学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

美容

VIO・ワキ・顔脱毛は痛い?痛みを軽くする対処法は?

更新日:

脱毛は痛いって言うけれど、どれくらい痛いのか心配。

 

脱毛経験がないと、とても不安に思いますよね。

 

どんな痛みを感じるのか、なぜ痛いのか、そして痛みの対処法を知りたいところです。

 

事前に知ることで施術を受ける心構えもできますよね。

 

そこで今回は、脱毛の痛みに不安を感じている人向けに、痛みの種類や原因、対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

VIO・ワキ・顔脱毛は痛い?痛みを軽くする対処法は?

顔脱毛する女性の画像

はじめて脱毛するけれど、痛いって聞くから施術を受けるのが怖い。

 

脱毛してみたけれど、どうしてこんなに痛いんだろう?痛くならない方法はないのかな。

 

こんなお悩みを抱えていませんか。

 

脱毛は一般的に痛いと言われていますが、実際にどんな痛みなのか、そして痛い理由は何なのか、どんな対処法があるのか、気になることがたくさんありますよね。

 

そこでこの記事では、それらの疑問にお応えすべく、脱毛の痛みについて解説していきます。

 

痛みの種類や理由、対処法を知って、快適に脱毛できるように準備しておきましょう。

<脱毛って痛いの?>

考える女性の画像

これからはじめて脱毛を受ける人は、「脱毛って痛いの?」と気になってしまいますよね。

 

「脱毛は痛い」という噂をよく聞くので、脱毛に躊躇してしまいます。

 

でも、事前に脱毛の痛みについて知っておけば、ある程度覚悟して施術に臨めるので安心ですよね。

 

一般的な脱毛は、医療機関でのレーザー脱毛と脱毛サロンの光脱毛の2種類があります。

レーザー脱毛している画像

この2種類のうち、より痛みが強いのが医療機関でのレーザー脱毛。

 

というのも、レーザー脱毛は光の照射レベルが非常に強く、毛根に刺激が集中するためです。

 

しかし、その分だけ効果も高く、脱毛期間を早く終わらせたい人にはおすすめの施術方法です。

 

その一方で脱毛サロンでの光脱毛は、医療機関のレーザー脱毛よりも効果が出るのは遅くなるものの、かなり痛みが軽減されます。

 

その上、脱毛サロンにおいては最近ほとんど痛みのない機械を導入していることが多く、ほとんど痛みを感じない施術も可能です。

フェイシャルエステを受けた女性の画像

医療クリニックで脱毛するか、あるいは脱毛サロンで施術を受けるかは、痛みへの耐性がどれくらいあるか、そして、どれほどの脱毛期間を希望するかで判断するようにしましょう。

 

さて、肝心な痛みの種類についても気になりますよね。

 

一般的に脱毛の痛みは「ゴムではじいたような痛み」と表現されることが多いもの。

輪ゴムの画像

しかし厳密に言うと、医療クリニックで受ける脱毛と、脱毛サロンで受ける脱毛は痛みの種類が異なります。

 

医療クリニックの場合は、ビリビリと電気が走るような感覚。

 

一方で脱毛サロンの場合は、ほとんど痛みを感じることはありません。

 

たとえ痛みがあるとしても、ピリッとするくらいのかすかなものです。

 

実際のところは脱毛を受けてみないと分かりませんが、感じる痛みとしてはこのような感覚であることを頭に入れておくと安心です。

<脱毛が痛い理由は?>

悩みを抱える女性の画像

脱毛サロンに行ってキレイになれるのは嬉しいけれど、それと引き換えに痛みが気になる女性が多いのが事実です。

 

光脱毛・レーザー脱毛で本来そこに生えていたはずの毛を根こそぎ抜き取るのだから、痛いのは仕方ないと思うかもしれません。

 

痛みの原因は、高熱で毛根を焼いていることにあります。

 

毛根には毛を作り出している「毛根細胞」、そして毛母細胞に栄養分を送る「毛乳頭」があります。

 

毛を作る大事な部分に、光脱毛の場合は約70℃、レーザー脱毛の場合は約200℃ほどかかっています。

火の画像

したがって「熱い」という感触が「痛い」という感覚につながっているのですね。

 

対処法としては冷却や麻酔が比較的効果を発揮しますが、痛みには個人差があるため、必ずしもこの対処法で治まるというわけではありません。

 

また特に痛みを感じやすい部分は、VIO・ワキ・顔の3つの部分です。

 

頑丈な毛であるほど強い熱が集中するので、痛みを感じる可能性も高まります。

脇脱毛している女性の画像

そのためVIOやワキに痛みを感じやすくなるのですね。

 

一方、顔の部分は脂肪が少なくて骨にも近いため、痛みを感じやすくなります。

 

顔だけではなく、ひざ下などその他皮膚の薄い部分は特に骨にひびくような痛みが特徴的です。

 

逆に痛みを感じない部分は、背中やお腹などです。

 

でも、あくまで痛みの感じ方には個人差があるということを踏まえておきましょう。

背中脱毛の画像

ここで「痛い理由はよく分かったけれど、痛くならないようにするにはどうすればいいの?」と思いますよね。

 

そんな人にお応えし、次の項目では脱毛の痛みを避けるための対処法をご紹介します。

<脱毛の痛みを軽くする方法とは?>

脇脱毛を確認する女性の画像

熱によって毛根を焼く脱毛は、痛みが伴いやすいのがデメリット。

 

でも、キレイになるには脱毛が必須なので簡単には辞められないですよね。

 

実はできるだけ痛くならない方法があるんです。

 

この項目では、早速脱毛のケアを確認してみましょう。

・紫外線対策、保湿を行う

保湿の画像

脱毛の痛みをおさえるコツとして、一番簡単かつ基本的なのが「紫外線対策」と「保湿」です。

 

実は日焼けした肌を脱毛すると肌へのダメージが非常に大きくなってしまうのですね。

 

日焼けでただでさえ軽いやけどをしている肌に、レーザーや光で熱を加えてしまっては泣きっ面に蜂です。

 

肌がやけど状態になってしまうだけでなく、色素沈着も起こしてしまいます。

日焼けしてSPF50のクリームを太ももに塗る画像

このようなやけど状態になりにくくするために、事前に日焼け止め対策を行う必要があるのですね。

 

また、肌の水分量が少なくても脱毛の刺激が強くなってしまうので、毎日保湿ケアする必要があります。

 

保湿ケアとしておすすめなのは、フェイスパックや貼る化粧水です。

 

私の場合は、保湿ケアとして「LuLuLun(フェイスマスク)」を毎日使用しています。

LuLuLunの画像

出典元:amazon

こちらは32枚入りで1日50円ほどのリーズナブルなお値段なので、毎日気がねなく使用できます。

 

おすすめなので、これから脱毛を考えている人は今から保湿ケアとしてぜひ試してみてくださいね。

 

amazonで詳細を確認する ⇒ こちら

楽天で詳細を確認する ⇒ こちら

 

・脱毛部位を冷却する

扇風機の画像

脱毛は毛根を焼き尽くすことによって毛をなくします。

 

つまり脱毛後の痛みは、やけどのようなもの。

 

したがって、痛みの対処法としては脱毛部位を冷却すると効果があります。

 

冷たいタオルや保冷剤を痛みの感じる部位に当てておくことで、肌のひりひりした痛みを軽減できるのですね。

 

ただ、脱毛器によっては施術中に冷却できる装置がついているものもあります。

ディオーネの脱毛機械の画像

出典元:https://www.datsumousalon-dione.jp/ws/material/img/salon/minamiaoyama_salon.jpg

脱毛サロンのスタッフに尋ねてみて、自分でどんな対処ができるかチェックしてみてくださいね。

・良好な体調で臨む

美容で笑顔の女性の画像

肌の調子が良いほど、脱毛でのダメージも軽減されます。

 

そのため、体調を整えて施術に臨むことで、痛みは軽減されます。

 

風邪を引いている時や、生理前後など、肌がデリケートな時は特に痛みを感じやすいので、その場合は避けた方が無難です。

 

脱毛を受ける直前は、しっかりと睡眠をとり体調を整えるように気をつけましょう。

・麻酔を使用する

麻酔の画像

脱毛サロンでは痛みを軽減するために麻酔を使用することも。

 

たいてい一般的な脱毛サロンでは「笑気麻酔」、「麻酔クリーム」、「麻酔テープ」の3つが使われており、カウンセリングの際に麻酔についても相談できます。

 

脱毛サロンで施術を受ける前には、3つの麻酔についてざっと確認しておくとよいでしょう。

 

「笑気麻酔」とは歯科医でも使用されており、吸入用マスクを着用して鼻から亜酸化窒素を吸います。

 

Aya...さん(@rechel0620)がシェアした投稿 -

感覚としては、お酒を飲んで酔った時と同じような感覚で、眠気を感じます。

 

そのため感覚が鈍くなるので、脱毛の際の痛みが軽減されるのですね。

 

一方で麻酔クリームは塗るタイプの麻酔です。

脱毛クリームの画像

このクリームは痛みを軽減したい部分だけに効くもので、局所的な効果が特徴的です。

 

その効果は笑気麻酔よりも強いのですが、効果が表れるまではクリームを塗ってから30分程度かかります。

 

そして、3つ目の麻酔テープは皮膚に貼るタイプの麻酔です。

 

このテープは「リドカイン」と呼ばれる成分を含んだものですが、笑気麻酔や麻酔クリームと比べて効き目が弱い麻酔です。

どのタイプの麻酔が自分に合うのか、施術前にカウンセリングでしっかりと話し合ってみてくださいね。

<敏感肌にやさしい脱毛サロンって?>

顔脱毛の画像

ここまで、脱毛の痛みについて確認してきました。

 

そこで「敏感肌の人にもやさしい脱毛サロンって?」と気になりませんか。

 

敏感肌の人でも安心して施術を受けられるサロンなら、不安なくお任せできますよね。

 

実は敏感肌の人にぴったりの脱毛サロンがあるんです。

 

その脱毛サロンとは、ディオーネ。

ディオーネの画像

出典元:https://www.datsumousalon-dione.jp/ws/material/img/salon/shinjuku_salon.jpg

ここではアトピーやニキビの肌でも、痛みを感じにくい施術を受けられる脱毛サロンです。

 

実際に全然痛みがない、むしろ温かい熱が気持ちいい、エステサロンにいるようだ、との口コミが多いのが魅力です。

 

ここでは「毛の種」に直接アプローチする「ハイパースキン法」を導入しており、それが痛みの軽い理由です。

 

従来の脱毛法は、毛根を高熱で焼く方法ですが、ハイパースキン法は3~4週間に1回のペースで肌にある毛の種に特殊な光を当てるのです。

 

この光の温度はなんと38度。

体温とほとんど変わりません。

 

だからやけど状態にならず、痛みを感じることはないのです。

 

どうしても痛みに弱い、脱毛初心者で痛みが不安、という人にはディオーネがおすすめですよ。

ディオーネの顔脱毛なら ⇒ ハイパースキン脱毛専門サロン Dione お顔脱毛

ディオーネのVIO脱毛なら ⇒ ハイパースキン脱毛専門サロン ディオーネ VIO脱毛

【まとめ】

「脱毛は痛い」という話だけを聞いていると、施術を受けるのが億劫になってしまいますよね。

 

でも、痛みについての知識を入れると随分心配がなくなります。

 

今回ご紹介したように、痛みをほとんど感じない施術を受けられる脱毛サロンもあるので、敏感肌の人あるいは痛みに弱い人は、ぜひ利用してみてくださいね。

 

最後に今回の記事が役に立ったと思ったら、ぜひSNSでシェアしてみてください。

 

また記事のこの部分が役に立った、ここが意外だったなどのご感想があれば、お気軽にコメントください。

 

みなさんからのコメントをもとに、脱毛を身近に、もっときれいになるためのヒントをお届けしてまいります。

 

関連記事:永久脱毛は一生生えてこない?腕、足、脇のムダ毛処理が手間!

関連記事:医療脱毛とエステ脱毛の違いとは?効果や回数、料金は?

関連記事:彼女のムダ毛処理を指摘できない!彼氏が気になるムダ毛箇所は?

関連記事:おすすめの全身脱毛サロンランキング3選!最大の特徴とは?

 

ディオーネの全身脱毛なら ⇒ ハイパースキン脱毛専門サロン Dione 全身脱毛

-美容

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.