学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

北海道旅行

8月の北海道の気温は?旅行にぴったりの服装や持ち物も紹介!

更新日:

本州では暑さを増す8月は、北海道旅行には適した季節。

 

爽やかな北海道へ避暑に旅行する人も多いのではないでしょうか。

 

でも、この季節は過ごしやすいようでいて、案外気温差が激しいので決して侮れません。

 

そこで、気温や服装、持ち物について把握することがポイントになります。

 

今回はこれらの点を本記事でご一緒に確認してまいりましょう。

スポンサーリンク

8月の北海道の気温は?旅行にぴったりの服装や持ち物も紹介!

向日葵の画像

8月の北海道は観光シーズンのため、旅行に出かけようと計画を立てている人も多いでしょう。

 

夏の北海道を快適に旅行するためにも、8月の気温や服装・持ち物については確認しておきたいところですよね。

 

早速、この記事で確認していきましょう。

 

おすすめ:8月の北海道旅行!おすすめの観光スポットはどこ?

 

スポンサーサーリンク

<寒暖の差が激しい!? 8月の北海道の気温は?>

北海道札幌の年間気温画像

8月はいよいよ夏の盛りに入ります。

 

本州では35℃も珍しくないこの時期、避暑に北海道を訪れる人も多いのではないでしょうか。

 

この季節、北海道でも30℃以上の真夏日をむかえる日もありますが、基本的にはイメージどおり涼しく爽やかな気候が特徴的です。

 

ただ、地域ごとに温度差がある点に注意しましょう。

 

まずは、札幌・旭川・函館・釧路の8月の平均気温を確認してみます。

 

札幌の平均気温は22.3℃、最高気温は26.4℃、最低気温は16.8℃、旭川は平均気温が21.1℃、最高気温が26.3℃、最低気温が19.1℃となっています。

札幌時計台の画像

その一方で、函館は平均気温が22.0℃、最高気温が25.8℃、最低気温は18.7℃、釧路は平均気温が15.3℃、最高気温が21.2℃、最低気温は15.5℃です。

 

どの地域も最高気温の平均は20℃~25℃前後となっており、やはり本州よりも涼しく過ごせる点が特徴的です。

 

札幌・旭川では最高気温が30℃を超える日もありますが、それでも本州のような暑苦しさはなく、爽やかな陽気となります。

 

注意すべき点は、札幌においては1日の気温差が激しいということです。

温度計の画像

気温を見てみると、最低気温と最高気温では10℃ほどの差があります。

 

そのため、服装は調節できるようなものを準備する必要があります。

 

他の地域の最低気温もやはり20℃を下回るので、脱ぎ着できるような服装を心がけたいところです。

 

さらに、8月もお盆を過ぎると秋をむかえ、さらに寒暖の差が激しくなります。

 

8月のどの時期に北海道を訪れるかによっても、気温は異なるので天気予報は随時チェックしましょう。

 

8月の東京・大阪の気温も確認しておきますね。

東京駅の画像

8月の東京は平均気温が26.4℃、最高気温が30.8℃、最低気温は23.0℃となります。

 

その一方で、大阪は平均気温が28.8℃、最高気温は33.4℃、最低気温は25.4℃。

 

言うまでもなく、東京・大阪の方が北海道よりもよっぽど気温が高いことが分かります。

 

北海道は東京・大阪とくらべて随分気温が低いので、夏だからと言ってふだんと同じ服装のまま旅行するのは危険です。

 

服装については後ほど詳しくご紹介しますが、半袖に羽織りものを組み合わせることをおすすめします。

 

天気については、札幌あたりの地域であれば一か月の内半分は快晴に恵まれ、釧路では一か月の3分の1程度晴れます。

札幌テレビ棟の画像

ただ、晴れの日であっても気温が高くなると夕立が起こるので注意が必要です。

 

レインコートなどの雨具は必ず持ち歩くようにしましょう。

 

おすすめ:職場や家族、彼氏に贈る北海道のおすすめのお土産!感謝をこめて!

 

<8月の北海道におすすめの服装は? 羽織りものが必須!>

向日葵の画像

8月の北海道は、30℃以上の真夏日となる日があるものの、全体的には涼しく過ごしやすい気候です。

 

このような気候の場合、天気によって服装を使い分けるのがポイントです。

 

快晴に恵まれた日は、気温も高くなりやすいので日中は半袖・半ズボンのような格好でも問題ありません。

 

もちろん、ノースリーブのワンピースでも快適に観光できます。

ワンピース姿の女性の画像

ただ、やはり朝晩は20℃を下回るので、薄手のカーディガンや長袖シャツを羽織る必要があります。

 

また、室内が冷房で肌寒く感じる時も、薄手のカーディガンをバッグにしのばせていれば、すぐに羽織れるので助かります。

 

薄手のパーカー程度のものも携帯しておくと、北海道旅行でいざという時に便利です。

 

天気が曇っていたり、雨が降っていたりすると気温も比較的低くなるので、薄手のパーカーが活躍します。

 

森や山などに出かける時には、持っておきたいアイテムですね。

 

また、札幌や旭川と異なり、知床や釧路をはじめとした道東・オホーツク海側を旅行する際は、半ズボンよりも7分丈のズボンや長ズボンがちょうど良いでしょう。

 

靴についても念入りにチェックしておきたいところです。

 

札幌・旭川あたりを旅行するのであれば、サンダルでも全く問題ありません。

 

その一方で、道東やオホーツク海側の地域を観光するなら、パンプスやスニーカーなど素足を出さない靴がおすすめです。

 

札幌・旭川観光でも、朝晩は気温が低くなるので、寒がりな方はパンプス・スニーカーを持って行くようにしましょう。

 

また、旅行中にトレッキングなど自然の多い場所を散策するのであれば、サンダルは極力避けて、動きやすい靴で散策する方が無難です。

 

サンダルもふつうの靴も両方持っていると、旅程に合わせた格好ができるので便利ですよ。

 

おすすめ:北海道の喜ばれるおすすめのお土産雑貨!マイナーから名物品まで!

 

スポンサーサーリンク

<8月の北海道旅行に必要な持ち物は?>

バルーンフェスティバルの画像

北海道旅行に必要な持ち物としては一体何が挙げられるのでしょうか。

 

まず常備しておきたいのが日焼け止めグッズです。

日焼け止めクリームの画像

北海道であっても、8月の紫外線は侮れません。

 

日中は陽射しがきつく感じることも多いのですね。

 

まずは、基本中の基本である日焼け止めクリームを忘れないように持参しましょう。

 

できる限り強めの日焼け止めクリームを2~3時間ごとに塗り直すのが、日焼け回避のコツです。

 

また、日傘も手放せないアイテムです。

 

日焼け止めクリームを塗っていても、長い時間直射日光に当たっていると日焼けは防げません。

 

直接太陽の光が肌にあたるのを防ぐためにも、日傘で影をつくってワンクッション置く必要があるのですね。

 

ただ、トレッキングする時などは日傘が邪魔になりますよね。

 

そんな時には、アームカバーと帽子をかぶるようにしましょう。

アームカバーの画像

これなら、手ぶらでも十分日焼けを避けられます。

 

アームカバーはたいてい100円ショップで安く買うことができるので、旅行前にショップをのぞいてみると良いですよ。

 

一方で、帽子は全体につばのついたものを使うようにしましょう。

 

これなら、日に焼けやすい首もカバーできるので安心です。

 

さらに、サングラスも持っていると晴れてまぶしい日には重宝します。

サングラスと帽子とUVクリームの画像

普通の観光でもサングラスは役立ちますが、とくに山に登る時には、太陽の光が目にしみるので、サングラスが大活躍します。

 

また、大自然の中で山登りやトレッキングを楽しんだり、キャンプしたりするなら、虫よけグッズが必要です。

 

夏の北海道は、涼しくて過ごしやすい分、自然の多い場所では虫もたくさん出ます。

 

まずは、基本の虫よけスプレーを用意しましょう。

 

さらに、本格的に山や森を散策する場合は、小さな蚊取り線香を持っていると便利です。

 

腰から下げておくタイプの蚊取り線香なら、移動中も虫を寄せ付けず、不快な思いをせずに散策できます。

 

ちなみに、夏はスズメバチが多く発生する季節なので、注意が必要。

 

8月に北海道の自然を楽しむ場合は、スズメバチ対策のためにも帽子をしっかり被り、黒い服はなるべく避けるようにしましょう。

 

また、8月は気温が高い日には夕立に見舞われやすくなります。

 

急な雨にも対応できるように、折り畳み傘やレインコートを常備しておきましょう。

 

傘は晴雨兼用であれば、荷物が増えないのでかなりおすすめです。

 

さらに、マイ水筒やマイペットボトルを持っていると、適宜好きな時に水分補給できるので、観光の役に立ちます。

 

晴れた日は街中を観光していると、さすがの北海道でも汗ばみます。

 

汗をかいても水分を取らないと脱水症状の状態になってしまうこともあります。

 

マイペット・マイ水筒に冷たい水やお茶を入れておけば、水分不足にもならず快適に観光できます。

 

冷たいままの水やお茶を飲めるように、マイペット・マイ水筒を前日に冷蔵庫に入れておくと良いですよ。

 

おすすめ:北海道スイーツ・乳製品・フルーツを使ったおすすめのお土産6選!

【まとめ】

今回確認したように、北海道の夏は期待を裏切らない爽やかな気候が特徴的です。

 

しかし、そんな中でも30℃以上の暑い日があったり、そうかと思えば朝晩は肌寒い日もあったりと、気温の差が激しい点に注意しましょう。

 

北海道では羽織りものが大活躍するので、バッグに小さく折り畳んでしまっておくことが大切です。

 

最後に、今回の記事が役に立ったと思ったら、ぜひSNSでシェアしてみてください。

 

また、記事のこの部分が面白かった、ここが意外だったなどのご感想があれば、お気軽にコメントくださいね。

 

みなさんからのコメントをもとに、旅行中も体調を崩さずに快適に観光できるお手伝いとなる記事を執筆してまいります。

 

関連記事:9月の北海道の気温は?旅行にぴったりの服装や持ち物も紹介!

関連記事:10月の北海道の気温は?旅行にぴったりの服装や持ち物も紹介!

関連記事:11月の北海道旅行!気温にぴったりの服装と持ち物を紹介!

-北海道旅行

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.