学問を勤めて、物事をよく知る者は、貴人となり、富人となり、無学なる者は、貧人となり、下人となるなり。「学問のススメ」福沢諭吉

学問と恋愛のすすめ

就活

就活に相応しい女性の髪型は?前髪やロングの注意点はこれ!

更新日:

女性の場合、就活の髪型は気になりますよね。

 

ふだんは好きな髪型であっても、就活の場では好印象を持ってもらえる髪型とそうではない髪型があります。

 

人の印象は見た目で決まる部分もあるので、就活では面接先の企業に良い印象を持ってもらえる髪型にする必要があります。

 

この記事では就職活動にふさわしい髪型と前髪やロングの注意点をご紹介しますね。

スポンサーリンク

就活に相応しい女性の髪型は?前髪やロングの注意点はこれ!

スーツ姿で考える就活女性の画像

就職活動の面接では、第一印象が大切です。

 

もちろん、面接の受け答えが一番重視されます。

 

でも、人が相手に抱く印象はどうしても見た目に左右される部分も大きいものです。

 

とくに、髪型はその人のイメージを大きく変える要因になります。

 

少し髪型に気を配るだけでも、随分と印象が良くなるのですね。

 

そこで、今回は就職活動で好印象を持ってもらえる髪型と髪をセットする際の注意点をご紹介します。

スポンサーサーリンク

<就活でおすすめの髪型とは?>

スーツ姿で指差しする女性の画像

それでは、就活で好印象を残せる髪型について確認していきましょう。

 

まずは王道のポニーテールからご紹介します。

・ポニーテール

ポニーテールといえば、就活でもっともオーソドックスな髪型です。

 

この髪型であれば、お辞儀をした時にも前髪や後ろ髪が垂れてこないので、清潔な印象を与えることができます。

 

ポニーテールはどの業界の面接を受ける際にも無難です。

市役所の画像

とくに、公務員や事務・経理などの職種を目指すのであれば、この髪型が一番よい印象を持ってもらえます。

 

ただ、髪を結ぶ時にはポイントが2つあります。

 

1つ目のポイントは結び目の高さです。

髪型の画像

就活中のポニーテールは、ふだんより高めの位置で結ぶよう心がけてみてください。

 

低めのポニーテールだと静かで地味なイメージを与えてしまいます。

 

高めに結ぶことで、社交的で上品かつ明るい印象を与えられるのですね。

 

そして、もう一つのポイントは後れ毛を出さないようにすることです。

就活中の孤独飯の女子の画像

せっかくすっきりと髪をまとめていても、後れ毛が出ていると不潔に見えてしまいます。

 

一度髪をまとめてみて後れ毛が出るようなら、目立たない黒ピンで留め、整髪剤・スプレーを使って毛を固定する必要があります。

 

これらのポイントをおさえて、結んでみてくださいね。

・ハーフアップ

女性らしく、親近感・清楚なイメージの持てるハーフアップは、ミディアムヘア(肩や鎖骨に届くくらいの長さの髪型)に適した髪型です。

 

そのため、ハーフアップには髪が長すぎると清潔感がなくなる、という難点があります。

 

したがって、髪が胸まで届く長さであれば、ポニーテールなどで髪をすべてまとめてしまいましょう。

 

ハーフアップに好印象を持ってもらえるのは、接客業や営業など人と関わる業界です。

ウエイトレスの画像

しかし、接客業とはいえ、飲食の場合には清潔感が重視されるので、ハーフアップは避けましょう。

 

また、金融や公務員などの業界でもハーフアップは華やか過ぎる印象を与えるため、別の髪型にするのが無難です。

 

ハーフアップの場合は、前髪に注意しましょう。

 

なぜなら、華やかな髪型である分、前髪のセット次第で印象が180度変わってしまうからです。

 

前髪はしっかりと分けて、眉毛や額が出るようにセットするのがポイントです。

就活女性の画像

額や眉を出すことで、快活で明るく、仕事のできる印象になります。

 

逆に、眉の上で前髪を切りそろえているとかわいらしい印象を与える分、幼く見えてしまいます。

 

そのため、就職活動の際には避けておくのが無難です。

 

就職活動では、「ぜひともうちの会社で、この学生に仕事を任せたい」と思ってもらうことが大切なので、それに合わせたイメージづくりがコツです。

・シニヨン

シニヨンはポニーテールのように髪を後ろで一つにまとめ、さらにお団子を作るスタイルです。

 

銀行・食品・金融・商社など一般的な業界を目指す就活生の間では、あまり見られない髪型ですよね。

 

でも、ある業界を受けるのならば、この髪型で面接に挑みたいところ。

 

その業界とは、航空業界、特に客室乗務員です。

客室乗務員を目指す就活生は、ほとんどの場合シニヨンで選考を受けます。

 

また、航空業界以外でも、ホテル業界などの″接客業の花形″と言える業界でも好印象を残せる髪型です。

 

ただ、知的で上品な印象を持ってもらえるので、どの業界を受けるにしても、一押しの髪型です。

 

シニヨンをつくる際には、少し下の位置で髪を結ぶようにしましょう。

この位置で結び、お団子を作ることで、落ち着いた雰囲気・仕事の出来そうな知的な雰囲気を作れます。

 

お団子の位置は高すぎてしまうと子供っぽく見えてしまいます。

 

また、シニヨンネットで髪をまとめるときれいにまとまりますよ。

 

シニヨンの場合、前髪は垂らさずにすべて上に挙げ、完全に額が出るようにしましょう。

 

この髪型で前髪を垂らしてしまうと、それだけで幼く見えてしまいます。

 

上品で大人な雰囲気のシニヨンを活かすためにも、前髪は作らずにすっきりと顔全体を出すようにしましょう。

・ショートヘアの場合

ほとんどの就活生が、髪を伸ばして結んでいます。

 

そんな中、自分だけショートヘアなので結べない、と不安を感じている人もいるかもしれません。

 

でも、髪が短ければ結べないのは当然のこと。

 

肩につく長さでなければ、髪を結ばなくてもそれほど不安に思う必要はありません。

 

ただ、ショートヘアの場合、髪のハネやクセが目立つというデメリットがあります。

 

ハネやクセを防ぐためには、朝起きた時に、まず整髪料・ヘアアイロンを使って髪型を整えます。

でも、髪のクセが強く、どうしてもきれいにセットできないこともあるでしょう。

 

心配ならば、面接当日の朝にシャワーを浴びて、髪のクセを取ってしまうのがおすすめです。

 

これで髪を内向きにして乾かせば、きれいな髪型で面接に挑めます。

 

髪のクセがつきやすく、朝の時間は余裕を持ちたいのであれば、美容院で内向きのパーマをかけてもらうとよいでしょう。

 

さらに、ショートヘアで就職活動する際には2つポイントがあります。

 

それは、眉毛を出すということと、髪を耳にかけるということです。

ショートヘアだと、どうしてもラフになりがちです。

 

この2点に気をつけることで、ショートであっても聡明な印象を与えられるのですね。

 

関連記事:就職活動と恋愛が似ている共通点は?これが分かれば上手く行く!

 

<髪型の注意点は…?>

スーツ姿の女性画像

さて、ここまで就職活動におすすめの4つの髪型をご紹介しました。

 

今の自分の髪の長さに応じて、適切な髪型を選んでみてくださいね。

 

ただ、どの髪型でも共通して注意すべき点がいくつかあります。

 

まず、注意すべき点は「前髪を止めるピンが見えないようにする」ということです。

前髪をとめている就活生の画像

前髪が長い、あるいは中途半端な長さの場合、どうしても眉毛に髪がかぶさってしまいますよね。

 

その時に、ピンで髪を止めます。

 

しかし、表からピンが見えてしまうと、だらしなく不潔な印象を与えてしまいます。

 

前髪が長い場合には、髪を耳にかけ、耳の後ろでピン留めしてみましょう。

 

また、前髪が中途半端な長さの場合は、ジェルを使ってきれいに髪を横に流してみてください。

 

もう一つの注意点は、「耳を出す」ということです。

耳を出している就活生の画像

髪を一つにまとめる髪型は、自ずと耳が出ます。

 

でも、小顔にしようと耳の近くで髪を垂らすスタイルを試してみたい、と思うかもしれません。

 

しかし、就職活動では小顔よりも清潔感が重要です。

就活女性の画像

余計な髪を垂らしてしまうと、不潔で不真面目な印象を与えてしまいます。

 

そのため、長髪であってもショートヘアであっても、清潔感・快活さを出すために、髪は耳にしっかりとかけるように心がけましょう。

 

また、面接ではお辞儀をする機会が多いので、その時に髪が乱れないように注意しましょう。

 

まず、気をつけたい部分は前髪。

就活生の前髪の画像

とくに前髪が長い場合、耳の後ろにかけて固定しますよね。

 

でも、お辞儀をすると髪が長い分、その重さで耳にかけていた前髪が顔にかかってしまいます。

 

それを防ぐためにも、長い前髪はピンで留めるだけでなく、スプレーを使って髪を固定しておきましょう。

 

前髪が長くなくても、お辞儀して髪が気になるようであれば、同じくスプレーで固めてしまうのが賢明です。

 

また、前髪だけでなくショートヘアの場合、お辞儀した時に顔周りの毛が落ちてきてしまいます。

就活 お辞儀する女性の画像

面接中に何度も髪を触ってしまうと、マイナスの印象を持たれてしまいます。

 

それを防ぐためには、髪を耳にかけて耳の後ろでピン止めするのがおすすめ。

 

これならば、髪が落ちないだけでなく、耳もすっきりと出て、明るく聡明な雰囲気になりますよ。

 

おすすめ:やりたい仕事を両親に反対される!上手な説得方法は?

 

スポンサーサーリンク

【まとめ】

就職活動ではポニーテールが王道ですが、ふさわしい髪型も他にいくつかあるのですね。

 

自分の髪の長さと受ける業界によって、髪型を変えてみるのがおすすめです。

 

志望企業のイメージに合わせた髪型で説明会・面接に挑めば、好印象を持ってもらえますよ。

 

最後に、今回の記事を読んで、役に立ったと思ったら、ぜひSNSでシェアしてみてください。

 

また、記事のこの部分が面白かった、ここが意外だったなどのご感想があれば、お気軽にコメントくださいね。

 

みなさんからのコメントをもとに、より一層お役に立つ記事を執筆してまいります。

 

関連記事:就活の面接に相応しい女性の服装!服装自由の場合は?

関連記事:就職活動(就活)と恋愛は似ている!両立できない人は必見!

関連記事:やりたい仕事を両親に反対される!上手な説得方法は?

-就活

Copyright© 学問と恋愛のすすめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.