学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

恋愛哲学

両親に結婚を反対されている!上手な説得方法は?

更新日:

両親からの反対で、結婚をあきらめることほどもったいないことはありません。

 

結婚は家と家を結ぶものであり、両親は大きな存在なので、反対は大きなプレッシャーになりますよね。

 

それでも、あまり重く考すぎては成るはずのものも成りません。

 

常に説得する方法はいくらでもあるからです。

 

今回は、無事結婚を叶える説得方法をご紹介しますね。

スポンサーリンク

両親に結婚を反対されている!上手な説得方法は?

xのポーズをする女性の画像

幸せな結婚はみんなから祝福される結婚ですよね。

 

でも、一番大きな存在である両親から、結婚の反対を受けることはめずらしくありません。

 

結婚は家と家の結びつきをつくる一大行事であるだけに、両親からの反対はショックですよね。

 

それでも大丈夫。

 

落ち着いて説得すれば、必ず状況も良い方へ向かいます。

無事両親を説得して幸せな結婚へと踏み出すには、どんな説得方法があるのでしょうか。

 

この記事では、説得前にすべきこと・有効な説得方法を確認して行きますね。

 

おすすめ:女性が幸せになる男性の選び方!結婚相手は条件の上で選ぼう!

 

スポンサーサーリンク

<説得する前にすべきこと>

指差しする女子高生の画像

両親から結婚を反対されると、すぐに説得に取り掛かろうとしてしまいますよね。

 

でも、初っ端から自分たちの想いを伝えるのは逆効果です。

 

まずは、説得しやすい環境をつくることがポイントなのですね。

 

どんな行動を取れば、両親を説得しやすくなるのでしょうか。

 

早速、両親を説得する前にすべき2点をご紹介します。

 

おすすめ:恋人ともっと仲良くしたいなら? 真剣に「遊ぶ」ことが大切!

① 両親が反対する理由を聞く

腕組みする女性の画像

まず、最優先して取り組みたいこと、それはなぜ両親が結婚に反対するのかということです。

 

これを知らずに、自分の主張ばかり通していては、親を説得させることはできません。

 

親から見て、自分たちの結婚の何が問題なのか突き止めることで、どう説得すればよいのか対策を練ることができるのですね。

アイデアの画像

大半の場合、親は子供の幸せを確実なものにしたいと思っています。

 

そのため、少しでも不安要素が見当たる場合、結婚はやめておいた方が良いと反対するのです。

 

親の不安要素を洗い出せたら、それをどう解決できるか示す。

案内している女子高生の画像

こうすることで、結婚に対する親の不安も無くなるのですね。

 

また、時に親の勘は、結婚するにあたって本当に今の相手で良いのか、考え直す良い機会を与えてくれます。

 

頼りない彼・彼女だけれど、好きな気持ちが強くて結婚を決めることもあるでしょう。

 

しかし、結婚は愛だけでは不安定です。

 

そこに、お互いの覚悟と責任が伴うのです。

結婚するカップルの画像

結婚を機に「生活」を共に背負う同志のような関係に移り変わります。

 

子供ができたら、心がきれいで芯のある人になって、幸せに暮らして欲しいですよね。

 

そのためには、明るくて暖かい家族が必要です。

 

いつか授かる子供の人生まで左右する結婚なのです。

子供の画像

完全に親の意見に飲み込まれてしまってはいけませんが、親から「結婚相手は本当に責任ある人なの?」と問われたら、もう一度彼・彼女を冷静に見直してみましょう。

 

その上で、自分たちは上手くやれると確信が持てたら、どんなに反対されてもその信念を曲げず、結婚の意志を固めるのが一番です。

② どんな人生を歩みたいか話す

赤ちゃんを高い高いしている画像

結婚を反対する親を説得させる時、つい結婚相手のことを伝えようとしてしまいます。

 

もちろん、相手の人柄を真剣に伝えることで、親の心も多少は動きます。

 

でも、その前に″あること″を話すだけで、随分と説得がスムーズにはかどりはじめます。

 

その″あること″とは、自分がどんな人生を歩みたいかということです。

和服姿のカップル画像

自分がどう人生を歩みたいか話すことで、その人生を実現するためにどんな仲間が必要なのか、どんなパートナーが必要なのかが明らかになります。

 

このように、まずは親に自分という人間を知ってもらうことです。

 

「息子(娘)は、こんなことを考えて人生を歩んでいるんだ」と理解できれば、なぜ今の彼氏・彼女と結婚しようとしているのか、両親も納得できます。

ぼーっとする女性の画像

純粋に、好きだから、気が合うから、という要素も大切です。

 

でもこれだけでは、説得力に欠けます。

 

そこで、一緒に人生を作り上げていくための最良のパートナーだから、という筋の通った理由があれば、親も応援したくなるものです。

 

今一度自分がどう生きたいか見直して、彼氏・彼女が自分の人生にどんな良い影響を与えているのか、整理してみましょう。

 

おすすめ:恋人にやさしくするには?相手への認識を変えてみよう!

 

<これなら両親も賛成してくれる!? 4つの説得方法!>

okマークの女子高生の画像

なかなか両親からの賛成が得られない場合も、上手に説得させることは可能です。

 

しつこい主張ではなく、スマートな説得方法を実践すれば、両親を説得するにもそれほど時間はかかりません。

 

ここでは、両親の考えを揺るがす説得方法を4つ確認してみましょう。

・彼氏、彼女の人柄をふだんから話す

カップルの画像

両親が結婚を反対する要因として最も大きいのは、彼氏・彼女の人柄がよく分からないということです。

 

どのような経歴を持っていて、どこで知り合った相手なのか、どんな性格なのか。

手繋ぎの画像

直接顔を見合わせたことがない限り、全く相手の人物像を思い浮かべられません。

 

一度挨拶したことがあっても、第一印象だけでは彼氏・彼女の素は両親には分かりません。

 

とくに、最初のうちは彼氏・彼女も緊張していて、素の自分で挨拶できないこともあります。

 

彼氏・彼女を両親に会わせた時に、傍からみて「いつもよりも緊張しているな」と思ったら、後で両親に「本当はもっとこんな人なんだ」とフォローしてみましょう。

サポートの画像

それと同時に、ふだん2人で過ごしている時にはどのような話をして、どんなことを考えている人なのか、気軽に伝えてみましょう。

 

素の彼氏・彼女のことを伝えるうちに、両親が最初に抱いたイメージが崩れるのです。

 

イメージが崩れた頃に、また彼氏・彼女を両親に会わせてみましょう。

 

前よりも打ち解けた雰囲気の中で話ができれば、お互いの固定観念も崩れ、仲良くなれます。

・結婚後の将来計画を立てる

家と家計簿の画像

親にとっては、子供はいつまで経っても子供です。

 

結婚すると聞いても、「若くて頼りない2人で大丈夫なのか」と心配になります。

指差しの画像

また、両親が彼氏・彼女に対して頼りない印象を抱いた場合、「娘(息子)はこんな頼りない相手と結婚して幸せになれるのだろうか」と不安になります。

 

そんな不安があるから、あの人との結婚はやめておいた方がいい、と反対するのですね。

 

そんな時、両親を説得するのに有効なのが、2人で結婚後の将来計画を立てて伝えることです。

 

何年後にどのくらい貯金するのか、子供はどうするのか、住む場所はどこにするのか、仕事はどうするのか。

妊婦の画像

これらについて計画してみましょう。

 

将来に向けてしっかりと計画を立て、話し合える2人であることを証明できれば、両親も安心です。

 

一度、2人で結婚後の計画を立て、今一度両親と顔を合わせる機会を作ってみましょう。

・両親の兄弟姉妹(伯父・伯母)の協力を得る

祖父母の画像

2人だけで両親を説得させるには、限界があります。

 

そこで有効なのが、両親の周りにいる人たちを味方につけることです。

 

とくに伯父・伯母の協力は両親を納得させる大きな要因となります。

 

一度伯父・伯母に連絡を取り、「親に結婚を反対されていて困っている」という旨を伝えましょう。

和服姿の女性の画像

彼氏・彼女も交えて食事の機会を設け、悩みの相談に乗ってもらいます。

 

その後、伯父・伯母から直接両親に「結婚予定の相手はいい人だったよ。結婚賛成してあげたら?」と伝えてもらいます。

 

実の兄弟姉妹からこのように言われると、両親も「自分の見る目が無かったのかな?」と思うようになります。

 

伯父・伯母に両親を説得してもらったら、もう一度彼氏・彼女との顔合わせの機会を設けましょう。

食事会の画像

都合が合えば、彼氏・彼女と仲良くなった伯父・伯母も交えて食事するのも、説得のチャンスになります。

 

周囲を味方につければ、「結婚を賛成しない方がおかしい」という雰囲気にもなるので、説得も上手く行くのですね。

・「自分たちのことは、自分たちで決める」

決断力の画像

両親を説得する際、終始一貫して大切なのは、「自分たちのことは、自分たちで決める」というスタンスを取ることです。

 

もちろん、結婚は両親に認められ、祝福されて成立した方が精神的に安心です。

 

でも、両親に反対されているから結婚できない、ということはありません。

 

たとえ反対されていても、結婚はできます。

指輪交換の画像

どんな方法を試しても上手く行かなかったら、自分たちの意志で結婚する選択肢もあるのです。

 

「子供は親が認めてくれない限り、結婚しないだろう」と思わせてしまっては、いつまでも両親は反対し続けます。

xのポーズをしている女性の画像

どんなに両親が反対しても結婚する、とあらかじめ意思表示すること。

 

これによって、精神的に親離れしていることを示すのです。

 

「反対されても、結婚することは決まっている」と伝えたところ、最終的に両親も折れたという話は良く聞きます。

指切りの画像

結婚に対する強い気持ちを表す言葉でもあるので、いつまでも賛成してくれない場合は、自分たちの固い意志を伝えましょう。

 

注意したいことは、「反対し続けるなら縁を切る」という言葉です。

親子の指切りの画像

これは絶対に避けておきたい言葉。

 

これを言ってしまっては、親子関係そのものが崩れてしまいます。

 

両親の人格そのものを否定するのではなく、あくまでも結婚に対するスタンスだけが食い違っていることを忘れないようにしましょう。

 

おすすめ:恋人と一緒に成長しよう! 心開いてつき合うために!

スポンサーサーリンク

【まとめ】

最後に一番大事なポイントを再確認しましょう。

 

「結婚は人に決めてもらうのではなく、自分たちで決めるもの」

 

親子の結びつきはとても深いので、両親には結婚に賛成して見守ってもらいたいところです。

 

でも、自分たちの人生は他人が決めるのではなく、自分が決めることです。

 

両親の賛成が得られても、そうでなくても、彼氏・彼女と2人で結婚する強い意志を持ち続けることで、結婚は成就するのです。

 

最後に、今回の記事が役に立ったと思ったら、ぜひSNSでシュアしてみてくださいね。

 

また、記事のこの部分が意外だった、ここが面白かったなどのご感想があれば、お気軽にコメントください。

 

みなさんからのコメントをもとに、生活のあらゆるシーンで抱くお悩みを軽くできるような記事を執筆してまいります。

 

関連記事:彼氏の母親に結婚を反対されている!上手な説得方法は?

関連記事:なぜ結婚するのか?したいのか?時間を取って深く考えてみよう!

関連記事:大学生で妊娠!出産したいけど親への報告・伝え方は?

-恋愛哲学

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.