の方が反映される、儲かる」で選びましたね。

 

確かに世界中(日本中)どこに行ってもできます。協力体制は少ないです。ただ、儲かるだけはまだ達成できていませんでした。

 

これを書いていたら、もっと、「仕事=金を稼ぐ」が目的になっていいと思いました。私の場合はリラクゼーションセラピストの仕事=喜ばれるばかり考え気味なので、、、

 

仕事=金稼ぎと考えるともっと視野が広がって、自分が幸せになる気がしましたね。あと、周り、このリラクゼーションセラピストの仕事の業界って、「ガツガツしている人多い」んですよね。

 

特に、下手くそ程「ガツガツしている」

 

不思議ですけどね、

 

仕事はお金を稼ぐための手段でもあると考えるようにしたいと思います。

4、目的は稼ぎたいではなく、モテたい、手段は稼ぐじゃないですか?

この人の動画いいですね。。。

 

まさに核心をついている!!

 

リラクゼーションセラピストの仕事をしたらモテると思っていませんか? 女性にマッサージをしたら喜ばれるとか、お客からモテモテになるとか、、、

 

通常のお店ではありません。他にもスタッフがいますし女性客からそういうアピールはなかなかありませんね。

 

しいて言うなら、「指名&ロングコース」が入ったら興味があるアピールです。

 

これは私の場合と他の男性スタッフと女性客を見ていてもそう思いますね。間違いないと思います。

 

ただ、なかなか女性から「言葉」で伝えてくることは少ないです。そのためそういうのはこちらからアクションを起こす必要がありますね。

 

あとマッサージができたらモテるというのは、お店ではなかなか、技術だけを学んで、ネットでマッサージ相手を募集して提供すればいいと思いますよ。

 

本当にマッサージが上手ければマッサージ好きな女性からは好感度があがって再度会いたいとなりますから。

 

マッサージ受けたい人募集、で、マッサージする場所はレンタルサロンかホテルでマッサージすればいいと思います。途中に余計な食事とかは不要です。

 

そういう事をしている人もいますし、ちょっと知識があればネットでマッサージ相手を募集してマッサージはできますよ。

 

で、ブログやツイッターでマッサージ日記を書いていれば女性からアピールされることもあるでしょう。

 

これは、「目的がモテたい、手段がマッサージ」になりますね。なかなかおもしろかったです。

 

あなたがマッサージを学ぶ目的はなんですか?

 

私がマッサージを学ぶ目的には「モテたい」はなかったですね。その分、なんとも思わずマッサージでモテる方法は教えられる気がしました。

スポンサードリンク

お金を稼ぐのが楽しい?

お金・札束の画像

と、考えられたらどうでしょうか?

 

お金を稼げるのは仕事位しかないんですよね。。。

 

だから、楽しいと思いませんか?

 

私はリラクゼーションセラピストの仕事をしていて、「喜ばれる、長くできる」で選びました。しかし、現実は思ったほど喜ばれません。そして長くできるかと言うと限界がある事に気が付きました。

 

と考えると、なんだか、楽しみが半減してしまって、、、

 

喜ばれるって、、、正直指名は自分が満足するほどはもらっていますが。さらに余力を残してもらっていたのでなので結構価値は高くて、、、で、その後、お客を離さないために質をあげました。

 

当然、私を知っている客は驚いているお客さんもいました。。。しかし、、、一般客の反応は思ったよりも高くなかったです。。。

 

で、私は思ったんです、、、「喜ばれる・長くできる」と思ってやっていたけど、、、思ったほど喜ばれないし。。。

 

今の私ならもっと、、、稼げるで選んだ方がいいのかもと思いましたね。。。

 

きっとこれを人は行ったり来たりするんだと思います。 「喜ばれる仕事」 ⇔ 「稼げる仕事」

 

稼げている人が、人が喜ばれる仕事をと考えるようになったりもします。それは、稼げるだけでも飽きるんだと思います。。。ねぇ~

 

まぁ、参考になれば幸いです。

まとめ

リラクゼーションセラピストの仕事をするのは「手段」だと考えるのが良いと思います。

 

目的は何ですか? お金稼ぎ? マッサージができたら女性に喜ばれてモテると思っていますか?

 

もし客に喜ばれることが目的であれば、リラクゼーションセラピストの仕事じゃなくても趣味でマッサージ学んでネットで募集したり、技術だけ学んで家族や知り合いにするだけでも喜ばれますよ。

 

今回は手段と目的のお話でした。

 

関連記事:リラクゼーションセラピストの仕事に就こうか悩んでいるあなたへ!

関連記事:新人セラピストが下手くそでムカつく時どうしたらいいか?

関連記事:リラクゼーションセラピストの仲間にしていい人と悪い人!

-マッサージ講座

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.