学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

沖縄旅行

沖縄への女子旅におすすめの持ち物リスト!服やお金は?

更新日:

快適な旅行には、適切な持ち物が必要です。

 

うっかりと忘れ物してしまうと、そのことで頭が一杯になり、なかなか旅行も楽しめませんよね。

 

特に女性は持ち物も多いので、抜かりなく準備しなければなりません。

 

そこで、今回は温暖な沖縄へ女子旅の予定がある方向けに、持ち物についてご紹介します。

 

出発前に一通りチェックしましょう。

スポンサーリンク

沖縄への女子旅におすすめの持ち物リスト!服やお金は?

女子旅の画像

旅行の荷物は基本的に、旅行先の気候に合わせた持ち物を用意します。

 

でも、初めて沖縄に行くのであれば、何を用意すれば良いのかあまり見当もつかないですよね。

 

女子旅では持ち物が多くなってしまう、初めて沖縄を旅行するけれど何を持ってい行けば良いか分からない、という方は「他の国内旅行と共通する必須の持ち物」「沖縄だからこそ持っていきたいもの」「あると便利なもの」の3つのジャンルに分けて荷造りすると、最低限かつ抜かりない準備ができます。

 

今回は、この3つのジャンルに分けて、沖縄女子旅に必要な持ち物を一ご紹介します。

スポンサーサーリンク

<必須の持ち物>

トランクの画像

沖縄の女子旅で必須になる持ち物は、他の国内旅行と共通するものと、沖縄だからこそ持って行きたいものの2通りとなります。

 

ここでは、この2通りの持ち物について確認していきましょう。

 

まずは、他の国内旅行と共通する持ち物からご紹介しますね。

・他の国内旅行と共通する必須の持ち物

飛行機の中の画像

国内旅行で必須の持ち物は次の通りです。

*現金

旅行代金の画像

現金は宿泊する日数に応じて持参する額をしっかりと計算しましょう。

 

国内旅行であれば、適宜ATMでお金を下ろすことができますが、必要な時に十分な現金が無いと焦ってしまいます。

 

旅行中、何が起るか分からないので。お財布には1万円は入れておくようにしましょう。

*航空券

チケットの画像

沖縄への交通手段はほとんどの場合、航空機でしょう。

 

したがって、航空券を忘れてしまうと搭乗することができません。

 

出発前には航空券を忘れないよう何度も確認しましょう。

*靴下・アンダーウエア

靴下の画像

こちらも旅行日数に応じて必要な枚数を準備しましょう。

 

宿泊先にコインランドリーなどが準備されていれば、日数よりも少なめでも大丈夫です。

*洋服

洋服の画像

季節にもよりますが、沖縄は基本的に温暖な気候なので、汗をかくことが多いものです。

 

夏季・雨季は、汗や雨で服が汚れやすいので一日に何度も着替えることもあるでしょう。

 

宿泊先にコインランドリーがない場合には、滞在日数よりも多めに持参しましょう。

*健康保険証

保険書の画像

旅行先で具合が悪くなったり急病に倒れてしまったり、思わぬ怪我をしてしまうこともあるでしょう。

 

そのようなケースに備え、健康保険証を持参していると安心です。

*スマホ・携帯

スマホの画像

こちらは連絡手段として欠かせません。

 

また、写真を撮る際にも非常に重宝するので、必須の持ち物でしょう。

 

目覚まし時計としても活用できます。

 

充電器も、くれぐれも忘れないように注意しましょう。

*スキンケア用品

 スキンケアの画像

うっかり忘れてしまいがちなのがスキンケア用品です。

 

女性は旅行中もお肌のケアが必要なので、普段使いのケア用品をしっかりと持参しましょう。

 

旅行に持参する際には100円ショップで手に入る小さなボトルに移し替えると手軽です。

*化粧品

化粧品の画像

外出時メイクをするに方は、必須のアイテムですね。

 

すぐに取り出せるよう、スーツケースではなく、手持ちの荷物として持ち込みましょう。

*洗顔剤

スキンケアする女性の画像

メイクもすっきりと落とせる洗顔剤がおすすめです。

 

旅行用のサイズで販売されているので、そちらを購入しておくと安心です。

*キャッシュカード

キャッシュカードの画像

現金が足りない時に、お金を引き出せるよう、常に持ち歩きましょう。

*クレジットカード

クレジットカードの画像

現金が不足している時に、手元にあれば、すぐに会計を済ませることができて便利です。

*免許証

免許書の画像

沖縄の交通手段は非常に限られているので、レンタカーを借りる場面も出て来るでしょう。

 

その際には免許証があると便利です。

 

また、身分証明証としても利用することができるので様々な場面で重宝します。

*コンタクトレンズ・眼鏡

メガネとコンタクトレンズの画像

普段からコンタクト・眼鏡を利用している方は、忘れずに持参しましょう。

 

両方持っていると安心です。

 

コンタクトは使い捨てでない限り、保存液や洗浄液も忘れないように注意しましょう。

*薬・絆創膏

薬の画像

突然具合が悪くなってしまったり、怪我をしてしまったりした時に、薬や絆創膏があると安心です。

 

腹痛・頭痛・下痢に効く薬や、様々なサイズの絆創膏を一通り揃えておきましょう。

スポンサーサーリンク

・沖縄だからこそ持って行きたいもの

沖縄ビーチの画像

沖縄だからこそ持って行きたいものは、日焼け対策が中心となります。

 

沖縄の紫外線は他の都道府県と比べて数倍も強いので、万全を期した準備を行ないましょう。

*日焼け止め

 

普段使用している日焼け止めの度数が弱い場合には、沖縄の強烈な日差しにも耐えられるよう、しっかりと日差しから肌を守ってくれるものを選びましょう。

 

首筋は日焼け止めを塗り忘れてしまいがちな部分なので、しっかりと塗るように心がけます。

*サングラス

 

沖縄は紫外線が強いため、長時間外出する場合にはサングラスが必要となります。

 

旅行は一時的なものですが、常に目を紫外線にさらしていると白内障の原因となるので、気をつけましょう。

*帽子

 

帽子は顔焼けしたくない女性には必須のアイテムですね。

 

キャップでも良いですが、なるべく全体に鍔(つば)がついており、顔・首筋がすっぽりと日陰に入るような帽子を選びましょう。

*水着

 

ビーチで海水浴を楽しんだり、プールに出かけたりする予定があれば、水着を忘れないようにしましょう。

*日傘

 

日焼けを徹底的に避けるのであれば、日傘を持参しましょう。

 

帽子のみでカバーしていると、腕や脚は焼けてしまいます。

 

それを防ぐためにも日傘は心強いアイテムです。

*虫よけスプレー

 

沖縄の市街地ではそれほど虫は目立ちません。

 

しかし、観光先で鬱蒼とした場所を訪れるケースも多いことでしょう。

 

自然豊かなエリアは虫が多いので、虫刺されを避けるためにも、スプレーは必須です。

*制汗剤

 

やはり沖縄は暑いので、外出時は大量に汗をかくことが多いものです。

 

汗で旅行中不快な思いはしたくありませんよね。制汗剤を持参して少しでも汗を抑えましょう。

<あると便利なもの>

サングラスと帽子の画像

余裕があれば、必須の持ち物以外にも、持つと便利なものがあります。

 

もう少し旅行中も快適に過ごしたい方は次のアイテムも考慮に入れましょう。

*紙袋

紙袋の画像

お土産をたくさん購入するのであれば、紙袋をいくつか持っていきましょう。

 

お土産品が多いと鞄に収まり切らず、持ち帰るのに一苦労します。

 

紙袋があれば随分と助かるので、コンパクトに折り畳んで持参すると良いですよ。

*耳栓

 

バスや飛行機での移動中、周囲の音を気にせず過ごしたいのであれば、耳栓を持参しましょう。仮眠時にも役立ちます。

 

100円ショップで購入できるので、旅行前に確認してみましょう。

*アイマスク

 

こちらも、バスや飛行機での移動中、仮眠を取る際に活躍してくれます。

 

沖縄は日差しが強いので、目を休めたい時にも利用できます。

*本

読書の画像

沖縄は台風などで天候が悪い日も多い旅行先です。

 

万が一、一日ホテルで過ごすことになってしまっても退屈しないよう、本を持参すると良いでしょう。

 

ただ、何冊も持っていると荷物になってしまうので、文庫本を2~3冊ほど持てば十分でしょう。

 

おすすめ:沖縄観光で台風や雨の日の過ごし方!楽しめるおすすめスポットは?

*腕時計

時計を見る女性の画像

スマホや携帯で時間を確認することもできますが、万が一故障してしまった場合、あるいは充電が切れてしまった場合には、腕時計があると安心です。

 

旅行中なので、それほど高価でなく、無くしても問題ないような腕時計を持参しましょう。

*足爽快シート

 

旅行中は一日外出することが多いため、歩き回って足が疲れてしまいます。

 

翌日も足に違和感なく快適に旅行を楽しみたいのであれば、足爽快シートを用意しましょう。

 

これなら、足のむくみ・疲れをしっかりと取り去ってくれます。

*マッサージグッズ

 

旅行中は歩いたり、体を動かしたりすることが多いので、疲労を感じやすくなります。

 

そのような時には、マッサージグッズで疲れた体を癒しましょう。

*薄手の長袖

 

沖縄とはいえ、室内は冷房が効いており、むしろ寒さを感じてしまう場面にも出くわします。

 

寒いと非常に不快な思いをしてしまうので、快適に過ごすためにも薄手の長袖を1枚持っていると便利です。

 

もちろん、冬期はいくつか揃えて持参しましょう。

スポンサーサーリンク

【まとめ】

旅行となると女性はどうしても荷物が多くなってしまう傾向にあります。

 

荷造りを行う際のコツは、今回ご紹介したように、「旅行に必須なもの」「沖縄旅行だからこそ持っていたいもの」「必須ではないがある快適なもの」の3段階に分けて荷物を準備することです。

 

忘れ物の無いように、最終確認をしっかりと行なった上で旅行に出かけてくださいね。

 

最後に、今回の記事が役に立ったと思ったら、是非SNSでシェアしてみてくださいね、

 

また、この記事のこんな点が気になった、これについてもっと知りたい、というご感想があれば、お気軽にお申し付けください。

 

皆さんのご意見をもとに、より良い記事を提供してまいります。

 

関連記事:沖縄のおしゃれでかわいいお土産雑貨を紹介!おすすめの伝統工芸も!

関連記事:沖縄女子旅のお土産!家族や彼氏、職場用のおすすめまとめ!

関連記事:好きな人に喜ばれるお土産の渡し方は?言葉遣いとマナーが大事!

-沖縄旅行

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.