学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

美容

永久脱毛は一生生えてこない?腕、足、脇のムダ毛処理が手間!

更新日:

永久脱毛ということばからは「一生生えてこない」とイメージしますよね。

 

美容に関心の高い女性にとって、ムダ毛は大敵です。

 

一生毛が生えてこなければ、ムダ毛の処理も非常にラク。

 

でも永久脱毛って、実は一生生えてこないわけではなく、施術を受けられる場所も限られているんです。

 

そこで今回は永久脱毛について徹底的にチェックしましょう。

スポンサーリンク

永久脱毛は一生生えてこない?腕、足、脇のムダ毛処理が手間!

脇脱毛を確認する女性の画像

「永久脱毛だなんて魅力的!本当に毛が生えてこないの?」

 

そんなふうに疑問に思っている人は多いでしょう。

 

脱毛の施術で本当にムダ毛が生えてこないのなら、処理に悩まなくても済んで楽ですよね。

 

でも、実は「永久脱毛」という言葉にはカラクリがあるのです。

 

そこで今回は、「永久脱毛は本当に一生生えてこないのか?」という疑問にお答えすべく、永久脱毛について解説します。

 

また、永久脱毛がどんな場所で受けられるのか、どんな方法で脱毛するのかについてもご紹介します。

 

これから脱毛を受けようと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

<永久脱毛って、本当に一生生えてこないの?>

脇脱毛を確認している女性の画像

永久脱毛と聞くと、一生生えてこないのかと思いませんか?

 

でもこの言葉に引っかかってはなりません!

 

日本には正式な永久脱毛の定義はありませんが、アメリカの電気脱毛教会やFDA(日本の厚生労働省にあたる政府機関)は定義を定めています。

 

それは「脱毛が終了して1か月後の時点の毛の再生率が20%以下」あるいは「脱毛施術を3回行った6か月後に、67%以上の毛が減少している」という定義です。

脇脱毛後の女性の画像

毛の再生率が0%ではなく、あくまでも20%以下と定義されているので、全く生えない・一生生えない、というわけではないのです。

 

もちろん、毛が再生するか否かは個人差があるので、本当に生えてこない人もいます。

 

また脱毛すると以前よりは毛の量が少なくなる人も。

 

でも、そもそも「脱毛って一度全部毛根から毛をなくしてしまうのに、どうしてその後も毛が生えてくるの?」と疑問に思いませんか?

 

フラッシュ脱毛・レーザー脱毛の場合は、黒色に反応するように作られているため、薄い色の産毛が脱毛できずに残ることがあります。

 

そのため、特に摩擦の多い部分の産毛は強い刺激を受けて色が濃くなってしまうこともあるのです。

脇の毛を抜いている画像

その結果、脱毛した後の肌にも濃い毛が生えてきてしまうのですね。

 

脱毛し切れなかった産毛だけでなく、永久脱毛後の生活習慣の乱れが毛の生えてくる原因になることもあります。

 

睡眠不足になったり、生活習慣が乱れたりすると、ホルモンバランスが崩れて、今まで生えてこなかった部分に毛が生えてきてしまう可能性も高くなるのです。

 

主にこのような原因で永久脱毛した後にも毛が生えてくることがあるのですね。

スポンサーリンク

<永久脱毛って、どこで受けられるの?>

?を浮かべる女性の画像

さて、永久脱毛は必ずしも一生毛が生えてこないわけではない、ということが分かりました。

 

でも永久脱毛は普通の脱毛よりも効果が高いのは確かです。

 

実はこの永久脱毛、脱毛の施術を受けられる場所ならどこでもできるわけではありません。

 

永久脱毛は、医療機関でしか施術を受けられないのです。

笑顔の女医の画像

実は1984年に「いわゆる永久脱毛を医師以外が行った場合は法律違反」と厚生労働省が定めました。

 

さらに2001年には「医療用かどうかに関わらず、強い光をあてて毛乳頭などを破壊する機械を医師以外が使うことも、医師法違反にあたる」と定められています。

 

したがって、エステサロンや光脱毛サロンが永久脱毛を実施するのは、法律上違反となってしまうのですね。

 

医療機関で行われている永久脱毛は、ニードル脱毛と絶縁針脱毛の2つです。

 

これらは電気針脱毛と呼ばれており、120年以上前から行われている脱毛法。

 

実際にどのように施術するのか、次の項目で確認してみましょう。

<医療機関で受ける永久脱毛!電気針脱毛とは?>

絶縁針脱毛の説明画像

出典元:http://www.epi.gr.jp/datsumo/denki/denki_ind.html

永久脱毛といえば医療機関で受けられる電気針脱毛ですが、これは毛穴に通電するための針を刺して毛母細胞を電気、あるいは高周波で破壊する脱毛法です。

 

電気針による永久脱毛は、レーザー脱毛よりも施術できる範囲が広いのも特徴的です。

 

レーザー脱毛では日焼けした肌や、白い毛の脱毛は難しいですが、電気針ならそのような部分の脱毛も可能です。

 

使用する針は一人一人専用の針を使用するので、感染症の予防ができて安心です。

カルテと調新規の画像

ただ電気針脱毛の場合は、「費用が高い」「強い痛みがある」「施術時間が長い」「施術前に3mm以上の毛を伸ばさなければいけない」などのデメリットもあります。

 

特に医療機関で受けられる電気脱毛は、脱毛サロンで受ける施術よりも痛みを感じる人が多いのも事実です。

 

毛穴に直接針を入れて電流を流すので、強い痛みを感じるのは当然のこと。

 

また毛膿炎や炎症性浮腫などの皮膚トラブルが多いのもデメリットです。

肌荒れの画像

短期間で効果的に脱毛できるメリットが多い反面、それに伴うリスクもあるのですね。

 

そのため、電気脱毛を受ける際には施術経験の歴史が長い医療機関・医療クリニックを選びましょう。

 

「施術の経験年数」、「年間の施術数」はチェックしておきたいところです。

 

ここで、「永久脱毛できるのは医療クリニック・医療機関だけなら、普通の脱毛サロンで受ける施術には脱毛の効果はないの?」と疑問に思うかもしれません。

 

確かに普通の脱毛サロンの施術は、医療機関の永久脱毛と比べて効果が出るまでに時間がかかります。

時計の画像

でも、回数を重ねて施術すれば、限りなく永久脱毛と変わらない効果を得られます。

 

エステサロンでの施術の効果はいかに?

 

次の項目で確認してみましょう。

スポンサーリンク

<脱毛サロンの施術効果はどれくらい?>

砂時計とカレンダーの画像

脱毛サロンでの脱毛効果を簡単に説明すると次の通りになります。

 

・半永久的な脱毛効果(脱毛が完了してから1カ月に1回程度サロンに通う必要がある)

・ムダ毛が生えてきても量が少ない

・ムダ毛が生えてくるのが遅くなる

 

このような効果を得られます。

 

時間が経つとムダ毛は生えてきてしまいますが、その点はたとえ永久脱毛を受けたとしても変わりません。

 

一度完全に脱毛できたら、毎日毛の処理に悩むこともなくなりますし、脱毛サロンに通う頻度も少なくなりますよね。

 

ただ、「早く脱毛を完了させたい!」と思っている人にとって、脱毛サロンでの施術は時間がかかってしまうのがデメリット。

 

医療機関の永久脱毛は5~6回程度、12~24か月で脱毛が完了します。

脇脱毛の画像

その一方でサロン脱毛は12回~18回で24~36か月以上かかってしまうのが難点です。

 

しかし、脱毛サロンであれば皮膚への負担が少なく、痛みも感じにくいため、肌に気をつかっている人にはおすすめです。

 

医療脱毛と脱毛サロンの違いについての詳細は次回の記事で詳しくご紹介しますが、このような違いがあることを事前に頭に入れておきましょう。

【まとめ】

永久脱毛は女性にとって、とても魅力的ですが、実は本当に「永久」であるわけではないのですね。

 

それを踏まえると、医療機関での永久脱毛も、脱毛サロンでの脱毛も効果の面ではあまり変わりません。

 

ただ、脱毛が完了するまでの期間や肌への負担、痛みの度合いは、医療機関と脱毛サロンでは全く異なります。

 

その点を踏まえ、永久脱毛にするか、一般的な施術を受けるか判断しましょう。

 

最後に今回の記事が役に立ったと思ったら、ぜひSNSでシェアしてみてください。

 

また記事のこの部分が面白かった、ここが意外だったなどのご感想があればお気軽にコメントください。

 

みなさんからのコメントをもとに、より美容ケアをよりスムーズに、より充実させるヒントをご紹介します。

 

関連記事:VIO・ワキ・顔脱毛は痛い?痛みを軽くする対処法は?

関連記事:医療脱毛とエステ脱毛の違いとは?効果や回数、料金は?

関連記事:彼女のムダ毛処理を指摘できない!彼氏が気になるムダ毛箇所は?

関連記事:おすすめの全身脱毛サロンランキング3選!最大の特徴とは?

 

スポンサーリンク

 

 

 

-美容

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.