学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

沖縄旅行

8月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

更新日:

8月の沖縄旅行では、台風をはじめとした気候や気温、そして季節に適した服装・持ち物がとても気になりますよね。

 

せっかくの観光シーズンなので、夏らしい沖縄を思う存分満喫したいところ。

 

そのためにも、準備はしっかりと進めておきたいですよね。

 

そこで、この記事では8月の沖縄の気温、おすすめの服装・持ち物をご紹介します。

スポンサーリンク

8月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

浴衣を着ている双子の姉妹の画像

8月の夏真っ盛りの沖縄は、海水浴にぴったりの観光シーズンをむかえます。

 

ただ、この時期は台風や暑さなど、8月特有の気候が旅行のキーポイントとなります。

 

過ごしやすく旅行するためには、ちょっとした工夫が必要。

 

さっそく、この記事で8月の沖縄の気温やおすすめの服装・持ち物について確認してみましょう。

 

まずは、気温から見て行きましょう。

 

おすすめ:8月の沖縄旅行!おすすめの観光スポットはどこ?

 

スポンサーサーリンク

<8月の沖縄の気温は? 本州ほど暑くないの?>

沖縄の気温の画像

8月の沖縄は夏本番をむかえ、紫外線量も東京の1.5倍になります。

 

毎日暑い日が続きますが、一体どの程度の暑さなのでしょうか。

 

さっそく、具体的な平均気温を確認してみましょう。

 

8月の沖縄は、平均気温は28.7℃、最高気温は31.5℃、最低気温は26.6℃となっています。

温度計の画像

沖縄というと常夏のイメージが付きまといますが、平均気温は30℃にも満たないのですね。

 

ましてや、最高気温が35℃以上になることも少ないようです。

 

さらに、7月よりも全体的に若干低めであることも事実です。

 

暑いのは確かですが、猛暑と呼べるほどの日がないのが意外ですね。

 

35℃以上の日も多い本州の方が、よっぽど暑いことが分かります。

 

沖縄は四方を海に囲まれているため、常に海から風が吹いており、それほど空気が暑くなりにくいのです。

沖縄のビーチの画像

8月は海水浴にも適した季節。

 

海水浴にでかけようと考えている人も多いのではないでしょうか。

 

この時期の平均水温は30℃であり、海に入ると生ぬるく感じます。

 

そのため、海から上がっても特別寒い思いはしないで済みます。

女性3組がビーチに座っている画像

寒がりの人でも、安心して海水浴を楽しめます。

 

ただ、一応タオルをもっていると、すぐ水気をふき取れるので、忘れないように準備しましょう。

 

何よりも、この時期心配なのは台風ではないでしょうか。

 

当然ながら、8月は台風の影響を避けられません。

 

というのも、8月の1か月間に沖縄に接近した平均数は、過去5年間で2.2個にまで及ぶためです。

雨のビーチの画像

台風は沖縄に直接上陸しなくても、天候に強く影響するので注意が必要です。

 

旅行はある程度事前に準備する必要があるため、なかなか台風の動きを前もって読むことはできませんが、旅行前には必ず天気予報で天気を確認するようにしましょう。

 

雨については、平均降水量は7月よりもかなり増え、240.5ミリとなります。

 

やはり台風の影響が大きいといえます。

 

台風でなくても、この時期は雨が降ることもあるので、雨具は常に備えておくようにしましょう。

 

ただ、台風のこない間は比較的天候が安定しており、マリンレジャー・海水浴を思う存分楽しめます。

 

おすすめ:沖縄本島の透明度の高いビーチ!おすすめランキングは?

 

<8月の沖縄に必要な服装は? 羽織りものが必要!>

7月よりは若干気温が下がるものの、相変わらず暑い日の続く沖縄で快適に過ごせる服装とは一体どんな服装でしょうか。

 

基本的には、半袖あるいはノースリーブ・半ズボンのスタイルで問題ありません。

スポーツをしている女性の画像

気温が暑くて汗をかくことが多いので、着替えのために滞在分以上の半袖を用意しておくと安心です。

 

ただ、沖縄は紫外線が強いため、肌を露出すればするほど暑く感じてしまいます。

 

それを防ぐためにも、薄手の長袖シャツを羽織ることをおすすめします。

カーディガンを着ている姉妹の画像

これなら、涼しく過ごせますし、何より日焼けを防げます。

 

また、沖縄旅行中に館内をめぐることもあるでしょう。

 

沖縄は外が暑い代わりに、日本全国の中でも室内冷房が最も効いている地域です。

 

そのため、室内にいるととても寒く感じます。

 

寒さから身を守るためにも、薄手の長袖シャツやカーディガンなどの羽織りものがあると安心です。

 

カバンに小さく折り畳めるので、かさばらず便利ですよ。

 

ワンピースも夏の沖縄で涼しく過ごすにはちょうど良いアイテムです。

 

ロングスカートも脚を出さないため、日焼けを防げますが、雨が降ると裾が濡れやすいので注意しましょう。

 

足元は、サンダルあるいはミュールがおすすめです。

 

これなら動きやすく、風通しも良いので観光中も足が蒸れて不快な思いをせずに済みます。

 

海水浴を楽しんだりビーチを散策したりするなら、ビーチサンダルを持っていると便利です。

 

ビーチサンダルは、現地でもたくさん売っているので、持っていない方は現地で手に入れると荷物になりませんよ。

 

おすすめ:沖縄本島のおすすめ穴場ビーチランキング9選!

スポンサーサーリンク

<8月の沖縄に欠かせない持ち物は?>

双子の姉妹の画像

さて、台風さえ来なければ、比較的天気も安定している8月の沖縄では、どんな持ち物が役に立つのでしょうか。

 

ポイントは、「暑さ対策」「紫外線対策」の2つを軸に準備することです。

うちわの画像

「暑さ対策」として持っていたいのは、うちわあるいは扇子です。

 

観光では室内だけでなく、外を回ることも多いでしょう。

 

昼間は太陽がさんさんと降り注ぐ中、30℃近くになるので、うちわあるいは扇子を使って風を送り込むことで暑さも少しは和らぎます。

 

そして、マイペット・マイ水筒も忘れてはならないアイテムです。

 

外は暑くただでさえ喉が渇くだけでなく、観光ではあちらこちら動き回るので、汗をかいてしまいます。

 

そのため、この季節は脱水症状になりやすいのですね。

 

マイペット・マイ水筒があれば、喉が渇いた時にいつでも水分補給できるので、とても助かります。

水分補給の画像

毎日、最低でもペットボトル3本程度の水を飲むので、マイペット・マイ水筒ならそれなりの節約になりますよ。

 

そして、もう一つの「紫外線対策」についても確認してみましょう。

 

「紫外線対策」として欠かせないのが、日焼け止めクリームです。

日焼け止めクリームの画像

沖縄の8月、紫外線量は本州の1.5倍以上に及びます。

 

私もこの時期に沖縄旅行に行きましたが、晴れるとまともに目を開ないほどまぶしいです。

 

それほどなのですから、肌が受けるダメージは相当なものです。

 

焼かないために、SPF50の日焼け止めを2~3時間おきに塗り直すようにしましょう。

クリームを塗っている画像

ちなみに、首・腕・足の甲は焼けやすい部分にもかかわらず、つい塗り忘れてしまいがち。

 

顔はもちろん、これらの部分にも念入りに日焼け止めクリームを塗りましょう。

 

また、日傘を持っていれば直接太陽の光から体を守れるので、とてもおすすめです。

日焼け止めをきちんと塗っても、腕や脚を長時間紫外線にさらしてしまうと焼けてしまいます。

 

軽量かつ晴雨兼用の日傘を持っていると便利ですよ。

 

日傘をささず、手ぶらで観光するならアームカバーがおすすめです。

 

手の甲まで覆うことのできるアームカバーは100円ショップにも売っているので、探してみてくださいね。

アームカバーの画像

日傘をささない場合は、帽子も必須です。

 

帽子全体につばがあるものであれば、日に焼けやすい首もカバーできます。

 

キャップは顔しかカバーできないので、紫外線の強い沖縄にはあまり向いていません。

 

カバンに折り畳んでしまえる帽子であれば、持ち運びにも困りませんね。

 

そして、紫外線対策で案外忘れやすいのがサングラスです。

 

この時期に沖縄旅行に行くのなら、サングラスは忘れたくないアイテムです。

サングラスと帽子の画像

先ほどお伝えしたように、夏の沖縄で快晴に恵まれると、目をしっかりと見ひらくことができないくらいです。

 

でも、サングラスをしているだけで、ずいぶんと楽に景色を見ることができるのですね。

 

紫外線から目を守ることで、疲労も軽減できると言われています。

 

目の負担を少しでも軽くして、せっかくのきれいな景色をきちんと見られるようにサングラスを忘れないようにしましょう。

 

また、海水浴を旅程に入れている人も多いでしょう。

 

8月は水温も30℃と高いですが、タオルがあると海からあがってすぐに水分を拭き取れます。

タオルとミネラルウォーターの画像

もちろん、たくさん汗をかくので、ハンドタオルも持ち歩くようにしましょう。

 

毎日使えるように、日数分よりも余分に持つことをおすすめします。

 

夏の沖縄ではたくさん汗をかくので、塩分も不足しがちです。

 

塩分補給用に、塩飴などを持ち歩いていると旅行中もバテることなく、元気に過ごせますよ。

 

おすすめ:沖縄の青の洞窟で体験ダイビングにおすすめショップを紹介!

【まとめ】

8月の沖縄は暑いものの、案外本州の猛暑と比べると過ごしやすいのですね。

 

意外に思った人も多いのではないでしょうか。

 

服装のポイントは、半袖やノースリーブの上に薄い長袖を羽織ること。

 

もちろん、暑ければ羽織る必要はありませんが、羽織った方が涼しく感じます。

 

紫外線から肌も守れるので、一石二鳥ですよ。

 

最後に、今回の記事が役に立ったと思ったら、ぜひSNSでシェアしてみてください。

 

また、記事のこの部分が意外だった、ここが面白かったなどのご感想があれば、お気軽にご連絡ください。

 

みなさんからのコメントをもとに、その季節に適した旅行プラン・準備をご紹介します。

 

関連記事:9月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

関連記事:10月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

関連記事:11月の沖縄旅行!気温や服装、おすすめ観光スポットを紹介!

関連記事:8月の沖縄に台風が来る確率は?過去データと対処法も紹介!

-沖縄旅行

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.