学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

沖縄旅行

10月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

更新日:

仕事が忙しくて、夏休みを取りそびれた。旅行はあきらめた方がいいのかな…。

 

そんなことはありません。

 

夏に休暇を取れなかった人におすすめなのが10月の沖縄旅行です。

 

10月はまだ海水浴も楽しめるし、台風の上陸・接近も少なく、適度な暑さが夏を感じさせます。

 

遅い夏休みを沖縄で過ごすため、早速10月の気温・服装・持ち物を確認しましょう。

スポンサーリンク

10月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

逃してしまった夏を取り戻すには、10月の沖縄旅行が一番。

 

この時期、沖縄ではまだ夏が残っているのですね。

 

ただ、依然として夏が残っているとはいえど、7月・8月と比べて多少気温・気候は変わります。

 

服装・持ち物をちょっと工夫するだけで、随分と旅行の快適さが違ってくるのです。

 

だからこそ、気温を確実におさえて準備するのがポイント。

 

この記事で、10月の沖縄の気温・気候をチェックしてしまいましょう。

 

おすすめ:10月の沖縄旅行!おすすめの観光イベントスポットはどこ?

 

スポンサーリンク

<沖縄の気温は? 寒暖差が少なく過ごしやすい!?>

沖縄の気温の画像

10月の沖縄は、比較的気候が安定しており、台風との遭遇率が低いのが特徴的。

 

それほど雨も降らず、天気に恵まれることが多いので、観光するには非常に適した気候です。

沖縄国際通りの画像

そのうえ10月は体育の日の連休期間をのぞけば、とてもリーズナブルなお値段で旅行できます。

 

そのため、「夏に旅行しそびれてしまった」という人には、遅い夏を楽しめるぴったりの旅行先なのです。

 

そんな沖縄で遅い夏休みを過ごす準備として、まずは気温を確認してみましょう。

 

10月の沖縄の平均気温は25.2℃、最高気温は27.9℃、最低気温は23.1℃となっています。

 

10月でも平均気温は25℃あるので、まだまだ夏日が続くといってよいでしょう。

陽射しの画像

ただ、朝晩や風の吹く日には肌寒さを感じることもあります。

 

そのため、体を冷やさないような服装や持ち物を用意しておくと便利ですね。

 

1日を通してそれほど気温差がないので、多くの人にとって過ごしやすい気候です。

 

10月の東京・大阪とも気温を比較してみましょう。

東京駅の画像

10月の東京の平均気温は17.5℃、最高気温は21.5℃、最低気温は14.2℃。

 

大阪の平均気温は19.0℃、最高気温は23.3℃、最低気温は15.5℃となります。

 

やはり、沖縄と東京、大阪では5℃∼9℃ほどの開きがあるので、服装には気をつけたいですね。

温度計の画像

10月の沖縄の気温で注意したいのは、案外30℃を超える日が少ない点です。

 

沖縄の10月はまだ夏のままのイメージですが、そこまで暑い日は少なくなってきます。

 

肌寒さ対策のためにも、羽織ものなど、調整できるような服を持って行くのが無難です。

姉妹・カーディガンを着ている画像

さらに、紫外線量についても注意したいところ。

 

10月に入っても、沖縄の紫外線量は7月・8月とさほど変わりません。

 

 

そのため紫外線対策が欠かせないのです。

麦わら帽子とサングラスとUVと日傘の画像

日焼け止めグッズは、夏と同じように徹底的にそろえてから、旅行に出かけましょう。

 

また、10月の沖縄旅行では、まだ海水浴が楽しめます。

 

そこで確認しておきたいのが水温ですよね。

ビーチの水平線の画像

この時期の平均海水温は26℃。

 

一方で、寒さを感じることなく泳げる海水温は28℃。

 

したがって、10月の海水浴は少々肌寒さを感じることでしょう。

 

海からあがった時のために、水気を拭き取るタオルなどは、忘れずに準備しておきましょう。

 

ちなみに10月になると、ビーチにはクラゲが出現することが多くなります。

ビーチ 遊泳禁止の画像

海水浴する際には、防除ネットの外に出ないように注意してくださいね。

 

クラゲ対策については、「沖縄本島の海水浴の時期はいつからいつまで?クラゲ対策も!」の記事で詳しくご紹介しています。

 

気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

 

台風も10月の場合は、それほど心配する必要はありません。

天気予報チェックの画像

この時期は過去の統計を見ても、0.9個しか台風に遭遇していません。

 

そのため、よほど運が悪くない限り、台風に当たることはないのですね。

 

ただ、10月の台風は大型になりやすいのが難点。

 

滞在中に台風が発生して、暴風域に入ってしまった場合、外出は必ず控えて自分の身を守りましょう。

 

台風はその年によって状況が変わるので、天気予報は注意して見ておきたいところです。

 

おすすめ:沖縄観光で台風や雨の日の過ごし方!楽しめるおすすめスポットは?

 

スポンサーリンク

<10月の沖縄の服装は? サンダルでは寒い?>

沖縄のビーチ画像

10月の沖縄は、1カ月を通して最低気温が20℃を切ることはありません。

 

そのため、旅行中は半袖・半ズボンで過ごしても、とくに問題はないのですね。

双子の姉妹の画

ただ、10月も日が進むにつれ、朝晩肌寒さを感じる日が多くなります。

 

そのため、薄手の長袖シャツやカーディガンなどは、いつでも使えるようにバッグに入れておくのが正解です。

 

ボトムスは、スカートでもズボンでも大丈夫です。

 

ただ、少し気温の下がる朝晩のために、足首まで隠れるスキニーパンツやジーンズなども用意しておいた方が無難です。

 

日中はワンピースで過ごしても、とくに不自由することはありません。

 

でも、ノースリーブのワンピースは気温が下がると肌寒く感じるので、やはり羽織ものは必須。

 

海水浴する際には、それに合わせた服の準備も必要です。

 

丸一日海水浴するのであれば、夕方気温が下がったときのためにも、ウインドブレーカーを用意しておくと快適なのですね。

 

温かいイメージがつきまとう沖縄では、「10月もサンダルで良いのでは?」と思ってしまいませんか?

 

でも、この時期はサンダルやミュールなどの夏の靴では不安。

 

足元も冷えやすくなるので、スニーカーやパンプスなど、足を露出しない靴が安心です。

 

サンダルは、海水浴用のビーチサンダルを1足持っているだけで十分でしょう。

 

おすすめ:沖縄本島の透明度の高いビーチのおすすめランキング!

スポンサーリンク

<10月の沖縄に必要な持ち物は? 絶対に忘れたくないアイテム3つ!>

荷物の画像

暑すぎず過ごしやすい10月の沖縄には、どんな持ち物が必要なのでしょうか。

 

まずは絶対に忘れたくないアイテムを3つ確認して行きましょう。

 

1つ目に忘れたくないのが、日焼け止めクリームです。

日焼け止めクリームの画像

10月は夏ほど暑くないものの、紫外線量は7月・8月と変わりありません。

 

7月・8月の沖縄は、外を歩いているだけでまぶしくて、完全に目を見開けないくらい。

 

これほどまぶしければ当然肌にも負担がかかるので、最低でも日焼け止めクリームは持つようにしましょう。

 

SPF50の一番強い日焼け止めを2∼3時間ごとに塗り直すと、紫外線を効率よくカバーできます。

SPF50の画像

旅行中は毎日たっぷりクリームを使うので、日焼け止めクリームは真新しいものを1本用意しましょう。

 

その次に忘れたくないのが、日傘です。

 

日傘は全身を日光から守ってくれるので、日焼け対策には重宝します。

 

晴雨兼用の傘であれば、雨が降った時にも使えるのでおすすめですよ。

 

折り畳み式の傘なら、バッグにすっきりと収納できるので、荷物にならず便利です。

 

そして、3つ目に重要なアイテムとして挙げられるのが、サングラス。

サングラスの画像

10月の晴れた日は、観光中裸眼だとまぶしく感じることが多い季節です。

 

沖縄の紫外線量は本州の1.5倍程度あるので、決して侮れませんね。

 

目に紫外線が入ると疲労感も増すので、サングラスで目を紫外線から守りましょう。

 

ここまでが、絶対に持って行きたい日焼け対策グッズです。

 

あると便利な日焼け対策グッズは、アームカバーです。

アームカバーの画像

アームカバーなら日傘をさしていなくても、紫外線から腕を守れるのですね。

 

100円ショップでたくさん販売されているので、旅行前にのぞいてみましょう。

 

また、トレッキングやカヌー体験など、自然の中を散策するのなら、帽子が役立ちます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

UVカット帽子 TIME BARGEN☆1,000円☆1cmの深さにこだわりまし...
価格:1000円(税込、送料無料) (2018/7/6時点)

 

歩き回る場合は日傘で手がふさがってしまうと不便ですよね。

 

そのため、手ぶらでも顔を紫外線から守ってくれる帽子が大活躍するのです。

 

首の後ろはとくに日焼けしやすい箇所なので、全体につばのついた帽子がおすすめです。

 

さらに、小さく折り畳める布製の帽子であれば、バッグに折り畳んで持ち運べるので便利ですよ。

 

10月はまだ海水浴できるため、旅行では海水浴を考えている人も多いのではないでしょうか。

 

海水浴に持っていきたいのが、バスタオルです。

タオルの画像

10月の海水温は平均が26℃。

 

海からあがると若干肌寒さを感じることが多いので、風に熱を奪われないようにバスタオルを用意しておきましょう。

 

観光スポットを渡り歩く際には、マイペット・マイ水筒を持ち歩くことをおすすめします。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タイガー 水筒 ステンレスボトル MMZ-A501 サハラ マグ 500ml 軽...
価格:2025円(税込、送料無料) (2018/7/6時点)

 

沖縄の10月は本土でいう残暑のシーズンにあたるので、外を歩いていると汗ばみます。

 

それなりに体内の水分が不足して脱水状態になるので、適宜水分補給できる工夫が必要なのですね。

 

マイペット・マイ水筒があれば、いつでも水分補給できるので、バッグに入れて持ち歩きましょう。

 

マイ水筒・マイペットを持ち歩いていれば、お昼代2日分くらいの節約にもなりますよ。

 

前日に冷凍庫に入れて凍らせておくことで、当日冷たく冷えた水・お茶を飲めるので試してみてくださいね。

 

おすすめ:沖縄女子旅のお土産!家族や彼氏、職場用のおすすめまとめ!

【まとめ】

10月の沖縄は、1日を通して気温差がなく、おまけに台風も少ない安定した季節です。

 

その上、海も楽しめるので、1年でもっとも旅行に適した季節だと言っても過言ではありません。

 

夏休みを取り忘れてしまったなら、ぜひ10月の沖縄を旅行先にしてみてくださいね。

 

最後に、今回の記事が役に立ったと思ったら、ぜひSNSでシェアしてみてください。

 

また、記事のこの部分が面白かった、ここが意外だったなどのご感想があれば、お気軽にコメントください。

 

みなさんからのコメントをもとに、1年を通してそれぞれのシーズンに合った準備のできる記事を執筆してまいります。

 

関連記事:11月の沖縄旅行!気温や服装、おすすめ観光イベントを紹介!

関連記事:12月の沖縄旅行!おすすめの観光イベントスポットを紹介!

関連記事:1月の沖縄旅行!おすすめの観光イベントスポットはどこ?

 

スポンサーリンク

 

 

 

-沖縄旅行

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.