学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

沖縄旅行

1月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装と持ち物を紹介!

更新日:

1月の沖縄は最高の穴場観光地です。

 

この時期なら有名観光地の混雑を避けて、のんびり観光できます。

 

でも、1月に旅行するとなると、どのくらいの気温で、どんな服装が適切か、想像もつきませんよね。

 

快適な観光を行うには、しっかりと準備をすることが大切です。

 

そこで、この記事では1月の沖縄の気温や女性におすすめの服装、持ち物についてご紹介しますね。

1月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装と持ち物を紹介!

女性が海辺のベンチに座って眺めている画像

年末年始を除いて、1月は旅行代金が格安になる季節です。

 

いつも観光客でいっぱいの沖縄をゆっくりと旅行するのであれば、この季節が一番のおすすめです。

 

でも、この時期に旅行する人が少ないぶん、1月の沖縄の情報はあまり入ってきませんよね。

 

夏と違い、分からない情報が多いため、いっそう気温や服装・持ち物などは要チェクすることが大切です。

 

早速この記事で確認してまいりましょう。

 

まずは、1月の沖縄の気温からご紹介しますね。

 

おすすめ:1月の沖縄旅行!おすすめの観光イベントスポットはどこ?

 

スポンサーサーリンク

<1月の沖縄の気温は?>

沖縄の気温の画像

沖縄は冬でも暖かいイメージがありますよね。

 

確かに日本最南端の沖縄は、1月も20℃に近い気温であるため、日本の他の地域と比べてかなり過ごしやすい気候です。

 

1月の半ばには桜の花が咲き始めるほどです。

沖縄の桜の画像

しかし、1月下旬から2月にかけて一年のなかでも最も寒い時期をむかえると、沖縄でも北風の吹く日が続きます。

 

気温から判断して「それほど寒くないのでは?」と思うかもしれません。

 

確かに、北風が弱まる日は薄着で済みますが、寒さ対策は行っておく必要があります。

 

そこで沖縄の1月の具体的な気温を見てみましょう。

 

1月全体の平均気温は17℃、最高気温は19.5℃、最低気温は14.6℃です。

沖縄の桜の画像

最低気温であっても、10℃を切ることはなく過ごしやすく見えますね。

 

ただし、先ほども言ったように油断はなりません。

 

春うららかなイメージとは異なり、この季節はまだ思わぬ寒さに見舞われるからです。

 

どうやら服装には注意が必要ですね。

 

念のため、1月の東京・大阪・北海道(札幌)の気温も確認しましょう。

 

1月の場合、東京の平均気温は5.2℃、最高気温は9.6℃、最低気温は0.9℃となっています。

初詣する人たちの画像

その一方で、大阪の平均気温は6.0℃、最高気温は9.5℃、最低気温は2.8℃。

 

そして、北海道(札幌)の平均気温は-3.6℃、最高気温が-0.6℃、最低気温は-7.0℃となります。

 

やはり他の地域と比較しても、かなり温暖ですよね。

 

ただ、「温暖だ」というイメージに引っ張られて、半袖・半ズボンなど真夏の服装になるのは危険です。

 

服装については、次の項目で確認しましょう。

 

また、1月は降水量も沖縄県内で見れば107ミリと、1年の中では比較的少ない時期です。

 

そのため、梅雨や夏・初秋ほど雨の心配をすることなく観光を楽しめます。

 

ただ、それなりに雨に見舞われる日もあるので、対策はしっかりと考える必要があります。

 

沖縄旅行ではダイビング・シュノーケリングなどのマリンアクティビティを楽しみたいですよね。

青の洞窟・ダイビングの画像

この季節、平均水温は21℃となります。

 

海水浴にちょうど良い水温は28℃なので、泳ぐにはあまり適していません。

 

ただ、専用のスーツを着用するダイビングならば、十分可能です。

 

海から出たあとには、しっかりと体を拭き、冷たい風にあたらないように心がけましょう。

 

冬の季節は1年で一番海の透明度が上がるので、観光客の少ない季節に美しい海を独り占めできますよ。

 

沖縄でダイビングをするなら ⇒ 沖縄の青の洞窟で体験ダイビングにおすすめショップを紹介!

 

そして、女性にとって沖縄の紫外線量はとても気になりますよね。

 

沖縄県内に限って見てみると、1月は1年でもっとも紫外線量の少ない時期です。

紫外線が眩しくて手で防ぐ女性の画像

ただ、日本本土と比べると1,5∼2倍近くの紫外線量です。

 

日焼け止め対策はそれなりに行い、肌を守りましょう。

 

沖縄の日焼け止め対策については、「沖縄の紫外線量は本土の数倍!日焼け止め対策は必須!」の記事で詳しくご紹介しています。

 

気になる方は、こちらの記事もご参照くださいね。

<1月のおすすめの服装は?>

考える女性の画像

日本全国のどの地域よりも早く桜の咲く沖縄ですが、1月は肌寒い日も多い季節。

 

そんな時期に旅行するなら、どんな服装を心がければ良いのでしょうか。

 

1月に沖縄県を訪れ、地元の人を見てみると、しっかりと洋服を着こむ姿が多く見られます。

 

地元の人ほど着込む必要はありませんが、長袖・長ズボンを着用する必要があります。

 

本州の秋服くらいの装いを考えておけばよいでしょう。

秋の服の画像

ただ、最高気温は20℃近くなるので、できる限り脱ぎ着しやすいような服装を心がけるとよいですね。

 

アウターには、ダウンコートほど分厚い冬服を着用する必要はありません。

 

ウィンドブレーカーや薄手のコートくらいのアウターがちょうど良いですね。

 

ただ、夜の観光や海辺に行く予定があるならば、アウターにも注意が必要です。

 

とくに、この季節にはホエールウォッチングやイルミネーションを楽しむ予定の方も多いでしょう。

 

そのようなケースにおいては、厚手のコート・ジャンパーが必要です。

コートを着た女性の画像

とくに、寒さに弱いのならば、東京の冬に着るようなものを持っていると安心ですね。

 

上着には長袖のシャツに薄手のパーカーを組み合わせることをおすすめします。

 

パーカーのほかには、軽く羽織れるカーディガンなどでもおすすめです。

 

ホエールウォッチングやイルミネーションを楽しむ場合は、セーターも用意しておくとよいですね。

 

下は、薄手の長ズボンを選んでおくと快適に過ごせますよ。

 

肌寒い日もあり、真夏ではないので短パン・ミニスカートは避けるのが賢明です。

 

ただ、ある程度長さのあるスカート・ズボンであれば、それほど差し支えありません。

 

靴はビーチサンダルでは肌寒く感じてしまいます。

 

1月の時期には、歩きやすいスニーカーやパンプスなら、寒い思いもせず十分快適に過ごせますよ。

パンプスや靴の画像

那覇市内では、ブーツを履く人の姿も見られます。

 

できるだけ体を冷やしたくない方は、ブーツを持って行くと良いでしょう。

スポンサーサーリンク

<持ち物として必要なのは…?>

ノートを見て考える女性の画像

1月の沖縄には、服装の他にどんなアイテムを持っていけばよいのでしょうか。

 

まず、用意しておきたいのは日焼け止めです。

日焼け止めクリームの画像

沖縄の1月は、1年の中でも最も紫外線量の少ない季節ですが、それでも他の都道府県と比べると1.5倍ほどの紫外線量です。

 

「絶対に肌を焼きたくない」と思うのなら、強度の強い日焼け止めがおすすめです。

 

ただ、敏感肌の場合は刺激が強すぎてしまうので、ノンケミカル処方の日焼け止めを選ぶとよいですよ。

 

また、日焼け止めは塗る日焼け止めだけでなく、飲むタイプのものもあります。

 

徹底した日焼け対策を行いたいならば、試してみてもよいでしょう。

 

日焼け止めの選び方・使い方については、「沖縄の紫外線量は本土の数倍!日焼け止め対策は必須!」の記事で詳しく説明しています。

 

また、日焼け止め対策として直射日光を避ける帽子も必要です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

46%OFF 1,880円→1,000円「さぁ、外へ出かけよう。」そんな気持ちに...
価格:1000円(税込、送料無料) (2018/8/17時点)

 

沖縄の1月は寒い日でも10℃を切ることはないので、ニット帽ほど温かな帽子を被らなくても大丈夫です。

 

その代わり、周りにしっかりとつばのついた帽子を着用するようにしましょう。

 

帽子は大きいと持ち運ぶ際に不便なので、小さく折り畳んでカバンに入れられるようなものを選ぶことをおすすめします。

 

そして、持っていると安心できるアイテムがカイロです。

ホッカイロの画像

沖縄の1月は手袋をするほど寒くありません。

 

しかし、地元では寒い日に冷えた指先を温めるために、カイロを持ち歩く人が多いのですね。

 

本州よりは随分温かい沖縄ですが、少し寒気を感じる日もあります。

 

とくに、冷え性ならばカイロを持っていくと安心ですね。

 

貼らないカイロ・貼るカイロの2種類があるので、どちらか好きな方を持っていきましょう。

 

さらに、1月の沖縄旅行には傘が必要です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日傘 晴れ雨兼用 折り畳み傘Celebrity ShadeUVカット99% 日焼...
価格:3480円(税込、送料別) (2018/8/17時点)

 

梅雨や夏ほど降水量は多くはありませんが、それなりに雨の降る確率が高いからです。

 

地元ではあまり傘をさす習慣がありませんが、1月の沖縄は少し肌寒い日もあるため、雨にぬれると体が冷えてしまいます。

 

地元の気候に慣れていないのであれば、安心材料として傘を持参することをおすすめします。

 

傘の代わりにレインコートを持っていくのもよいでしょう。

 

また、足元が心配であれば雨の日用のブーツも持参しておくとスムーズに観光できますよ。

【まとめ】

1月の沖縄は、本州よりは断然暖かいですが、やはり油断は禁物なのですね。

 

南国というイメージからつい、半袖半ズボン姿を想像してしまいますが、服を間違って選んでしまうと旅行中に体調を崩してしまうかもしれません。

 

「沖縄の1月は本州の秋」というイメージを持って、しっかりと下準備しておきましょう。

 

最後に、今回の記事に関連して「1月に沖縄旅行するなら、このアイテムが役に立った」などの体験談があれば、お気軽にコメントください。

 

みなさんからのコメントが、より多くの方の旅行を快適なものにしてくれますよ。

 

関連記事:2月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物を紹介!

関連記事:3月の沖縄の気温や海開きは?旅行におすすめの服装も紹介!

関連記事:4月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物を紹介!

-沖縄旅行

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.