*

初めて小樽旅行!観光スポットや温泉、グルメも一挙ご紹介!

公開日: : 最終更新日:2018/04/12 北海道旅行

小樽の魅力はガラスだけにとどまりません。

 

ガラス工房や運河を見学しただけで、この街を知ったことにはならないのです。

 

実は、訪れれば訪れるほど奥深い魅力にあふれた観光スポットなのですね。

 

せっかくなら、小樽の色んな表情を見てみたい。

 

こう思っている方に、今回の記事では、一味違う小樽のおすすめ観光スポットをご紹介します。

スポンサーリンク

初めて小樽旅行!観光スポットや温泉、グルメも一挙ご紹介!

小樽運河の画像

出典元:https://www.city.otaru.lg.jp/kankou/miru_asobu_tomaru/kankosisetu/otaruunga.html

小樽といえばガラスの街、という印象を強く持っているかもしれません。

 

しかし、小樽にはガラス以外にもたくさんの魅力があります。

 

何度も小樽に足を運んだことがある。

 

初めて小樽観光に行くけれど、小樽のさまざまな表情を楽しみたい。

 

今回はこんな風に思っている方にうってつけの観光スポットをご紹介します。

 

それでは、早速確認してまいりましょう。

 

おすすめ:おすすめの札幌女子旅観光プラン!朝から夜まで満喫したいなら?

スポンサーリンク

<朝里川温泉>

小樽天然温泉 湯の花朝里殿の画像

出典元:http://photozou.jp/photo/show/192058/225343721

小樽といえば、運河やガラスのお店などが観光先として印象的です。

 

しかし、この街の魅力はそれだけではありません。

 

実は、小樽市の山あいにはひっそりした温泉街があるのですね。

 

ここは小樽駅から車で約20分かかる場所。

 

「小樽の奥座敷」と呼ばれる温泉街・リゾートエリアであり、温泉はもちろん、散策路やスキーを楽しむことができます。

小樽の奥座敷の画像

出典元:http://otaru.gr.jp/motto-otarumap/archives/motto/classe

温泉街には、宿泊施設やレストラン、日帰り専門の温泉施設、スキー場などがたくさん点在しています。

 

その中でもおすすめなのが、「小樽天然温泉 湯の花朝里殿」です。

 

ここは日帰り専門の温泉施設。

 

一番の特徴は、浴槽のタイプが豊富だという点です。

 

内湯・露天の両方あり、全部で大浴槽・洋風中温泉・寝湯・ジャグジー・アクティブスパ・露天風呂・和風風呂・小岩風呂・和風中温泉の9種類です。

小樽天然温泉 湯の花朝里殿の画像

出典元:https://www.supersento.com/hokaidotohoku/hokaido/yunohana_asari.html

ドライサウナやあかすりのサービスもあるので、美容にも良いのですね。

 

大浴場の他にも岩盤浴を体験できたり、大広間にてお食事を取ったりすることができます。

 

ちなみにここのお食事は、あんかけ焼きそばが大人気なのだそうです。

小樽天然温泉 湯の花朝里殿のあんかけ焼きそばの画像

出典元:http://www.yunohana.org/asari/oshokuji/oshokuji.html

温泉後、お腹が空いたらぜひ試してみてくださいね。

 

余談ではありますが、温泉街の奥には朝里ダム(オタルナイ湖)があります。

 

ここは秋になると紅葉の穴場となるので、混雑を避けてゆっくりと秋の景色を楽しみたい時には、ぜひ足を運んでみてくださいね。

朝里ダム(オタルナイ湖)の紅葉画像

出典元:http://urx.red/HAXU

また、冬には一大イベントである「小樽雪あかりの路(みち)」で、温泉街がキャンドルで灯されます。

 

季節ごとにその表情を変えてゆく魅力的な温泉街ですね。

 

おすすめ:登別温泉(北海道)の日帰り入浴おすすめランキング!露天風呂付!

スポンサーリンク

<天狗山>

小樽天狗山の画像

出典元:https://blogs.yahoo.co.jp/kony4194/36800579.html

小樽の夜を堪能するのであれば、天狗山がおすすめです。

 

ここからは、思わず息を呑むような、宝石のような夜景を楽しめます。

 

夜景に定評があり、「北海道三大夜景」に数えられているので、納得のいく夜の観光を満喫できますよ。

山頂にはレストランや展望台ばかりでなく、700ほどの天狗のお面が展示された「天狗の館」、スキーの歴史について知ることのできる「スキー資料館」、さらにはシマリスを間近に見ることのできる「シマリス公園」などの施設が立ち並んでいます。

 

これなら、夜のみならず昼も十分天狗山を楽しめますね。

 

天狗山には全部で5つもの展望台が設置されており、それぞれの展望台からは異なる景色が見えます。

 

その中でもとくにおすすめの展望台が2つ。

 

「天狗桜展望台」と「屋上展望台」です。

天狗桜展望台の画像

出典元:http://blog.livedoor.jp/tubasa883-tenguyama/archives/45011950.html

屋上展望台 小樽天狗山

出典元:http://blog.livedoor.jp/tubasa883-tenguyama/archives/45011950.html

「天狗展望台」には樹齢100年を超えるエゾヤマザクラが佇んでいるのですね。

 

この桜は小樽市内で最後に咲く桜として知られています。

小樽天狗山の桜の画像

出典元:http://photograph.pro/jp/sakura/hokkaido/central/tengu.html

桜の開花時期は5月中旬から下旬にかけてです。

 

また「屋上展望台」は5つの展望台のうち、最も標高が高いため、ダイナミックな景色を眺められます。

 

夜の夜景も良いですが、この展望台からは昼間の清々しい景色を眺めてみたいものですね。

天狗山の桜展望台から見る夜景画像

出典元:http://hokkai-do-fun.com/sightseeing/night-view

冬にはスキー場も開かれるので、小樽観光と兼ねて天狗山でスキーするのもおすすめです。

 

この観光スポットも季節ごとに楽しめるので、いつ足を運んでもおすすめですよ。

 

おすすめ:ロマンチックを堪能!函館の女子旅おすすめ観光プラン!

スポンサーリンク

<小樽水族館>

小樽水族館の画像

出典元:http://mizumono.com/aqua/nihon/hotkaido/002007.php

小樽は海に面した都市であるため、水族館があります。

 

小樽水族館はニセコ積丹小樽海岸国定公園の中に位置する水族館。

 

この水族館には250種類以上の海洋動物や魚が飼育されています。

 

館内では大きな水槽の中を悠々と泳ぎまわる海の生き物を観察できるだけでなく、イルカスタジアムや海獣公園ではアクロバティックなショーを見ることができます。

イルカスタジアムの画像

出典元:http://otaru-aq.jp/events/yukisanpo/

しかし、小樽水族館にはこの他にもたくさんの見どころがあります。

 

一番の見どころは、世界的に珍しいネズミイルカの飼育展示です。

ネズミイルカの画像

出典元:http://otaru-aq.jp/post-2373/

ネズミイルカは北海道沿岸に生息している生き物で、学術研究以外には飼育が禁止されています。

 

このことが理由で飼育施設は非常に限られています。

 

小樽水族館の場合は北海道大学と共同で、ネズミイルカを保護してその生態を研究しているのですね。

 

複数での飼育展示は日本においてはここだけ。

 

小樽水族館を訪れたら、ネズミイルカは見逃せません。

 

また、もう一つの見どころは北の水族館ならではの巨大な魚たちです。

小樽水族館の画像

出典元:http://otaru-aq.jp/post-2373

国内最大級の淡水魚であるイトウ、1.5kgにも及ぶ特大ホッケ、1.2mを超える世界最大のカレイなど、目を見張るような珍しい魚たちに会うことができるのですね。

 

北の海ならではの珍しい水族館なので、ありきたりな水族館に飽きてしまった人にはぴったりの観光スポットですよ。

スポンサーリンク

<小樽運河のナイトクルーズ>

小樽運河のナイトクルーズの画像

出典元:https://otaru.cc/

小樽はレトロでロマンに溢れた街です。

 

女子旅ではぜひ、ロマン一杯の素敵な体験をしたいと思いますよね。

 

そこで、おすすめできるのが小樽運河のナイトクルージングです。

周囲の建物の温かな光の中を、ゆっくりと船で滑ってゆく体験で、まるでおとぎ話の国に来てしまったかのような感覚になります。

 

このクルージングでは、写真スポットとして人気を集める浅草橋街園や北運河を巡るおよそ40分の周遊を体験します。

 

レトロなガス灯の灯りで照らされた小樽の街並みは、一生脳裏に焼き付きますね。

 

女子旅でも楽しめますが、ぜひカップルで訪れてみたい観光スポットです。

 

チケット発券所・乗り場は小樽運河中央橋、運航時間は18時から20時、大人一人1,800円となります。

 

事前に予約を入れておくことが勧められているので、忘れずに予約をしておくのがポイントです。

 

ちなみに、小樽運河ではナイトクルーズだけでなく、デイクルーズも実施されています。

小樽運河のデイクルーズの画像

出典元:http://www.air-g.co.jp/lovesanpo/7047/

デイクルーズは昼間に実施されるので、運河の両岸に立ち並ぶ倉庫群などの景色を写真に撮ることができますよ。

 

デイクルーズの料金は大人一人1,500円となります。

 

デイクルーズであれば、運航時刻を選ぶことができ、旅程にも組み込みやすいので、ナイトクルーズの時間が合わない場合にはこちらを検討してみても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

<小樽運河食堂>

小樽運河食堂の画像

出典元:https://r.gnavi.co.jp/h362201/

小樽の運河沿いには、たくさんの倉庫が連なっています。

 

この倉庫群には観光案内所やお土産ショップ、レストランが収容されており、小樽観光には欠かせない場所です。

 

その中でも最も代表的なのが「小樽運河食堂」と呼ばれる倉庫です。

小樽食堂の店内画像

出典元:http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/guide/g02765

この倉庫の中には、275席が収容されており、スープカレーやラーメンをはじめとした北海道名物のみならず、およそ100種のメニューのバイキングを楽しむことができます。

 

バイキングは4種類、「北海道バイキング」「ジンギスカンと北海道バイキング」「ズワイガニと海鮮焼き北海道バイキング」「二種類の蟹と海鮮焼き北海道バイキング」です。

 

「北海道バイキング」は北海道の食材をふんだんに使った北海道名物料理のバイキング。

 

こちらは大人一人1,944円となり、リーズナブルな価格でいただけます。

 

また、「ジンギスカンと北海道バイキング」は北海道バイキングにプラスしてジンギスカンをいただけます。

小樽運河食堂のジンギスカンと北海道バイキングの画像

出典元:https://r.gnavi.co.jp/h362201/

お値段は大人一人2,268円。

 

「ズワイガニと海鮮焼き北海道バイキング」は大人一人4,320円、北海道バイキングにズワイガニの食べ放題がついています。

 

そして、「二種類の蟹と海鮮焼き北海道バイキング」は、北海道バイキングに加えてアブラタラバガニとズワイガニの食べ放題が付きます。

小樽運河の二種類の蟹と海鮮焼き北海道バイキングの画像

出典元:https://r.gnavi.co.jp/h362201/menu1/

こちらは大人一人6,048円となっています。

 

お値段は張りますが、贅沢で新鮮な北海道の恵みを現地で堪能できると考えると、それだけの価値がありますよね。

 

さらに、バイキング以外にも新鮮な魚介を使った寿司などの一品料理もいただけます。

 

北海道の恵みをぜひとも堪能したいと思っているのであれば、小樽運河食堂に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

おすすめ:こぼれる程のいくら丼が食べられる北海道のおすすめ店6選! 

【まとめ】

小樽はおしゃれでレトロな街だけあって、女性にはとても人気な観光先です。

 

ガラスの街と呼ばれている小樽ではありますが、今回はガラス以外の観光スポットに焦点を当ててご紹介しました。

 

訪れれば訪れるほど、奥深い観光スポットなので、今回ご紹介したスポットを含め、自分のお気に入りの場所を見つけてみてくださいね。

 

最後に、今回の記事に関連して「小樽観光ならこの場所が一押し」「女子旅にはこのスポットが欠かせない」などのご感想があれば、お気軽にコメントください。

 

みなさんからのコメントが、より多くの方の女子旅を思い出深いものにしてくれますよ。

 

おすすめ:北海道海産物のおすすめのお土産は?贈った相手を笑顔にする海の幸!

おすすめ:職場や家族、彼氏に贈る北海道のおすすめのお土産!感謝をこめて!

おすすめ:北海道の喜ばれるおすすめのお土産雑貨!マイナーから名物品まで!

スポンサーリンク

 

 

 

関連記事

9月の北海道の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

9月の北海道は気温も寒すぎず、爽やかな気候の中観光できます。   このように過ごしやす

記事を読む

北海道を満喫するならここ!女子旅におすすめの自然スポット!

自然を満喫してこそ、北海道旅行の価値があります。   北海道旅行では、日常を忘れて心穏

記事を読む

少年よ大志を抱けの続きは何?クラーク博士の生涯とは?

「少年よ、大志を抱け。」   この名言には、どのような意味が込められているのでしょう。

記事を読む

好きな人に喜ばれるお土産の渡し方は?言葉遣いとマナーが大事!

好きな人にお土産を喜んでもらうには、渡し方が肝心です。   些細な言葉や渡し方のマナー

記事を読む

7月の北海道旅行!おすすめの観光スポットはどこ?

7月の北海道では、地元を楽しめるイベントが盛りだくさん。   この時期は観光客も増える

記事を読む

no image

女子一人旅の楽しみ方!一人だからこそ挑戦してみませんか?

女性の一人旅は寂しそう、というイメージはもう古いものかもしれません。   近年は、女子

記事を読む

北海道アイヌ民族の文化と歴史まとめ!差別や和人との戦い内容とは?

民族を知ることで、その土地の歴史を知る。   アイヌ民族についてどれほどのことを知って

記事を読む

女子旅でのかわいいスマホ自撮りのコツ!旅行の思い出に!

スマホが普及してから、自撮りも広まりつつあります。   特に、旅行などの外出時には、き

記事を読む

北海道・ニセコのおすすめ観光スポットは?風変わりな牧場も!?

リゾート地・ニセコで楽しめるのは、スキーやスノボだけではありません。   冬以外の季節

記事を読む

北方領土問題をわかりやすく解説!ロシアやアメリカ、中国の立場は?

北海道に行くなら、楽しいことはもちろん、北方領土問題を考えてもよいでしょう。   とい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

大学のゼミの選び方!なぜゼミに入るのかその理由も紹介!

大学生活も中盤に近づき、そろそろゼミを選ばなければ、と焦りますよね。

合格祈願のお礼参りの仕方!参拝マナーと服装も紹介!

 第一志望校に合格したい。   受験勉強の成果を結果につ

受験生の合格祈願!おすすめのお守りプレゼント6選!

身近に勉強を頑張っている受験生がいると、どうしても応援したくなります。

東京で合格祈願!おすすめの神社とお守りを紹介!

東京にはたくさんの合格祈願の神社があります。   受験本

京都で合格祈願!おすすめの神社とお守りを紹介!

京都での修学旅行のついでに合格祈願のお守りがほしい。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑