学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

京都旅行

9月の京都の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

更新日:

9月の京都は、気温に注意が必要です。

 

オフシーズンに入り、混雑がなくなる反面、気候に気をつけたいところ。

 

比較的すいているこの時期に京都旅行を考えているなら、服装・持ち物の準備も手を抜けません。

 

一体、9月の京都の気温の何が、服装や持ち物に大きな影響を及ぼすのでしょう。

 

早速、この記事で気温や服装、持ち物を確認してみますね。

スポンサーリンク

9月の京都の気温は? 旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

9月の清水寺の画像

京都の9月は、1年の中でも最も観光客が少なくなる季節です。

 

この時期を狙って、京都旅行の計画を立ててみるのも賢明です。

 

でも、この季節はとくに気温の面で注意しなければなりません。

 

一体9月にはどんな気温の変化があるのでしょうか。

 

早速、この記事で具体的な気温やそれに合わせたおすすめの服装、さらには持ち物をご紹介してまいります。

 

まずは、注意しておきたい気温から。

 

おすすめ:9月の京都旅行!おすすめの観光スポットはどこ?

 

スポンサーリンク

<気温差に驚愕! 京都の9月の気温は?>

京都の年間の気温画像

京都の9月、気候の特徴を一言で言ってしまうと「日中は残暑が厳しく、朝晩は気温が低い」と言い表せます。

 

京都は盆地地形であることから、日中は真夏とそれほど気温も変わりありません。

 

京都の盆地の画像

したがって、半袖・半ズボンのような薄着でもそれほど差し支えありません。

 

ただ、寒暖の差は夏よりも激しくなり、半袖・半ズボンのままでは過ごしにくくなるのですね。

 

どのくらいの暑さになるのか、実際の気温も確認してみましょう。

 

9月の京都では、下旬まで最高気温が30℃を超えるものの、中旬以降は最低気温が10℃∼13℃程度に下がってしまいます。

温度計の画像

つまり、日中と朝晩の寒暖の差が激しい傾向にあるのですね。

 

最高気温と最低気温の差がこれほどあるので、風邪を引かないような服装を心がけなければなりません。

 

そして、台風の季節でもある京都の9月は、天気も気になりますよね。

 

この時期は、高気圧と低気圧が交互に入れ替わる時期であり、数日ごとに天気が変わるのが特徴的です。

 

場合によっては、しばらく長雨が続くこともあります。

雨傘の画像

ただ、秋の雨は激しく降ることはなく、しっとりと静かに降るので観光に大きく差し支えるわけではありません。

 

雨傘をさして長靴を履くなど、雨対策を行っていれば問題なく観光できます。

 

さらに、このシーズンは台風が活発な月でもありますよね。

天気予報のチェックの画像

みなさんの予想する通り、旅行中に台風に遭遇しないとは言い切れません。

 

出かける前に、天気予報はしっかりと確認して、臨機応変に対応できるように心がけましょう。

 

万が一、旅行日が台風上陸と丸被りになってしまうならば、旅行をキャンセルする判断も大切です。

 

安全第一で、旅行を行うのが一番です。

スポンサーリンク

<9月の京都の服装は?>

カーディガンを着ている姉妹の画像

京都の9月は、上旬は8月と同様に暑苦しい夏の陽気が続きます。

 

その一方で、中旬以降は日中の真夏日がキープされながらも、朝晩はわずか10℃∼13℃となることが分かりました。

 

これを踏まえると、9月のどの時期に旅行するかによって、準備する洋服を変えることがポイントになります。

 

まずは、上旬から中旬までの期間に旅行するケースを確認してみます。

 

この時期は、基本的に半袖・ノースリーブ・半ズボン・ワンピースなどの夏の装いで問題ありません。

 

とくに、最高気温は35℃近く、暑い日には40℃近くまで気温が上がります。

 

ただ、最低気温は15℃前後となっており、日中の服装のままではさすがに冷えてしまいます。

 

そのため、朝晩は半袖やノースリーブの上から軽く羽織れるようなカーディガンや、薄手の長袖シャツを準備しておくと良いでしょう。

 

小さく折り畳んで、バッグに入れておくと荷物にならず便利です。

 

カーディガンや薄手の長袖シャツは、博物館や美術館などの館内が寒い時にも重宝しますよ。

 

靴も、日中はサンダルでも差し支えありません。

 

その一方、9月の中旬はどんな服装を心がければ良いのでしょうか。

 

この時期は、日中は9月前半とそれほど変わらないものの、1日を通した平均気温が20℃ほどになります。

 

さらに、最低気温は10℃∼13℃程度と袖にちょっと羽織っただけでは、かなりの寒さを感じます。

 

後で気温が下がることを考えたら、日中はトップスを半袖に、ボトムスはジーンズなどの長ズボンにするのが賢明。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【IRIS】オフショルダー トップス 半袖 ショート丈 レース OL フォマール...
価格:1814円(税込、送料無料) (2018/9/13時点)

楽天で購入

 

そのうえで、夜になったらパーカーを上に着るようにしましょう。

 

これにプラスして、薄手のコート・ジャケットがあると、肌寒さを感じずに済みます。

 

とくに夜に観光の予定を入れているなら、薄手のアウターを用意しておくと安心です。

 

靴について、日中はサンダルでも問題ありません。

 

最高気温は30℃を超え、日中は夏と変わらないのでむしろサンダルを履いている方が楽です。

 

ただ、日中の平均気温は20℃程度なので、寒がりの人はスニーカーやパンプスなどを履いて観光するのが無難です。

 

朝晩は10℃程度しかない日も出てくるため、サンダルではなくふつうの靴を履きましょう。

 

以上から、中旬以降はサンダルとスニーカー・パンプスの両方を持って行くことをおすすめします。

 

9月の下旬はさらに寒暖の差が激しくなります。

 

最高気温は30℃を超えるものの、最低気温は10℃を下回ることもあるのですね。

 

最低気温が1桁になるので、秋というより冬の気候に近いと言ってしまってよいでしょう。

 

つまり、9月下旬は夏の服装と晩秋の服装両方を用意しておく必要があるのですね。

 

冷え込む朝晩のために、秋に着るコートを忘れないように準備しましょう。

スポンサーリンク

<9月の京都の持ち物は? 暑さ対策・寒さ対策両方必要!>

秋のもみじの画像

9月の京都旅行は、持ち物が多くなります。

 

というのも、まだ夏の陽気が抜けきらないまま、最低気温はどんどん下がっていくからです。

 

そのため、暑さ対策と寒さ対策の両方が必要なのですね。

 

ここではこの両方を確認して行きます。

 

まずは、暑さ対策から確認してみましょう。

 

暑さ対策として必要なのが、マイペット・マイ水筒です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サーモス 真空断熱ケータイマグ 500mL JNO-501
価格:2380円(税込、送料無料) (2018/6/5時点)

 

9月一杯は最高気温が30℃を超えるため、水分補給は欠かせません。

 

日中は8月と変わらず、京都特有の暑苦しい日が続くため、汗をたくさんかきます。

 

脱水症状にならないように、ペットボトル・水筒を持ち歩いて適宜水分をとるよう心がけましょう。

 

ペットボトルや水筒を持参していれば、それなりの節約にもなりますよ。

 

また、扇子やうちわがあると、暑さで火照った体に風を送り込めます。

扇子の画像

これらも暑さ対策として携帯していると、とても便利です。

 

紫外線も相変わらず強いので、日焼け止めグッズも忘れずに持って行きましょう。

 

日焼け止めクリーム・日傘・帽子の3点セットは必ず用意しておくことをおすすめします。

帽子とサングラスと日焼け止めの画像

絶対に焼けたくないならば、これらの日焼け止めアイテムほかにも、サングラスやアームカバーをそろえておきましょう。

 

アームカバーは100均で手軽に手に入れられるので、現地調達も可能です。

 

京都旅行では、自然の多いお寺などをめぐることも多いですよね。

 

そこで役に立つのが虫よけです。

 

この季節はまだ夏の虫がたくさん飛び交っています。

 

蚊に刺されると、旅行中かゆくて不快ですよね。

 

虫の多いお寺などをめぐる際には、虫よけスプレーを一本バッグに入れておきましょう。

スプレーの画像

さて、以上が暑さ対策・夏のアイテムでした。

 

一方、寒さ対策としてはどんなものを用意すれば良いのでしょうか。

 

まず、薄手のストール・スカーフを持ち歩くと肌寒い時に首回りを温められます。

 

気温を見ても分かる通り、9月の最低気温は10℃∼13℃です。

 

このくらいの気温だと首回りがすうすうと寒くなります。

 

ストール1枚巻くだけでも、快適さが全然違ってくるのですね。

 

さすがにマフラーでは暑すぎてしまいますが、薄いストール・スカーフは持ち歩きましょう。

 

次に寒さ対策として挙げられるのが、ホッカイロです。

ホッカイロの画像

とくに、9月下旬に京都に行くならホッカイロを持っていると随分楽です。

 

この時期は、最低気温が10℃程度、日によっては10℃を下回ることもあります。

 

これほどまで気温が下がると、さすがに寒く感じます。

 

ホッカイロは貼るタイプのホッカイロ、また貼らないタイプのホッカイロの両方があります。

 

自分にとって使いやすい方を選び、日数分だけ用意してみてくださいね。

スポンサーリンク

【まとめ】

京都の9月は、自分の体が追いかないくらい気温差が激しいですね。

 

20℃ほどの気温の開きは当たり前です。

 

たった1日のうちで真夏と晩秋の2つの季節を体験することになるので、旅行中は2シーズン分の服・アイテムが手放せません。

 

最後に、今回の記事が役に立ったと思ったら、ぜひSNSでシェアしてみてください。

 

また、記事のこの部分が面白かった、ここが意外だったなどのご感想があれば、お気軽にコメントくださいね。

 

みなさんからのコメントをもとに、旅行中体調も崩さず、元気に過ごせるような記事を執筆してまいります。

 

関連記事:10月の京都の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

関連記事:11月の京都旅行!気温や服装、おすすめ観光スポットを紹介!

関連記事:12月の京都の気温は?旅行におすすめの服装と持ち物を紹介!

 

スポンサーリンク

 

 

 

-京都旅行

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.