学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

沖縄旅行

6月の沖縄の気温は?旅行にぴったりの服装や持ち物も紹介!

更新日:

梅雨シーズンを真っ只中の沖縄は、観光客も少なく、またとない穴場です。

 

この時期には雨は降るものの、台風の心配はほとんどないので、あえて沖縄旅行の予定を入れてみるのも名案です。

 

でも梅雨シーズンであるため、雨対策など、それなりに準備をしなければなりません。

 

そこで今回この記事では、6月の沖縄の気温や服装、持ち物をご紹介します。

スポンサーリンク

6月の沖縄の気温は?旅行にぴったりの服装や持ち物も紹介!

ビーチと紫陽花の画像

6月の沖縄は梅雨も重なり、観光のオフシーズンをむかえます。

 

この時期を狙って旅行することで、混雑の少ない沖縄をのんびりと満喫できます。

 

でもオフシーズンである限り、天候や気温、そして服装・持ち物には細心の注意を配る必要があります。

紫陽花とカタツムリの画像

一体、6月の沖縄の気候にはどのような特徴があるのでしょうか。

 

早速、記事で確認してまいりましょう。

 

おすすめ:6月の沖縄旅行!おすすめの観光スポットはどこ?

 

スポンサーサーリンク

<一定して温かい! 6月の沖縄の気温は?>

沖縄の気温の画像

沖縄の6月の特徴、それは何と言っても梅雨の時期であるということです。

 

沖縄の梅雨は6月中旬まで続き、蒸し暑くじめじめとした日が多いのですね。

 

降水量も一年で最も多くなる時期であり、蒸し暑さで不快指数が高まる時期でもあります。

湿度・温度計の画像

どしゃぶりの日が続くので、観光で巡るスポットには注意が必要です。

 

ただ、梅雨が明けて6月の後半に差し掛かると、蒸し暑さはいくらか和らいで、暑さは厳しくなるものの梅雨の時期よりは過ごしやすい季節に突入します。

 

この時期は多少局地的に雨が降るとしても、幾日も雨が降り続くことはなく、観光もしやすくなります。

ヤシの木の画像

6月後半は夏至にも近いので、昼間の時間が長く観光を丸1日目一杯楽しめます。

 

6月の気温についても確認してみましょう。

 

この月の平均気温は26.8℃、最高気温は29.4℃、最低気温は24.8℃とかなり高温なのが特徴的です。

ビーチの画像

最低でも25℃近くあるので、朝晩の外出時も外が生ぬるく感じられます。

 

もちろん30℃を超える日も多いので、できるかぎり半袖・半ズボンなどの軽装を心がけるようにしたいところです。

 

念のため、6月の東京の気温も確認してみますね。

6月の東京の画像

6月の東京の平均気温は20.8℃~23.0℃、最高気温は29.5℃~36.2℃、最低気温は10.3℃~15.8℃とのデータが出ています。

 

案外東京の方が暑いことに驚いてしまいますが、注目すべき点は最低気温です。

 

沖縄の最低気温は25℃ほどですが、東京は10.3∼15.8℃となっています。

雨の中傘をさしで歩く女性の画像

沖縄と東京では、最低気温の差が10℃もあるのですね。

 

このことから、沖縄の6月は寒暖の差が見られず、安定して温かい日が続くことが明らかになります。

 

羽織りものは必要ですが、不必要な服は荷物になってしまうので、持ち物に含めないよう心がけましょう。

 

さて、とうに海開きの済んだ6月の沖縄で、海水浴やマリンレジャーを楽しみたい方も多いのではないでしょうか。

ダイビングの画像

6月中旬まではあいにく雨に降られてしまいますが、それ以降であれば思い切り海を楽しめるチャンスも増えます。

 

そこで確認しておきたいのが平均水温です。

 

沖縄の6月の平均海水温は27℃。

沖縄のビーチにいる美女の画像

これなら海から上がっても肌寒さの感じない水温です。

 

ただ、曇っていて風の強い日には、寒さを感じることもあるので、タオルや羽織りものは念のため用意しておきましょう。

 

ちなみに6月になるとハブクラゲが各地のビーチで発生するので、注意が必要です。

遊泳禁止の画像

遊泳禁止のビーチや防護ネットのないビーチには近づかないようにしましょう。

 

そして、なんとなく台風のことが心配ですよね。

 

この時期、台風についてはほとんど心配する必要はありません。

テルテル坊主の画像

例年この時期に沖縄を直撃する台風は少ないのですね。

 

ただ、100%安心できるわけではなく、突然台風が進路を変える可能性もあります。

 

旅行前には天気予報で台風の進路を確認して、柔軟な観光プランを用意しておくと、現地でスムーズに行動できますよ。

 

おすすめ:沖縄本島の海水浴の時期はいつからいつまで?クラゲ対策も!

 

<雨でも過ごしやすく風通しの良い服を! 6月の沖縄での服装は?>

ヤシの木の画像

6月中旬までの梅雨の沖縄では、湿気の多く暑い日が続きます。

 

そのため、少しでも風通しがよく、身動きしやすい服を選ぶことが大切です。

ビーチにいる女性の画像

汗をかくことが多いので、吸収性に優れた生地を選びましょう。

 

基本的には、半袖・ノースリーブでなんの問題もなく過ごすことができます。

 

下は半ズボンでも、スカートでも、自分の履きやすい方を選びましょう。

 

ただ、梅雨の時期のロングスカートはあまりおすすめできません。

!?の画像

というのも、ロングスカートが雨にぬれてしまうと、重たくじめじめとしてとても不快な思いをしてしまうからです。

 

晴れた日に着るには風通しもよく、脚を日焼けから守れるので便利ですが、梅雨の時期には半ズボンなどほかのもので代用しましょう。

 

ワンピースは風通しも良く、おしゃれでありながら、上下のコーディネートを考えずに済むので、沖縄旅行では活躍するアイテムです。

 

半袖が基本ではありますが、沖縄では外が暑い代わりに室内の冷房が効いています。

 

身震いするほどクーラーの効いている場所も多いので、カーディガンなどのコンパクトな羽織りものを用意しましょう。

 

また、海からあがった後には、体の熱が奪われて冷えやすくなります。

 

その時にも、羽織りものが大活躍するので、海水浴に行く予定のある方は1着カバンに入れて常に持ち歩くと便利ですよ。

 

この時期に街中を散策するのなら、靴ではなくサンダルの方をおすすめします。

 

気温を確認したとおり、6月はすでに夏の気温です。

 

ブーツやスニーカーを履いていると暑さで蒸れてしまいますし、雨の時期には湿気を吸い込んで、靴下が濡れるなど観光に集中できません。

 

風通し良く、雨にぬれてもいいように、夏仕様のサンダルを用意しておきましょう。

 

また、ビーチに行く予定のある方はビーチサンダルやミュールを持っていると、思い切りビーチ散策に没頭できます。

 

ただ、トレッキングなどの自然体験型のアクティビティに参加する場合、サンダルなどでは足元が不安定なので、きちんとしたトレッキングシューズやスニーカーが必要です。

 

自分の旅程に合わせた靴を適宜判断して持って行きましょう。

 

おすすめ:沖縄女子旅のお土産!家族や彼氏、職場用のおすすめまとめ!

スポンサーサーリンク

<6月の沖縄旅行に必要なものは? 雨対策と日焼け止め対策を中心に!>

日傘を持つ女性の後ろ姿の画像

6月の沖縄は中旬頃まで、雨に見舞われます。

 

そのため、この時期の旅行では雨対策がポイントです。

雨の画像

持って行く傘は折り畳み傘ではなく、しっかりとした通常の大きな傘を持って行きましょう。

 

大きな傘であれば、多少風が吹いても安心ですし、何より毎日使っても劣化しません。

 

多少荷物になってしまうかもしれませんが、確実に雨を防げるので安心です。

 

そして、雨傘だけではなく、レインコートも持参すると良いでしょう。

 

レインコートを着用していれば、雨に降られても服はぬれずに済みます。

 

とくに外の観光が多いのならば、レインコートを着用すると安心して歩き回れますよね。

 

レインコートならコンパクトに折り畳めるので、バッグにもすっきりとおさまって持ち運びにも困りません。

 

雨傘とレインコートの2点が6月の沖縄旅行には必須です。

 

また、日焼け止めグッズはやはり沖縄では欠かせないアイテムです。

麦わら帽子とサングラスとUVの画像

沖縄における6月の紫外線は、本土の8月並みです。

 

とくに、梅雨が明けて6月の後半に海水浴やマリンレジャーを楽しむ予定があるならば、日焼け止めグッズは欠かせません。

 

SPF50の強い日焼け止め、日傘、つばのついた帽子は必ず忘れないようにしましょう。

 

さらに、晴れた日は非常にまぶしいので、サングラスを持っていると眼にもやさしく安心です。

 

日焼け対策を徹底したい方には、アームカバーもおすすめ。

 

手の甲まで覆えるタイプのアームカバーであれば、日焼けは全くこわくありません。

 

アームカバーは100円ショップで気軽に手に入るので、旅行前でも旅行中でも購入することができます。

 

ちなみに、脚も焼きたくない方は、さきほどご紹介したように、ロングスカートを履くのがおすすめです。

 

ちなみに、6月の沖縄の海ではハブクラゲの出現する確率が高くなります。

 

遊泳禁止のエリアやハブクラゲ除けのネットが張られているスポットは多々ありますが、自分でも対策を行いたいものです。

 

最近はクラゲ除けの日焼け止めクリームが市販で手に入るので、海水浴を予定しているのならば、ハブクラゲ対策用の日焼け止めを1本用意しておくと安心ですよ。

 

おすすめ:沖縄のおしゃれでかわいいお土産雑貨を紹介!おすすめの伝統工芸も!

【まとめ】

6月の沖縄の気候は中旬ごろまで梅雨期であり寒暖の差が少なく、温暖であることが分かりました。

 

この時期に気をつけたいことは、雨対策・日焼け止め対策のアイテムを選ぶことです。

 

服装も涼しい恰好を心がけながら、雨や日焼けに対抗できるようなものを選べば、旅行中も過ごしやすくなりますよ。

 

最後に、今回の記事が役に立ったと思ったら、ぜひSNSでシェアしてみてください。

 

また、記事のこの部分が面白かった、ここが意外だったなどのご感想があれば、お気軽にコメントくださいね。

 

みなさんからのコメントをもとに、より一層快適な旅行になるような記事を執筆してまいります。

 

関連記事:7月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

関連記事:8月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

関連記事:9月の沖縄の気温は?旅行におすすめの服装や持ち物も紹介!

-沖縄旅行

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.