学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

イベント

日焼けで腕や足が痛い時の治し方!炎症で赤い時の対策は?

更新日:

腕や足の日焼けは、顔の日焼けとは異なり、目につく場所がヒリヒリと痛く赤いため、非常にわずらわしいものです。

 

自分の目で確認できる場所にあるので、つい触ってしまいますし、服で擦れてしまうこともあります。

 

一刻も早く腕・足の日焼けを治すにはどんな治し方が効果的な対策なのでしょう。

 

今回は腕焼け・足焼けの治し方を中心にご紹介します。

スポンサーリンク

日焼けで腕や足が痛い時の治し方!炎症で赤い時の対策は?

女性の腕が日焼けしてる画像

夏の季節、気づいたら腕や足が日差しで真っ赤になって痛い、という経験は多いことでしょう。

 

実は腕や足の部分は、顔と比べて日焼け対策を忘れてしまいがちです。

 

しかし、腕・足は日常的に良く動かす部分なので、一度日焼けしてしまうと痛みが続き、とても不快な思いをしてしまいます。

書いている画像

お風呂に入る際も痛くて我慢できませんよね。

 

日焼けによる足や腕の赤みや痛みをおさえ、一刻も早く治すためにはどのような治し方が良いのでしょうか。

 

今回は足と腕に焦点を当てて、日焼けの治し方や日焼け防止法についてご紹介します。

 

日焼けに効くクリームの効能についてもご紹介するので、気になる方は是非活用してみてくださいね。

スポンサーサーリンク

<足・腕の日焼けケアの仕方>

足のUVケアの画像

日焼けしてしまった足や腕にはどのようなケアを行なえば良いのでしょう。

 

基本的には「日焼けで顔が赤い原因は紫外線!痛い時の治し方は?」の記事でご紹介した顔のケアとそれほど大差ありません。

 

ただ、足や腕を保湿する場合には、顔とは異なるクリームを塗る必要があります。

 

したがって、今回はそのクリームについても詳しく触れることにしますね。

 

それでは、早速確認してまいりましょう。

1. 冷やす

氷の画像

日焼けしてしまったら、体のどの部位であれ、冷やすことが一番のポイントとなります。

 

というのも、日焼けは一種の火傷の部類であるからです。

 

日焼けで熱を帯びた部分を冷やすために氷水を当ててしまう方も多いものですが、実はあまりにも冷たいもので冷やしてしまうと、血管が縮んでしまい、血行が悪くなって日焼けの治癒も遅れてしまいます。

 

では、どのような方法で冷やせば良いのでしょうか。

 

効果的なのは「ぬるま湯」のシャワーを浴びることです。

シャワーの画像

人肌と同じくらいの温度のシャワーを浴びることで、血行も良くなり、日焼けの治癒も促進されるのですね。

 

シャワー以外にも、水で濡らしたタオルを焼けた部分に当てるのもおすすめです。

2. こまめに水分補給を行う

水分補給の画像

短時間で肌が焼けてしまうほどの炎天下の下では、体から多くの水分が失われます。

 

多くの方が、日焼けした後に倦怠感やだるさを感じることが多いでしょう。

 

それは体内から水分が失われている証拠なのです。

 

また、日焼けによる水分の喪失は女性の大敵です。

日差しの画像

肌から水分が失われてしまうと、肌の蘇生が遅くなり、弾力が失われてシワができてしまうからです。

 

そのようなダメージを防ぐためにも、常日頃からミネラルウォーターを持ち歩くように心がけましょう。

 

ただ、水分補給で気を付けたいことが1点あります。

 

それはカフェインやアルコールの摂取です。

水分補給する女性の画像

日焼け治療を行なっている間、これは是非とも避けて通りたいものです。

 

なぜなら、これらの成分には利尿作用があり、体内から水分が逃れてしまうからです。

 

したがって、日焼けの治療中は極力お酒やコーヒー、紅茶や緑茶は避けるようにしましょう。

3. 保湿を行う

足の保湿の画像

日焼けをしたら大切なこと、それは保湿を行うことです。

 

なぜ、保湿する必要があるのでしょうか。

 

日に焼けた部分は基本的に水分が不足しています。

 

そのため、水分補給を行なっても、すぐに水分がなくなってしまいがちです。

 

そのような状況を避けるために、外から保湿ケアをする必要があるのです。

 

保湿を行う際にはオリーブオイルやワセリン、クリームを塗るようにしましょう。

-日焼けに効くクリーム

ハンドクリームの画像

ここで、日焼けによく聞くクリームについてもご紹介します。

 

一般的に日焼けのケアに高価のあるクリームは2種類で、「馬油」と「アロエクリーム」です。

 

早速、それぞれの特徴について見ていきましょう。

・「馬油」

ソンバーユの画像

出典元:amazon

昔から火傷の薬として利用されている馬油は、人の皮脂に非常に似ており、浸透力に優れています。

 

その主な効能としては次の通りです。

 

★熱を除去する

★皮膚を保護する

★血液循環を促進する

★抗酸化作用で老化や生活習慣病、動脈硬化を防止する

★殺菌作用で有害物質を取り除く

★皮膚の炎症を鎮静する

 

このような効能を持つため、馬油は日焼け治療において重宝されているのですね。

 

Amazonで購入は ⇒ こちら

・「アロエクリーム」

アロエクリームの画像

一方で、アロエクリームも日焼けに大変効果があるものとして知られています。

 

そもそも、アロエは火傷に効果があるものとして有名ですよね。

 

でも、なぜ火傷に効くのでしょう。

 

アロエにはアントラキノン類のアロエシン、アロエエモジン、アイロンという成分が多く含まれており、抗炎症作用を担います。

この抗炎症作用により、日焼けの炎症が治まるのです。

 

また、アロエに含まれているムコ多糖類、酵素アミノ酸がなどの成分により、紫外線から受けたダメージを修復する作用も担っています。

 

さらに、女性にとってアロエには嬉しい効果があります。

 

それはシミやソバカスの防止作用です。

スキンケアの画像

アロエにはメラニン色素を作るチロシナーゼが含まれており、これがシミやソバカスを防止してくれるのです。

 

アロエクリーム使用のポイントは、少し冷やしてから使用することです。

 

冷やして使うことで、アロエの効能もよりその力を発揮し、日焼けも早く治ります。

 

日焼けが引いても、引き続きアロエクリームを塗り続けることで、みずみずしく強い細胞が生成され、日焼けに強い肌を作ることができるので、継続してアロエを塗ってくださいね。

 

Amazon購入は ⇒ こちら

 

スポンサーサーリンク

<足と腕の日焼け防止方法>

足に日焼け止めを塗る画像

足と腕は他の体の部位よりも焼けやすいにもかかわらず、日焼け対策を怠ってしまいがちな部分です。

 

そこで、対策を忘れてしまいがちな足や腕に対しても、日ごろから日焼け予防を行う必要があります。

 

この項目では、腕と足それぞれについての日焼け対策について確認して行きましょう。

・腕の日焼け対策法

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】ひにまけぬ UVクリーム SPF50+ PA++++美容液感覚で使う...
価格:3240円(税込、送料無料) (2018/5/30時点)

 

腕の日焼け対策の基本アイテムは「日焼け止めクリーム」、そして「UVカットアームカバー」です。

 

日焼け止めは基本中の基本ですが、顔ばかりに日焼け止めを塗り、腕に塗るのを忘れることも多いものです。

 

腕に塗る時には、特に手の甲や指先にも日焼け止めを塗るように気を配りましょう。

手の甲や指を塗り忘れてしまうとその部分だけ、焼けて赤くなってしまいます。

 

また、UVカットのアームカバーは様々な種類がありますが、その中でもおすすめは【ロングタイプで手の甲までカバーしてくれるもの】です。

 

アームカバーであれば、日焼け止めが落ちてしまっても、太陽光の刺激から肌を守ってくれますし、日傘を差さなくても自由に動くるので、庭仕事の際にはとても重宝します。

 

UVカットアームカバーは ⇒ こちら

 

・足の日焼け対策法

足の日焼け止めの画像

足はなかなか日焼け対策を行ないにくい部分です。

 

しかし、おすすめできる対策法としては「UVカットのストッキング」「足の甲カバー」「スプレータイプの日焼け止め」の3つを挙げることができます。

 

女性の場合は男性とは異なり、仕事でスーツを着ていても日焼けしやすいですよね。

 

「UVカットのストッキング」であれば、素足の場合の60%~70%ほどの紫外線をカットすることができるので、これを利用するのとしないのとでは、全く結果が違ってくるでしょう。

 

一方で、「足の甲カバー」は、家の庭で作業をする際や、日当たりの良い部屋にいる時に重宝するアイテムです。

 

夏にカバーをかけるのは暑苦しいものですが、メッシュの生地などを使用して涼感UVガードの足の甲カバーも販売されているので、夏でも快適に使用できるものが多く販売されています。

 

さらに、カバーを付けたままサンダルを履くことのできる商品もあるので、足の甲の日焼けを防ぎたい方は確認してみましょう。

 

そして「スプレータイプの日焼け止め」は、日焼け止めのべたつきが苦手な方におすすめです。

 

顔であればある程度しっとりとした日焼け止めの方が保湿にもなるので、べたつきもそれほど気になりません。

 

しかし、足となるとべたつきは非常に気になりますよね。

 

そんな時に重宝するのがスプレータイプの日焼け止めです。

 

スプレータイプであれば、サンダルを履いた上からスプレーをかけることができるので、日焼け対策に手間もかかりません。

 

アネッサ パーフェクトUVスプレーは ⇒ こちら

 

【まとめ】

今回は日焼け対策を行ないにくい、腕と足の日焼け治療法・予防法についてご紹介しました。

 

私も高校の頃学校の部活で、夏は毎日炎天下の下、テニスをしていました。

 

炎天下の下で過ごす女子高生はやはり日焼け対策には抜かりないものです。

 

私の友達は、指先まで念入りに日焼け止めを塗り、さらにアームカバーまで使っていました。サンバイザーも必須です。

 

中には真夏にもかかわらず、長袖・長ズボンの日焼け対策万全な状態で練習に臨む先輩も見られました。

 

そろそろ夏の盛りに近づきますが、日焼けしてしまった時には今回ご紹介した方法を思い出してみてくださいね。

 

最後に、この記事を読んで役に立ったと思ったら、SNSなどで是非シャアしてみてください。

 

また、面白かった点や意外だった点、こんな記事も書いてほしいというコメントがあれば、どうぞお気軽にお知らせください。

 

皆さまのコメントを参考に、より良い情報を発信してまいります。

 

関連記事:日焼けで顔が赤い原因は紫外線!痛い時の治し方は?

-イベント

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.